和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  新製品情報  >  今月の新製品

2017年2月に発売しました新製品をご紹介いたします。


リンク関係


免疫化学用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
017-26871 抗ヒトアミロイドβ, モノクローナル抗体(BAN50) 免疫化学用 10μL 10,000
013-26873 50μL 35,000
アミロイドβ(Aβ)は、約40アミノ酸から成るペプチドで、アルツハイマー病患者の脳内に蓄積して、老人斑という構造を形成します。そのためAβはアルツハイマー病の原因因子として考えられています。
本品は、武田薬品工業株式会社で樹立したAβを認識するマウスモノクローナル抗体で、ヒトAβのN末端側に結合します。

抗原:ヒトAβの1-16a.a.相同ペプチド
抗体サブクラス:マウスIgG1・κ
種交差性:ヒト ※マウス、ラットのAβとは反応しません。
実験適応:WB、IP、IHC、ICC、ELISA
使用文献:
 1) Biochemistry, 34, 32, 10272(1995). ELISA
 2) J. Neurosci., 30, 33, 11157(2010). IHC
 3) J. Biol. Chem., 276, 24, 21678(2001) ELISA, WB, IP, ICC
014-26901 抗アミロイドβ42(43), モノクローナル抗体(BC05) 免疫化学用 10μL 10,000
010-26903 50μL 35,000
アミロイドβ(Aβ)は、約40アミノ酸から成るペプチドで、アルツハイマー病患者の脳内に蓄積して、老人斑という構造を形成します。そのためAβはアルツハイマー病の原因因子として考えられています。
本品は、武田薬品工業株式会社で樹立したAβを認識するマウスモノクローナル抗体で、Aβ42(43)のC末端側に特異的に結合します。

抗原:ヒトAβの35-43a.a.相同ペプチド
抗体サブクラス:マウスIgG1・κ
種交差性:ヒト、マウス、ラット
実験適応:WB、IHC、ELISA
使用文献:
 1) Biochemistry, 34, 32, 10272(1995). ELISA
 2) J. Neurosci. 19, 24, 10627(1999). WB
 3) Am J. Pathol., 149, 6, 1823(1996). IHC
 4) J. Neuropathol. Exp. Neurol., 59, 11, 1011(2000). IHC
018-26921 抗アミロイドβ40, モノクローナル抗体(BA27) 免疫化学用 10μL 10,000
014-26923 50μL 35,000
アミロイドβ(Aβ)は、約40アミノ酸から成るペプチドで、アルツハイマー病患者の脳内に蓄積して、老人斑という構造を形成します。そのためAβはアルツハイマー病の原因因子として考えられています。
本品は、武田薬品工業株式会社で樹立したAβを認識するマウスモノクローナル抗体で、Aβ40のC末端側に特異的に結合します。

