試薬ホーム > 製品情報 > 抗体・免疫・組織化学・細胞生物 > カンナビノイドレセプター作用物質

神経系シグナル伝達研究に!
カンナビノイドレセプター作用物質

カンナビノイドレセプターは、7回膜貫通型のGタンパク質(Gi/Go)共役型CB1、CB2レセプターに分類されており、食欲、記憶・学習、痛覚、免疫・炎症に関与していると考えられています。主に、CB1レセプターは中枢及び末梢神経系に発現し、神経伝達の抑制的制御に関与していると考えられており、CB2レセプターは脾臓や扁桃腺などの免疫系臓器や末梢神経系に発現し、炎症・免疫応答の調節に関与していると考えられています。

弊社でラインアップしているグルタミン酸レセプター作用物質に新製品が加わりました。神経系シグナル伝達の研究にご活用ください。

関連製品

AM251

AM251CB1受容体の強力なアンタゴニスト/インバースアゴニストとして作用します(Ki=7.5nM)。カンナビノイド受容体アンタゴニストSR141716Aのアナログです。

  • 含量(HPLC):95.0%以上
コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
011-24191
017-24193
015-24194
AM 251 細胞生物学用 2mg
10mg
50mg
10,000
25,000
98,000

 

AM281

AM281CB1受容体の強力なアンタゴニスト/インバースアゴニストとして作用します(Ki=14nM)。
カンナビノイド受容体アンタゴニストSR141716Aのアナログです。

  • 含量(HPLC):97.0%以上

 

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
012-22161
018-22163
AM 281 細胞生物学用 2mg
10mg
8,800
34,000

 

AM630

AM630CB2レセプターの協力なアンタゴニスト/インバースアゴニストです(Ki=31.2nM)。

 

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
019-22551
015-22553
AM 630 細胞生物学用 2mg
10mg
14,000
46,000

アナンダミド

アナンダミド

アナンダミドはアラキドン酸誘導体であり、内因性のカンナビノイド受容体、バニロイド受容体のリガンドです。

  • 純度(HPLC):95.0%以上

 

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
018-25701
014-25703
Anandamide 細胞生物学用 5mg
25mg
9,500
38,000

関連製品

コードNo. 品 名 概 要 規 格 容 量 希望納入価格(円)
011-18461 AACOCF3 in vitroでアナンダミドの加水分解を阻害する。PLA2(細胞質ホスホリパーゼA2)とiPLA2(Ca2+非依存性ホスホリパーゼA2)(IC50=15μM)の選択的阻害剤。 生化学用 10mg 19,500
152-00552 Oleamide CB1レセプターアンタゴニスト - 25g 2,100

*希望納入価格には消費税等が含まれておりません。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

ページトップへ