試薬ホーム > 製品情報 > 遺伝子 > Evrogen社モノマー緑色蛍光タンパク質ベクター TagGFP2

Evrogen社モノマー緑色蛍光タンパク質ベクター
TagGFP2

TagGFP2はEvrogen社が開発したモノマータイプ緑色蛍光タンパク質TagGFPの次世代製品です。483nmと506nmの単一最大励起波長と最大蛍光波長を持ちます。37℃の生理条件で、TagGFP2の成熟まで時間はTagGFPの1.6倍より早いです。EGFPとほぼ同等輝度を持っています。モノマータイプで、融合タンパク質としての発現に最適です。格安ベクターセットと抗体も用意しております。様々な蛍光発現研究に応じてご使用いただけます。

詳細な製品情報について、Evrogen社のホームページをご参考ください。http://www.evrogen.com/products/TagGFP2/TagGFP2_Detailed_description.shtml 

特長

  • 緑色蛍光
  • 高輝度(EGFPと同等輝度)
  • 高光安定性
  • 37℃でフォールディングが速い
  • pH変化に対して安定
  • コドンユーセージは哺乳動物細胞に最適化
  • FRET解析にも使用可能(TagRFP/TagGFP2ペアとTagCFP/TagGFP2ペアをお薦め)               

特性

タンパク質 蛍光色 励起波長(nm) 蛍光波長(nm) 分子吸光係数 (M-1cm-1)*1 蛍光収率(φ) 輝度*2 pKa 分子量 構造 検出時間(h)*3
TagGFP2 483 506 56,500 0.6 33.9 5.0 27.0kDa モノマー 10〜12
*1 : それぞれの吸収極大波長で測定 *2 : 輝度=分子吸光係数×蛍光収量/1000 *3 : 哺乳動物細胞中において、トランスフェクション後から検出までにかかる時間

励起/蛍光スペクトル

蛍光波長:506nm  励起波長:483nm

TagGFP2とTagGFPの成熟時間の比較

最大蛍光強度の50%になるまで蛍光タンパク質の成熟所要時間
測定条件:最大蛍光強度の7%の時点から測定
測定方法:in vitro system
測定結果:
TagGFP2:11分間
TagGFP:18分間

TagGFP2の哺乳動物細胞における発現解析

製品内容

コードNo. メーカーコード 品 名 容 量 希望納入価格(円)
517-69661 FP191 pTagGFP2-C vector(哺乳動物細胞用、C末端融合タイプ) 20μg 84,000
514-69671 FP192 pTagGFP2-N vector(哺乳動物細胞用、N末端融合タイプ) 20μg 84,000
511-69681 FP194 pTagGFP2-actinvector(哺乳動物細胞用、*アクチン融合*タイプ) 20μg 84,000
518-69691 FP195 pTagGFP2-tubulin vector(哺乳動物細胞用、*チューブリン融合*タイプ) 20μg 84,000
511-69701 FP197 pTagGFP2-mito vector(哺乳動物細胞用、*ミトコンドリア融合*タイプ) 20μg 84,000
515-69721 FPF22 Fusion Green vector set(FP191とFP192の1本ずつのセット) 20μg×2 135,000
【関連製品】
コードNo. メーカーコード 品 名 容 量 希望納入価格(円)
517-31951 AB121 Anti-TagCFP, TagGFP, TagGFP2, TagYFP, and PS-CFP2,rabbit polyclonal 100μg 30,000
513-31953 AB122 200μg 42,000

*表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
*表示している希望納入価格は2012年12月の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

参考文献

1)Haas J, Park EC, Seed B. Codon usage limitation in the expression of HIV-1 envelope glycoprotein. Curr Biol. 1996; 6 (3):315-24. / pmid: 8805248
2)Rizzuto R, Brini M, Pizzo P, Murgia M, Pozzan T. Chimeric green fluorescent protein as a tool for visualizing subcellular organelles in living cells. Curr Biol. 1995; 5 (6):635-42. / pmid: 7552174 
3)Rizzuto R, Nakase H, Darras B, Francke U, Fabrizi GM, Mengel T, Walsh F, Kadenbach B, DiMauro S, Schon EA. A gene specifying subunit VIII of human cytochrome c oxidase is localized to chromosome 11 and is expressed in both muscle and non-muscle tissues. J Biol Chem. 1989; 264 (18):10595-600. / pmid: 2543673 
4)Subach OM, Gundorov IS, Yoshimura M, Subach FV, Zhang J, Gruenwald D, Souslova EA, Chudakov DM, Verkhusha VV. Conversion of Red Fluorescent Protein into a Bright Blue Probe. Chem Biol. 2008; 15 (10):1116-24. / pmid: 18940671 
5)Xia NS, Luo WX, Zhang J, Xie XY, Yang HJ, Li SW, Chen M, Ng MH. Bioluminescence of Aequorea macrodactyla, a common jellyfish species in the East China Sea. Mar Biotechnol (NY). 2002; 4 (2):155-62. / pmid: 14961275 

Evrogen社製品ライセンスについて

Notice to Purchaser: 
Evrogen Fluorescent Protein Products (the Products) are intended for research use only. The Products are covered by U.S. Pat. # 7,417,131 and other Evrogen Patents and/or Patent applications pending. By use of these Products, you accept the terms and conditions of the applicable Limited Use Label License.(http://www.evrogen.com/products/Evrogen-FP-license.shtml
The CMV promoter is covered under U.S. Patents 5,168,062 and 5,385,839, and its use is permitted for research purposes only. Any other use of the CMV promoter requires a license from the University of Iowa Research Foundation, 214 Technology Innovation Center, Iowa City, IA 52242. 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

ページトップへ