和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  Anti Siaα2-3, Monoclonal Antibody
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  タンパク質検出  >  Anti Siaα2-3, Monoclonal Antibody

インフルエンザ研究用抗体
Anti Siaα2-3, Monoclonal Antibody (HYB4) ⇒ to the ENGLISH PAGE

イメージ本品は、GM3、GM4、α2-3nLc4Cerなど、非還元末端にNeuAcα2-3 Gal構造をもつ糖鎖を認識するモノクローナル抗体です。インフルエンザウイルスと生体内におけるシアロ糖鎖分子との相互作用の研究に応用できます。


リンク


特長

  • α2-3結合型シアロ酸糖鎖検出
  • IgG3なので豊富なアプリケーションに応用
  • インフルエンザウイルスの糖鎖レセプター研究に応用

使用濃度

 
用途 使用濃度
SDS-PAGE/Western Blot 10-50 μg/ml
ELISA 5-25 μg/ml
Flow Cytometry 5-25 μg/ml
Immunocytochemistry
10-100 μg/ml

本抗体の使用にあたっては、検出条件、使用サンプルなどに応じて、最適な使用濃度や希釈倍率を検討してください。
上記使用濃度は目安としてご参考下さい。

製品概要

〔タンパク質濃度〕
ラベルに記載。

〔組  成〕
50% glycerolを含む1×PBS (pH 7.2)溶液

〔Clone No.〕
HYB4

〔交差性〕
GM3, GM4, α2-3nLc4Cer

〔抗体サブクラス〕
IgG3・κ

〔抗  原〕
IV3NeuAcnLc4Cer

〔保  存〕
-20℃。
凍結融解は避けてください。

 

HYB4抗体 免疫染色

     HYB4/DAPI           IgG3/DAPI
イメージ <HYB4を用いたA549細胞の染色>

HYB4によるSiaα2-3糖鎖の検出は、2次抗体に
FITC標識抗マウスIgGを用いた(緑色)。
核はDAPIによる染色(青色)を行った。

 

 

 

データ提供:会津大学短期大学部 左先生、静岡県立大学大学院 薬学研究科 生化学分野 山口先生、鈴木先生。

HYB4抗体 免疫学的手法による糖脂質検出

  A      B

  1   2   1   2 
イメージ HYB4抗体によるα2-3結合型シアル酸含有糖脂質の検出

TLC免疫染色法により糖脂質への結合性を解析した。
プレートA: オルシノール発色
プレートB: HYB4抗体による免疫染色
レーン1: IV3NeuAcnLc4Cer
レーン2: IV6NeuAcnLc4Cer

展開溶媒:
CHCl3/CH3OH/12 mM MgCl2 (50:40:10, by vol.)




データ提供:会津大学短期大学部 左先生、静岡県立大学大学院 薬学研究科 生化学分野 山口先生、鈴木先生。

 

HYB4抗体 糖鎖認識性

<HYB4抗体 糖鎖認識構造>
NeuAcα2-3Galβ1-4Glc(GlcNAc)β1-R
糖脂質 糖鎖構造 認識性
IV3NeuAcnLc4Cer
NeuAcα2-3Galβ1-4GlcNAcβ1-3Galβ1-4Glcβ1-1’Cer
++
IV6NeuAcnLc4Cer
NeuAcα2-6Galβ1-4GlcNAcβ1-3Galβ1-4Glcβ1-1’Cer
GM4
NeuAcα2-3Galβ1-1’Cer
GM3 (NeuAc)
NeuAcα2-3Galβ1-4Glcβ1-1’Cer
+++
GM3 (NeuGc)
NeuGcα2-3Galβ1-4Glcβ1-1’Cer
GM2
GalNAcβ1-4(NeuAcα2-3)Galβ1-4Glcβ1-1’Cer
GM1a
Galβ1-3GalNAcβ1-4(NeuAcα2-3)Galβ1-4Glcβ1-1’Cer
GD1a
Galβ1-3GalNAcβ1-4(NeuAcα2-8NeuAcα2-3)Galβ1-4Glcβ1-1’Cer
GD3
NeuAcα2-8NeuAcα2-3Galβ1-4Glcβ1-1’Cer
nLc4Cer
Galβ1-4GlcNAcβ1-3Galβ1-4Glcβ1-1’Cer
 
糖タンパク質 認識性
N−結合型糖鎖 ++
O−結合型糖鎖

データ提供:会津大学短期大学部 左先生、静岡県立大学大学院 薬学研究科 生化学分野 山口先生、鈴木先生。

参考文献

1) 和光純薬時報, 80(1), 2-4(2012) .

2) Hidari, K. et al., "Influenza virus utilizes N-linked sialoglycans as receptors in A549 cells.", BBRC, 436, 394-399(2013).

価格

コードNo. 品名 規格 容量 希望納入価格(円)
011-25171 Anti Siaα2-3, Monoclonal Antibody (HYB4)
免疫化学用 200μl
35,000

旧製品コードNo.013-23791から新製品コードNo.011-25171に変更いたしました。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。


試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >    Anti Siaα2-3, Monoclonal Antibody
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  タンパク質検出  >    Anti Siaα2-3, Monoclonal Antibody

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806