HOME  >  技術・設備  >  アゾ重合開始剤とは?

アゾ重合開始剤とは?

水溶性

重合開始剤は、高分子の合成に用いられます。
当社では、有機溶剤に可溶なタイプ、
水に溶解するタイプなど様々な構造を有する
アゾ重合開始剤を取り揃えております。
お客様の用途に応じてご利用ください。

アゾ重合開始剤について

ラジカル重合はビニルモノマーなどの重合に用いられる方法で、開始反応、成長反応、停止反応を素反応とする連鎖反応であり、主にアゾ化合物や過酸化物が開始剤として使用されています。アゾ重合開始剤は熱及び光により分解し、フリーラジカルを発生するアゾ基(R-N=N-R)を持った化合物です。この反応性に富んだフリーラジカルを利用し、各種ビニル系モノマーの重合や有機化合物のハロゲン化反応などに使用されております。

特徴(過酸化物と比較して)

  • 一次反応で分解します。
  • 誘発分解しません。(金属接触などで分解しません)
  • 分解時に溶媒の影響を受けません。
  • 炭素ラジカルを生成(穏和な反応性を示す)します。

ラジカルの発生機構

  • アゾ重合開始剤が熱または光で分解し、窒素ガスと炭素ラジカルを発生する(1)。
    (溶液での分解は一次反応速度式に従い、分解温度(分解活性)は開始剤の構造によって異なる)
  • 炭素ラジカルがビニルモノマーと付加反応(付加重合)し、ポリマーを生成する(2)。
  • (ポリマー末端にアゾ開始剤が導入されるので、末端基の効果が期待される)
  • 一般的なアゾ重合開始剤の開始剤効率は0.5〜0.7程度であり、残りは再結合(3)や不均化(4)を起こす。

重合開始剤の選定

塊状重合:モノマーに可溶な開始剤を選択   → 油溶性タイプ、水溶性タイプ
溶液重合:モノマー及び溶媒に可溶な開始剤  → 油溶性タイプ、水溶性タイプ
乳化重合:水に可溶でモノマーに不溶な開始剤 → 水溶性タイプ
懸濁重合:モノマーに可溶で水に不溶な開始剤 →  油溶性タイプ

油溶性水溶性 種類 一般構造式
V-70V-65
V-60(AIBN)
V-59V-40
V-501
V-30
アゾニトリル
V-601 アゾエステル
VF-096
VAm-110
VA-086 アゾアミド
V-50
VA-057
アゾアミジン
VA-044
VA-046B
VA-061
アゾイミダゾリン

(2)10時間半減期温度

溶液中でアゾ基の濃度が10時間で半分となる温度が10時間半減期温度です。重合温度に適する開始剤を選定します。

さらに詳しくはお問い合わせください。製品へのご質問・ご要望をお待ちしております。

お問い合わせフォーム

受託製造で、お客様のご要望にそった製品をご提案・サポートできます。

受託製造について

他の製品をお探しですか?

製品カテゴリ(一覧)から探す 用途から探す