和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ケミカル  >  有機合成反応関連  >  アマノリパーゼ

不斉合成酵素触媒
アマノリパーゼ

本品は、酵素メーカーである天野エンザイム社製のリパーゼです。

スクリーニングセット
[セット内容]
  • リパーゼAKアマノ
  • リパーゼASアマノ
  • リパーゼAYSアマノ
  • リパーゼGアマノ50
  • リパーゼPSアマノSD
  • リパーゼPS IMアマノ, けいそう土固定化
※詳細は、こちらをご覧ください。

 生体触媒の利用は、「不要なものを出さない」、「不要なものを作らない」というグリーンケミストリーの観点から注目されており、光学活性な化合物を容易に得るための便利な手法の一つです。生体触媒 のリパーゼは、エステル結合に作用する酵素であり、優れた不斉認識能を示すことから不斉合成に利用されます。
 本品は、酵素メーカーである天野エンザイム社製の『アマノリパーゼ』です。 この度、リパーゼ6種をセットにして販売を開始しました。スクリーニングセットとして、酵素触媒を使った反応条件の検討に是非お使いください。


リンク関係


酵素触媒の特長

  • 水系、有機溶媒で反応が可能
  • 常温・常圧の温和な条件下で反応が進行する
  • 固定化することで繰り返し反応が可能
  • 化学触媒等を必要としないため安価、かつ、廃棄物が軽減される

リパーゼの基本反応

● 加水分解反応

加水分解反応


● 合成反応

合成反応

リパーゼ

特 長

リパーゼにより触媒される不斉反応は、ラセミ体原料の光学分割に利用することが可能です。

  • トリグリセリドをグリセリンと脂肪酸に加水分解
  • トリグリセリドのエステル交換反応を触媒
  • 種々のエステルの立体特異的加水分解あるいはエステル交換反応を触媒

反応例

● 反応例[a] リパーゼ AK アマノ (Source: Pseudomonas fluorescens)

リパーゼ AK アマノ


● 反応例[b] リパーゼPS IMアマノ, けいそう土固定化 (Source: Burkholderia cepacia)


けいそう土を担体としたリパーゼPSアマノSDを固定化した酵素です。固定化されていない粉末を用いる場合、有機溶媒中のエステル化等の反応性にばらつきが生じることがあります。これを解決するために、固定化酵素の使用が優れています。[c]


リパーゼPS IMアマノ


<参考文献>
[a] Zhimin, Q. and Renwei, L. : Advanced Materials Research, 560, 333 (2012).
[b] Yu-Guo, Z. et al. : Tetrahedron: Asynmmetry, 23, 1517 (2012).

製品一覧

No. コードNo. 品 名 Source Activity 規 格 容量 希望納入価格(円)
1 125-06541 refrigerator Lipase AK Amano Pseudomonas fluorescens ≧20,000 FIP units/g 有機合成用 10g 6,500
121-06543 50g 18,500
2 129-06561 refrigerator Lipase AS Amano Aspergillus niger ≧12,000 units/g 有機合成用 10g 6,000
125-06563 50g 13,000
3 122-06551 refrigerator Lipase AYS Amano Candida cylindracea ≧30,000 units/g 有機合成用 10g 4,500
128-06553 50g 10,500
4 121-06521 refrigerator Lipase G Amano 50 Penicillium camemberti ≧50,000 units/g 有機合成用 10g 7,500
127-06523 50g 16,000
5 128-06531 refrigerator Lipase PS Amano SD Burkholderia cepacia ≧23,000 FIP units/g 有機合成用 10g 5,500
124-06533 50g 14,000
6 127-06501 refrigerator Lipase PS IM Amano,
Immobilized on Diatomaceous Earth
Burkholderia cepacia ≧500 units/g 有機合成用 5g 5,000
125-06502 25g 12,000

*製品コードをクリックするとSiyaku.comにリンクしますので、現在の価格、在庫はそちらからご確認下さい。

アマノリパーゼの性質

リパーゼがトリグリセリドに作用し脂肪酸を遊離するときの各性質を示します。[c]

品 名 形 態 油脂位値特異性 脂肪酸鎖長特異性 立体選択性報告例の数
Lipase AK Amano 粉末 1,3>2 短中長鎖 ☆☆☆☆
Lipase AS Amano 粉末 1,3>>>2 短中鎖 ☆☆☆
Lipase AYS Amano 粉末 無し 短中長鎖 ☆☆☆
Lipase G Amano 50 粉末 無し 中長鎖
Lipase PS Amano SD 粉末 1,3>2 短中長鎖 ☆☆☆☆☆
Lipase PS IM Amano, Immobilized on Diatomaceous Earth 固定化酵素 1,3>2 短中長鎖 ☆☆☆☆☆

<参考文献>
[c] 佐藤 幸秀: 和光純薬時報 , 84, 3 (2016)



スクリーニングセット
 6種類のアマノリパーゼのセットです。
 リパーゼのスクリーニングをご検討のお客様はぜひご活用ください。
コードNo. 品 名 規 格 セット内容 希望納入価格(円)
019-26831 refrigerator Amano Lipase Screening Set (Contains 6 Lipase) 有機合成用 製品一覧No. 1, 2, 3, 4, 5, 6
10g×5種類(No. 1-5)
5g×1種類(No. 6)
28,000

関連商品【アミノアシラーゼ】

特長

アミノアシラーゼはN-アシルアミノ酸を加水分解する酵素です。

● 反応例[d] D-アミノアシラーゼ (Source: E.coli)


D-アミノアシラーゼは、D-アミノ酸にのみ特異的に反応し、L-アミノ酸には反応しないことから優れた立体選択性を示します。直鎖脂肪族アミノ酸だけではなく、芳香族アミノ酸にも作用します。


D-アミノアシラーゼ

<参考文献>
[d] 広瀬 芳彦: 和光純薬時報 , 71, 4 (2003)



コードNo. 品 名 Source Activity 規 格 容量 希望納入価格(円)
015-26311 freeze D-Aminoacylase Amano E. coli ≧5.0 Munits/g 有機合成用 10Munits 13,000
011-26313 50Munits 32,000

refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。
特定毒物・・・特定毒物   毒物1 毒物2・・・毒物   劇物1 劇物2 劇物3・・・劇物   毒薬・・・毒薬   劇薬・・・劇薬   危険物・・・危険物   向精神薬・・・向精神薬
特定麻薬向精神薬原料・・・特定麻薬向精神薬原料   化審法 第一種特定化学物質・・・化審法 第一種特定化学物質   化審法 第二種特定化学物質・・・化審法 第二種特定化学物質
化学兵器禁止法 第一種指定物質・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   化学兵器禁止法 第二種指定物質・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
カルタヘナ・・・カルタヘナ   覚せい剤取締法・・・覚せい剤取締法   国民保護法・・・国民保護法

*上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ケミカル  >  有機合成反応関連  >  アマノリパーゼ

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806