試薬ホーム > 製品情報 > 抗体・免疫・組織化学・細胞生物 > 抗SQSTM1/A170/p62, ウサギ

オートファジー研究に!
抗SQSTM1/A170/p62, ウサギ

Sequestosome 1(SQSTM1)/A170(マウス)/p62(ヒト)/ZIP(ラット)は、ユビキチン結合タンパク質で、酸化ストレス依存的に発現しています。SQSTM1の異常は、骨代謝異常、肥満、2型糖尿病を発症します。最近、SQSTM1は、オートファジー関連因子であるLC3と結合することが報告され、ユビキチン/プロテオソーム系からオートファジー系のタンパク質分解へ誘導するタンパク質と考えられ注目を集めています。
本品は、マウスSQSTM1(A170)のウサギ抗血清で、ウエスタンブロット、免疫組織染色、免疫蛍光染色に使用できます。

  • 形状:大腸菌タンパク質で吸収した2倍希釈抗血清。防腐剤として0.1%アジ化ナトリウムを含む
  • 抗原:マウスSQSTM1(A170)のアミノ酸配列254-333(N末端にT7タグ、C末端にHisタグを含む)組換え体
  • 特異性:マウスおよびラットSQSTM1(A170/ZIP)と反応する。ヒトSQSTM1(p62)とはごく弱く反応する
         ※ヒトSQSTM1との反応性はごく弱いため、ヒトサンプルでの使用はお勧め致しません。
  • 実用希釈倍率:
実験法 倍率
ウエスタンブロット 1:200
免疫組織染色 1:1,000
免疫蛍光染色 1:1,000

使用例

免疫組織染色

ラット小脳歯状核
ラット大脳基底核

固定:4%パラホルムアルデヒド
包埋:パラフィン包埋
染色:アビジン-ビオチンペルオキシダーゼ法
一次抗体:本品 1:1,000
二次抗体:ビオチン標識抗ウサギIgG
(データご提供:鳥取大学 中曽一裕先生)


ウエスタンブロット

ウエスタンブロット

サンプル:培養マウス血管平滑筋細胞ライセート 20μg
抗体:本品 1:200
(データご提供:筑波大学 石井哲郎先生)

参考文献

  1. Ishii, T., Yanagawa, T., Kawane, T., Yuki, K., Seita, J., Yoshida, H. and Bannai, S. : Biochem. Biophys. Res. Commun., 226, 456(1996).
  2. Ishii, T., Itoh, K., Takahashi, S., Sato, H., Yanagawa, T., Katoh, Y., Bannai, S. and Yamamoto, M. : J. Biol. Chem., 275, 16023(2000).
  3. Komatsu, M., Waguri, S., Koike, M., Sou, Y.S., Ueno, T., Hara, T., Mizushima, N., Iwata, J., Ezaki, J., Murata, S., Hamazaki, J., Nishito, Y., Iemura, S., Natsume, T., Yanagawa, T., Uwayama, J., Warabi, E., Yoshida, H., Ishii, T., Kobayashi, A., Yamamoto, M., Yue, Z., Uchiyama, Y., Kominami, E. and Tanaka, K. : Cell, 131, 1149(2007).
  4. Nakaso, K., Kitayama, M., Ishii, T., Bannai, S., Yanagawa, T., Kimura, K., Nakashima, K., Ohama, E. and Yamada, K. : Brain Res. Mol. Brain Res., 69, 155(1999).

価格表

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
018-22141 Anti SQSTM1/A170/p62, Rabbit 100μl 25,000

*表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
*表示している希望納入価格は2012年12月の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

ページトップへ