WAKO

Wakoの前進の原動力は「次の科学のチカラでありたい。」との思い。社員ひとりひとりの日々の実践は、未来の科学を支えるための着実な一歩です。

埼玉県川越市に拠点を置く化成品開発部は、リチウムイオン電池の材料などとなる機能性ポリマーと半導体製造工程で用いる洗浄剤の分野で、国内屈指の開発力を有しています。 市場の要請に応え、さらには市場をリードしつつある同開発部の狙いを、リーダーらの言葉から探ります。

兵庫県尼崎市にあるライフサイエンス研究所は、Wakoの研究開発部門のなかで、ライフサイエンス分野の最先端の試薬を研究開発しています。
研究所長をはじめ、iPS細胞やES細胞などの幹細胞関連試薬の研究開発を行う細胞生物センターのグループと、RNA/DNA・タンパク質関連試薬の研究開発を行うグループのそれぞれのリーダーにインタビューしました。
広く国内外からも注目を集めるこの研究所で始動しているさまざまなプロジェクトとは?
ライフサイエンス研究所の「今」をご紹介します。

 ※ 掲載内容は、本記事掲載時点の情報です。