抗原:ヒトAβの1-40a.a.相同ペプチド
抗体サブクラス:マウスIgG2a・κ
種交差性:ヒト、マウス、ラット
実験適応:WB、IHC、ELISA
使用文献:
 1) Biochemistry, 34, 32, 10272(1995). ELISA
 2) J. Neurosci. 19, 24, 10627(1999). WB
 3) Am J. Pathol., 149, 6, 1823(1996). IHC
 4) J. Neuropathol. Exp. Neurol., 59, 11, 1011(2000). IHC
014-27001 抗ヒトポドプラニン, モノクローナル抗体 (LpMab-12) 免疫化学用 100μg 34,000
ポドプラニンはAggrus、T1αとしても知られ、様々な作用が報告されているI型膜貫通型タンパク質で血小板凝集活性や転移促進活性を持ちます。
細胞外領域であるN末端側には血小板凝集活性に関わるPLAGドメインを持ちます。ポドプラニンは血管内皮細胞には発現せずリンパ管内皮細胞に発現しているためリンパ管のマーカーとして注目されている他、様々な腫瘍で悪性度と相関して発現が亢進され、腫瘍マーカーとしても利用が進められています。
本クローンはヒトポドプラニンのThr52のシアル酸付加O型糖鎖を含むPLAG3領域を認識するモノクローナル抗体です。ヒトポドプラニンとCLEC-2との結合が本抗体によって抑えられるとの報告があります。
011-27011 抗ヒトポドプラニン, モノクローナル抗体 (LpMab-13) 免疫化学用 100μg 34,000
ポドプラニンはAggrus、T1αとしても知られ、様々な作用が報告されているI型膜貫通型タンパク質で血小板凝集活性や転移促進活性を持ちます。
細胞外領域であるN末端側には血小板凝集活性に関わるPLAGドメインを持ちます。ポドプラニンは血管内皮細胞には発現せずリンパ管内皮細胞に発現しているためリンパ管のマーカーとして注目されている他、様々な腫瘍で悪性度と相関して発現が亢進され、腫瘍マーカーとしても利用が進められています。
本クローンはヒトポドプラニンのPLAG2領域を認識するモノクローナル抗体です。
018-27021 抗ヒトポドプラニン, モノクローナル抗体 (LpMab-17) 免疫化学用 100μg 34,000
ポドプラニンはAggrus、T1αとしても知られ、様々な作用が報告されているI型膜貫通型タンパク質で血小板凝集活性や転移促進活性を持ちます。細胞外領域であるN末端側には血小板凝集活性に関わるPLAGドメインを持ちます。
ポドプラニンは血管内皮細胞には発現せずリンパ管内皮細胞に発現しているためリンパ管のマーカーとして注目されている他、様々な腫瘍で悪性度と相関して発現が亢進され、腫瘍マーカーとしても利用が進められています。
本クローンはPLAG3と共にCLEC-2との結合に関与することが示唆されているヒトポドプラニンのPLAG4領域を認識するモノクローナル抗体です。ヒトとサルのポドプラニンのホモロジーは94%と非常に高いにも関わらず、本クローンはヒトポドプラニンのみに反応します。
013-27071 抗ヒトポドプラニン, モノクローナル抗体 (LpMab-10) 免疫化学用 100μg 34,000
ポドプラニンはAggrus、T1αとしても知られ、様々な作用が報告されているI型膜貫通型タンパク質で血小板凝集活性や転移促進活性を持ちます。
細胞外領域であるN末端側には血小板凝集活性に関わるPLAGドメインを持ちます。ポドプラニンは血管内皮細胞には発現せずリンパ管内皮細胞に発現しているためリンパ管のマーカーとして注目されている他、様々な腫瘍で悪性度と相関して発現が亢進され、腫瘍マーカーとしても利用が進められています。
本クローンはヒトポドプラニンのPLAG1/2領域を認識するモノクローナル抗体です。
015-27031 抗ラットポドプラニン, モノクローナル抗体 (PMab-2) 免疫化学用 100μg 34,000
ポドプラニンはC末端に膜貫通領域を有したI型膜貫通型タンパク質で、血小板凝集作用のある糖タンパク質です。
Aggrus,T1αなどとも呼ばれ、リンパ管の特異的マーカーとして利用されます。脳腫瘍ではWHOグレードU,V,Wの分類がありグレードが上がるにしたがってPodoplanin発現が上昇することが知られています。PodoplaninはC型レクチン様レセプターCLEC-2をレセプターに利用し、分子内PLAG領域2/3が結合に関与します。
本品はラットポドプラニンのPLAGドメインを特異的に認識する抗体です。
012-27041 抗ウサギポドプラニン, モノクローナル抗体 (PMab-32) 免疫化学用 100μg 34,000
ポドプラニンはC末端に膜貫通領域を有したI型膜貫通型タンパク質で、血小板凝集作用のある糖タンパク質です。
Aggrus,T1αなどとも呼ばれ、リンパ管の特異的マーカーとして利用されます。脳腫瘍ではWHOグレードU,V,Wの分類がありグレードが上がるにしたがってPodoplanin発現が上昇することが知られています。PodoplaninはC型レクチン様レセプターCLEC-2をレセプターに利用し、分子内PLAG領域2/3が結合に関与します。
本抗体はウサギポドプラニン特異的なモノクローナル抗体です。
299-78801 ELISA-Star™ ペルオキシダーゼ化学発光基質 免疫化学用 20mL用 10,000
295-78803 100mL用 43,000
293-78804 250mL用 80,000
ELISA用の高感度ペルオキシダーゼ化学発光試薬です。低濃度抗原領域の感度および定量性に優れています。
使用前にA液とB液を等量混合し、ウェルにアプライしてください。
<製品構成>
 20mL用:発光液A10mL、発光液B10mL
 100mL用:発光液A液50mL、発光液B50mL
 250mL用:発光液A液125mL、発光液B125mL

細胞生物学用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
010-26981 A-967079 細胞生物学用 10mg 18,000
016-26983 50mg 72,000
TRPA1(Transient Receptor Potential Ankyrin 1)選択的なアンタゴニストです。ヒト、ラットに対して、強力な作用を示します。
TRPA1は、17℃以下の冷刺激によって活性化されるチャネルとして報告されました。低温の他、マスタード、シナモンの成分であるイソチオシアン酸アリル、シンナムアルデヒドなどによって活性化され、痛みの伝達に関わっていると考えられています。また呼吸制御に関わるという報告もされています。

薬理研究用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
013-26971 アカルボース 薬理研究用 1g 11,000
019-26973 10g 77,000
小腸粘膜上皮細胞に存在する二糖類分解酵素(α-グルコシダーゼ)の作用を競合的に阻害して、二糖類から単糖への分解を抑制します。また、唾液や膵液のα-アミラーゼを阻害します。そのため、糖質の消化・吸収を遅延させる作用があります。
078-06561 ゲフィチニブ 薬理研究用 500mg 12,500
EGFRチロシンキナーゼ阻害剤です。
EGFRはがん細胞で過剰発現しており、がん細胞の増殖に関与しているため、EGFRチロシンキナーゼ阻害剤は、がんの治療薬として研究されています。ゲフィチニブは、特に変異型EGFRに対してより低濃度で阻害活性を示します。

