HOME  > 

新機能性材料展2016 ご来場御礼

N+(エヌプラス) <新たな価値をプラスする材料と技術の展示会> 2014.9.17(水)→19(金) 東京ビッグサイト東ホール

 

本展示会は終了いたしました。

多数のご来場誠にありがとうございました。

ブースの紹介

会期 2016年 1月27日(水)〜29日(金)
時間10:00〜17 :00
会場東京ビッグサイト
東3ホール 小間番号 3G-10


出展品目

N+(エヌプラス) <新たな価値をプラスする材料と技術の展示会> 2014.9.17(水)→19(金) 東京ビッグサイト東ホール

今回の展示会でご紹介した展示パネルを公開しています。

重合性染料に待望の新色登場!!

-ご要望の多かった「黒色」「濃赤色」を揃えパワーアップした重合性染料をご紹介-

本展示会では、ご要望の多かった「黒色」「濃赤色」を揃えパワーアップした重合性染料RDWシリーズをご紹介します。さらに、重合設備を持たないお客様向けに重合が不要なPMMA染料ポリマー(開発品)もご紹介します。

    

RDW-K01                         RDW-R56  

耐溶出性・耐熱性・高い溶解性

和光純薬工業のRDWシリーズは、ラジカル反応により染料をポリマーに導入することができるため、色の溶出を抑えられます。また、塩基性染料の構造を工夫することで、高い耐熱性・溶解性を実現しました。

鮮やかで美しい発色

染料の特徴である鮮やかで美しい発色はそのままに、従来からの課題であった耐熱性・溶出性を克服しました。顔料では得られない、染料ならではの透明性を実現しています。

新色登場!豊富なラインアップ

和光純薬工業では 新色として「黒色」「濃赤色」を新たに取り揃えました。基本色としてRBG(赤・緑・青)と黄、蛍光紫を展開しています。

重合性染料は塗料・インキや樹脂着色、光学フィルム、トナー、インクジェットなど、今後、様々な分野で応用の可能性が期待されています。

光塩基発生剤に新機能追加!!

-組成物中で保存安定性が向上、様々なニーズに答えるWPBGシリーズ-

本展示会では、組成物中でも保存安定性に優れる「WPBG-345」をご紹介します。光の照射によって、強塩基が発生する「WPBG-300」「WPBG-266」も使用例を追加し、お客様のニーズにあわせてご提案します。

多彩な硬化系

塩基を用いたアニオンUV硬化では、他のUV硬化系に比べ、多彩な硬化系が組めることが特徴です。ラジカル硬化のように酸素阻害がなく、カチオン硬化のように発生した酸による金属腐食がありません。

機能性の向上

今回ご紹介するWPBGシリーズは、強塩基を発生するため、硬化性能が高く、溶解性にも優れます。新製品であるWPBG-345は、各組成物(エポキシ×チオール系、エポキシ×酸無水物系)中でも高い保存安定性を示します。WPBG-300とWPBG-345は増感剤を併用することで、長波長領域にも感光性を示します。

応用例の追加

WPBGシリーズを使用した応用例として、光を透過しない被着剤同士を接着させる例(UV後硬化接着剤)やゾル-ゲル法の硬化触媒として使用するシリコーンレジン硬化例(UVコーティング剤)等をご紹介します。また、ラジカル発生能を有するため、アニオン硬化系とラジカル硬化系を組み合わせたハイブリッドUV硬化も可能です。

出展者セミナー

『光塩基発生剤とアニオンUV硬化』

開発担当者による光塩基発生剤のご紹介
基本的な性質から、業界初の技術や応用例をわかりやすくご説明いたします。

日時

2016年1月29日(金)
14:00〜14:30 【30分間】

※終了いたしました。



さらに詳しくはお問い合わせください。製品へのご質問・ご要望をお待ちしております。

お問い合わせフォーム

受託製造で、お客様のご要望にそった製品をご提案・サポートできます。

受託製造について

他の製品をお探しですか?

製品カテゴリ(一覧)から探す 用途から探す

お知らせ

用途から探す

受託製造