試薬ホーム > 製品情報 > 遺伝子 > 金属キレートアガロース(Ni, Co, Cu, Zn)

6×ヒスチジンタグ融合タンパク質精製用
金属キレートアガロース(Ni, Co, Cu, Zn)

6×ヒスチジンタグ融合タンパク質をアフィニティー精製する際に使用される金属キレートアガロースビーズです。本品は、リガンドとして金属キレート結合サイトを3ヶ所持つイミノ二酢酸(IDA)を使用しています。
精製によく用いられるNi-アガロースをはじめ、Co-、Cu-、Zn-アガロースをラインアップしており、目的に応じてご使用頂けます。

目的のサンプルに適した金属キレートアガロースの検討に最適な小包装セットもございます。

特長

  • ワンステップ精製
  • 精製タンパク質の高い回収率
  • 高い選択性
  • 低い非特異的結合

概要

ビーズ結合:クロスリンク6%アガロース
金属結合量:

  結合量
Ni2+ 20〜40μmol/mlゲル
Co2+ 20〜40μmol/mlゲル
Cu2+ 5〜20μmol/mlゲル
Zn2+ 5〜20μmol/mlゲル

リガンド:イミノ二酢酸
ビーズサイズ:40〜180μm
保存液:20%エタノール(50%懸濁液)


使用例

各金属キレートアガロースのタンパク質回収量の比較


 

Ni-アガロースを使用した精製

再構築系無細胞タンパク質合成キット「WakoPURE system」[コードNo. 295-59503]にて発現させたタンパク質を精製後、銀染色Uキットワコー[コードNo. 291-50301]にて染色を行った。
※WakoPURE systemには、キット成分にヒスチジンタグが付加されているため、Ni-アガロースにキット試薬成分が吸着します。

M:分子量マーカー
Lane 1:陰性コントロール(WakoPURE system試薬成分)
Lane 2:DHFR(ジヒドロ葉酸還元酵素)発現サンプル
Lane 3:Ni-アガロースにてHisタグ因子吸着後、WakoPURE-100K[コードNo. 233-02233]にて限外ろ過
後のサンプル

 

 

Co-アガロースを使用した精製

N末端6×Hisタグ融合タンパク質を大腸菌で発現させた。そのライセートを用い、他社Co-アフィニティー樹脂、Ni-アガロースおよびCo-アガロースで精製を行い比較検討した。
Ni-アガロースは、目的タンパク質の回収量が多かったが、非特異的なバンドが多く観察されました。
他社Co-アガロースは、目的タンパク質のバンドのすぐ上に若干薄い非特異的バンドが観察されました。
Co-アガロースは、非特異的なバンドは見られず、1回の精製で非常にきれいに精製することができました。

コードNo. 品   名 規  格 容量 希望納入価格(円)
298-67401 Metal Chelate Agarose Set (Ni, Co, Cu, Zn)
※Ni, Co, Cu, Zn-アガロース1ml各1本のセット品
遺伝子研究用 1ml×4 15,000
145-07981
141-07983
149-07984
Ni-Agarose 遺伝子研究用 5ml
10ml
100ml
19,000
27,000
120,000
031-19781 Co-Agarose 遺伝子研究用 5ml 29,500
038-19791 Cu-Agarose 遺伝子研究用 5ml 25,000
263-01871 Zn-Agarose 遺伝子研究用 5ml 26,000

*表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
*表示している希望納入価格は2012年12月の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

ページトップへ