富士フイルム試薬 [Laboratory Chemicals]試薬 [Laboratory Chemicals]
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム > 製品情報 > ライフサイエンス > 蛍光・発光 > 同仁化学 オートファジー検出用蛍光プローブ

オートファジー検出をより詳しく簡単に
DAPGreen-Autophagy Detection(オートファゴソーム検出蛍光試薬)
DALGreen-Autophagy Detection(オートリソソーム検出蛍光試薬)

オートファジー検出試薬 DAPGreenは、オートファゴソーム膜に取り込まれることで蛍光を発します。一方、DALGreenは、凝集タンパク質等が分解されるオートリソソーム段階で蛍光を発します。
この様にDAPGreenとDALGreenは、“オートファゴソーム形成およびリソソームとの融合・内容物の分解”の過程を試薬の添加だけでモニタリングすることができる、これまでにない新しいオートファジー検出試薬です。


リンク関係

原理

検出試薬の概要

蛍光顕微鏡だけでなくフローサイトメーターでも検出頂けます。また DAPGreen では、プレートリーダーによる検出も実現しました。ご使用の装置で検出可能な蛍光特性をご確認の上、ご使用ください。

操作方法

遺伝子導入は不要です。準備した細胞に試薬を添加するだけの簡単操作で蛍光イメージングを実現します。

タイムラプスで検出

HeLa 細胞を DALGreen で染色後、飢餓培養にて 6 時間までの細胞の状態を観察した。


■イメージング条件
・培養条件:アミノ酸不含培養培地
・装置:共焦点イメージングサイトメーター(横河電機株式会社:CQ1)
・蛍光フィルター:Ex. 405 / Em. 525/50
・倍率:20x

オートファジーを誘導した細胞において、DALGreen の蛍光の増大が確認された。

※本タイムラプスの動画は、同仁化学ホームページ にてご覧いただけます。

LC3との高い相関

オートファジーマーカーである LC3 を指標とした検出法と共染色を行い局在の比較を行った。

■結果
DAPGreenと、LC3が共局在する結果が得られた。
■イメージング条件
・検出波長 :Ex. 488 nm / Em. 500-563 nm  
・スケールバー:20 μm
■オートファジー誘導条件
RFP-LC3 発現 HeLa 細胞に DAPGreen 添加後、Rapamycin によりオートファジーを誘導した。誘導から 4 時間後に、DAPGreen 及び RFPの蛍光像を共焦点顕微鏡にて確認した。

フローサイトでの定量解析

オートファジー誘導後に、DAPGreen の蛍光をフローサイトメーターにて検出した。

■結果
飢餓培養開始から 3 時間後には、強い蛍光シグナルが検出された。
■イメージング条件
検出波長:Ex. 488 nm / Em. 485-535 nm
■オートファジー誘導条件
DAPGreen で染色後の HeLa 細胞を、アミノ酸不含培地にて 0、3、6 時間培養し、フローサイトメーターにて検出した。

プレートリーダーでの定量解析

オートファジー誘導後の DAPGreen の蛍光を、プレートリーダーにて検出した。

■結果
飢餓培養を開始してから 2 時間後には、コントロールより約 3.5 倍強い蛍光を確認した。
■検出条件
検出波長:Ex. 450 nm / Em. 535 nm
■オートファジー誘導条件
DAPGreen で染色後の HeLa 細胞を、アミノ酸不含培地にて 0、2、4、6 時間培養し、プレートリーダーにて検出した。

顕微鏡によるオートリソソーム解析例

オートファジーの誘導の有無で、DALGreen による蛍光像を共焦点顕微鏡にて確認した。

■結果
飢餓培養によりオートファジーを誘導した HeLa 細胞において、DALGreenの蛍光が増大したPuncta(斑点)を確認した。
■イメージング条件
・検出波長 :Ex. 488 nm / Em. 500-563 nm
・スケールバー:20 μm
■オートファジー誘導条件
DALGreenにて染色した細胞を以下の条件で培養。
 @Control:増殖培地で6時間培養
 AStarved:アミノ酸不含培地で6時間培養

MDCとの比較

DALGreenと既存のオートファジー検出用蛍光色素MDC(Monodansylcadaverine)を用いて、飢餓条件下で培養したHeLa細胞におけるオートファジーを検出した。


■DALGreenによるイメージング

■MDCによるイメージング

・濃度:1 μmol/L
・インキュベート時間:30 min
・検出波長:Ex. 488 nm/ Em. 500-563 nm
・スケールバー:40 μm
試薬添加後に飢餓誘導(6h)
・濃度:10 μmol/L
・インキュベート時間:30 min
・検出波長: Ex. 405 nm/ Em. 450-546 nm
・スケールバー:40 μm
飢餓誘導(6h)後に試薬添加

■結果
DALGreen にて染色した細胞では、飢餓誘導による蛍光強度の増大がみられた。一方で、MDC による評価では、蛍光強度の変化は、ほとんど見られなかった。

■波長
MDC の極大励起波長は紫外域にあるため488 nmでの励起は困難だが、DALGreen では共焦点顕微鏡による488 nm 励起での観察が可能であった。

■染色操作
・DALGreen:試薬添加 ⇒ 飢餓誘導
・MDC:飢餓誘導 ⇒試薬添加



DALGreen はオートファジー誘導前に試薬を添加するため、オートファジーをライブでモニターできる。


製品一覧

コードNo. メーカーコード 品名 容量 希望納入価格(円)
340-09291 D676 freezeDAPGreen - Autophagy Detection 5 nmol 36,000
344-09191 D675 freeze DALGreen-Autophagy Detection 20 nmol 28,000

参考文献

H. Iwashita, H. T. Sakurai, N. Nagahora, M. Ishiyama, K. Shioji, K. Sasamoto, K. Okuma, S. Shimizu, and Y. Ueno, "Small fluorescent molecules for monitoring autophagic flux", FEBS Lett., 2018, 592, (4), 559-567

同仁化学ホームページにて、文献のダウンロードが可能です。

関連製品

refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。
特定毒物・・・特定毒物   毒物1 毒物2・・・毒物   劇物1 劇物2 劇物3・・・劇物   毒薬・・・毒薬   劇薬・・・劇薬   危険物・・・危険物   向精神薬・・・向精神薬
特定麻薬向精神薬原料・・・特定麻薬向精神薬原料   化審法 第一種特定化学物質・・・化審法 第一種特定化学物質   化審法 第二種特定化学物質・・・化審法 第二種特定化学物質
化学兵器禁止法 第一種指定物質・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   化学兵器禁止法 第二種指定物質・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
カルタヘナ・・・カルタヘナ   覚せい剤取締法・・・覚せい剤取締法   国民保護法・・・国民保護法

*上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

 試薬ホーム > 製品情報 > ライフサイエンス > 蛍光・発光 > 同仁化学 オートファジー検出用蛍光プローブ

富士フイルム和光純薬工業

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: ffwk-labchem-tec@fujifilm.com URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806