有機合成用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
029-19041 0.5mol/L 9-ボラビシクロ[3.3.1]ノナン・テトラヒドロフラン溶液 有機合成用 100mL 11,000
021-19045 500mL 38,000
9-BBNとして知られている還元剤です。
オレフィンの還元反応や、鈴木-宮浦カップリングの前駆体合成にも使用されます。
047-34221 1.0mol/l 1,5-ジアザビシクロ[4.3.0]-5-ノネン・テトラヒドロフラン溶液 有機合成用 100mL 11,000
049-34225 500mL 40,000
汎用的な有機塩基で、DBNと呼ばれています。
本品は、水分値保証した活性な有機塩基反応剤です。
124-06653 1.0mol/l リチウムt-ブトキシド・テトラヒドロフラン溶液 有機合成用 250mL 23,000
汎用的な有機塩基で、t-BuOLiと呼ばれています。
本品は、水分値保証した活性な有機塩基反応剤です。
083-10405 塩化水素・酢酸エチル溶液 (約4mol/L) 有機合成用 500mL 9,800
080-10415 塩化水素・シクロペンチルメチルエーテル溶液 (約2mol/L) 有機合成用 500mL 13,000
有機溶媒に塩化水素ガスを導入した酸性有機溶媒です。
強酸を作用させることでBOC基の脱保護が可能であり、ペプチド合成に使用されます。

機能性有機材料用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
040-34272 N,N-ジエチル-N-(2-メトキシエチル)-N-メチルアンモニウム=2-メトキシ酢酸 機能性有機材料用 25g 13,000
042-34271 100g 37,000
四級アンモニウム系のイオン液体です。
セルロース溶解溶媒としてご使用頂けます。

和光一級

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
165-28081 オキソン酸カリウム 和光一級 5g 5,500
163-28082 25g 17,100
161-28083 100g 58,000
有機合成原料です。

無規格

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
028-18911 臭素酸イオン標準液 (BrO3- 2000) 50mL 4,100
JCSS品目、濃度2,000mg/LJCSSは、「IA Japan(独立行政法人製品評価技術基盤機構 認定センター)」が計量法に基づいて運営している認定プログラムです。
本品には国家計量標準にトレーサブルであることを証明する証明書が添付されており、水道水質基準で基準値の設けられている「臭素酸」の標準原液としてご使用頂けます。当社の発行する証明書はISO/IEC 17025:2005(JIS Q17025:試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項)とISO Guide34:2000(JIS Q 0034:標準物質生産者の能力に関する一般要求事項)に適合しています。この証明書は、値付け結果に不確かさがついたもので、ILAC/APLAC MRAを通じて国際的に受け入れ可能です。
035-24951 塩素酸イオン標準液(ClO3- 1000) 50mL 4,300
JCSS品目、濃度1,000mg/LJCSSは、「IA Japan(独立行政法人製品評価技術基盤機構 認定センター)」が計量法に基づいて運営している認定プログラムです。
本品には国家計量標準にトレーサブルであることを証明する証明書が添付されており、水道水質基準で基準値の設けられている「塩素酸」の標準原液としてご使用頂けます。当社の発行する証明書はISO/IEC 17025:2005(JIS Q17025:試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項)とISO Guide34:2000(JIS Q 0034:標準物質生産者の能力に関する一般要求事項)に適合しています。この証明書は、値付け結果に不確かさがついたもので、ILAC/APLAC MRAを通じて国際的に受け入れ可能です。
225-02351 揮発性有機化合物25種混合標準液(メタノール溶液) 2mL×5A 18,500
JCSSとは「Japan Calibration Service System」の略称であり、計量法に基づく計量法トレーサビリティ制度です。また、JCSSはAPLAC(アジア太平洋試験所認定協力機構)の相互承認協定、ILAC(国際試験所認定協力機構)の相互承認(MRA)協定へも署名しているため、国際的に受け入れ可能となります。弊社ではjCSS登録事業者の証であるJCSS標章に加え、「ilac」「IAJapan」シンボル付き校正証明書を発行し、商品に添付致しております。
<特長>
 揮発性有機化合物23種混合標準液(224-01721 )の成分にt-ブチルメチルエーテル、1,4-ジオキサンが加えられています。各成分の濃度は1,000 mg/lです。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。製品コードをクリックするとSiyaku.comにリンクしますので、現在の価格、在庫はそちらからご確認下さい。

試薬ホーム  >  製品情報  >  新製品情報  >  今月の新製品

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806