FUJIFILM Wako

環境保全の取り組み

環境方針・環境保全体制

和光純薬環境方針

当社は、試薬、化成品及び臨床検査薬の開発・製造及び販売を行っていることを踏まえ、以下の方針に基づき、社会の持続的発展を担う企業として環境保全を充分配慮した事業活動を推進する

  • 当社の事業活動が環境に与える影響を的確に捉え、技術的、経済的に可能な範囲で環境目的・目標を定め、その実現を図り、定期的な見直しを行いながら、環境マネジメントシステムの継続的改善と環境保全に努める。
  • 環境関連の法律、条例、協定の順守及びその他業界の要求事項を取り入れると共に、関連する社会的要求を尊重し、技術的、経済的に可能な範囲で、自主管理基準を定め、一層の環境保全に取り組む。
  • 当社の環境マネジメントシステムに加入するすべての組織及び従業員は、環境保全活動の推進と維持向上に努める。
  • 当社の事業活動に係わる環境影響のうち、以下の項目を環境保全重点テーマとして取り組む。
    (1)事業活動において発生する廃棄物量の削減を図り、有害化学物質排出の最少化を目指し環境負荷の低減を図る。
    (2)持続可能な資源(太陽光など)を利用し、省エネルギー、省資源化と資源リサイクルを推進する。
    (3)多品種の化学物質を取り扱っている事業者として、危機管理対策の強化に取り組み、防災・安全に万全を期すことで汚染防止を図る。
  • この環境方針を達成するため、事業所ごとに環境目的・目標を設定し、環境マネジメントシステムに加入する全部門の従業員の参加による環境保全の継続的改善を推進する。
  • この環境方針は、各事業所、各職場に配布し、説明と教育を行い、従業員及び当社で働くすべての人に周知徹底する。
    また、当社子会社及び社外協力会社へも通知し、理解と協力を要請する。
  • この環境方針は、社内外に開示し、入手可能とする。
環境マネジメントシステム

当社では、「地球環境保全の重要性を認識し、企業活動は環境の保全に配慮して行動する」という観点から、化学物質の排出による事故や環境への悪影響を防ぐために、環境保全、防災、安全衛生面でのより高度な対応と責任ある自主的なレスポンシブル・ケア活動に取り組んできました。
この活動を着実に進展させるために、国際的な環境管理システム「ISO 14001」の認証を取得し、全ての生産事業場を含め、このシステムを有効に運用し、継続的改善と環境汚染の予防に努めております。
なお、本システムについては2005年度に2004年版への移行を行っております。

認証規格名 ISO 14001: 2004
認証取得日 2000年1月11日
取得事業所 本社、各生産工場、各研究所他
認証範囲 試薬、臨床検査薬、分析用機器・機材、重合開始材、写真用薬品、医薬品中間体、電子工業用薬品及び情報記録材料の開発と製造
審査登録機関 日本化学キューエイ株式会社