和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  IgG type 抗糖鎖抗体シリーズ
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  疾病  >  IgG type 抗糖鎖抗体シリーズ

糖鎖研究に便利なモノクローナル抗体
IgG type 抗糖鎖抗体シリーズ

リンク関係


製品紹介

抗ケラタン硫酸,モノクローナル抗体(R-10G)

本抗体はヒトiPS細胞を免疫原として作製したモノクローナル抗体です。
従来使用されているヒトiPS/ES細胞認識抗体はヒトEC細胞(胎児性がん細胞)を抗原に作製されたもので、がん性細胞も検出することが問題となっています。


クローンNo. R-10G

サブクラス:IgG1

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL. 1×TBS


認識糖:低硫酸化ケラタン硫酸
アプリケーション:WB(1-5μg/mL)、ELISA(1-5μg/mL)、ICC(5-20μg/mL)

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Kawabe, K. et al.; "A novel antibody for human induced pluripotent stem cells and embryonic stem cells recognizes a type of keratan sulfate lacking oversulfated structure." Glycobiology, 23(3), 322-336(2012).

抗ケラタン硫酸,モノクローナル抗体(R-10G)

ヒトiPS細胞, 201B7株に対して、従来使用されている未分化マーカー抗体 TRA-1-81と同等に使用できることが確認された。



抗Siaα2-3,モノクローナル抗体(HYB4)

本抗体はGM3、GM4、α2-3nLc4Cerなど末端にNeuAcα2-3Gal構造を持つ糖鎖(α2-3結合型シアル酸糖鎖)を認識します。


クローンNo. HYB4

サブクラス:IgG3・κ

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.PBS,50w/v%グリセロール


認識糖:GM3, GM4, α2-3nLc4Cer
アプリケーション:WB(10-50μg/mL)、ELISA(5-25μg/mL)、ICC(10-100μg/mL)、FCM(5-25μg/mL)

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Hidari, K. et al.: "Influenza virus utilizes N-linked sialoglycans as receptors in A549 cells.", BBRC, 436, 394-399(2013).

抗Siaα2-3,モノクローナル抗体(HYB4)

・抗Siaα2-3,モノクローナル抗体 製品ページリンク



抗シアリルTn抗原,モノクローナル抗体(MLS132)

シアリルTn抗原は膵臓がん、胆道系がん、卵巣がん、再発胃がんなどで血中での増加が認められる腫瘍マーカーです。本抗体はシアリルTn抗原を認識し、Tn抗原を認識しません。


クローンNo. MLS132

サブクラス:IgG3

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.MOPS, 150mmol/L NaCl


認識糖:A cluster composed of Siaα2-6GalNAc-Ser/Thr [Sialyl-Tn antigen]
アプリケーション:Immuno Blot(0.5μg/mL〜), IP, ELISA, IHC(1μg/mL〜), Immunoaffinity

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Fukui, S. et al.: "Production of monoclonal antibodies directed against carbohydrate moieties of cell surface glycoproteins.", Jpn. J. Cancer Res., 79, 1119-1129(1988).
 2) Tanaka, H. et al.: "Binding characteristics of an anti-Siaα2-6GalNAcα-Ser/Thr (sialyl Tn) monoclonal antibody (MLS132).", Eur. J. Biochem., 263, 27-32(1999).
 3) Akita, K. et al.: "Different levels of sialyl-Tn antigen expressed on MUC16 in patients with endometriosis and ovarian cancer.", Int. J. Gynecol. Cancer, 22, 531-538(2012).



抗Tn抗原,モノクローナル抗体(MLS128)

T抗原(Gal-GalNAc-Ser/Thr)に対し、T-like antigen(nouvelle)よりTn抗原と命名された糖鎖抗原です。

がん細胞では細胞表面糖鎖がTnからシアリルTnに変化することが知られています。Tn抗原はヒト、マウスで共通の構造を持ちます。

本抗体はTn抗原を認識する抗体です。


クローンNo. MLS128

サブクラス:IgG3

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.MOPS, 150mmol/L NaCl


認識糖:A cluster composed of GalNAc-Ser/Thr [Tn antigen]、Mucin-type glycoprotein
アプリケーション:ImmunoBlot(0.5μg/mL〜), IP, ELISA, IHC(1μg/mL〜), Immunoaffinity, FCM

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Numata, Y. et al.:"A monoclonal antibody directed to Tn antigen.", BBRC, 170(3), 981-985(1990).
 2) Nakada, H. et al.:"Cancer-associated glycoproteins defined by a monoclonal antibody, MLS 128, recognizing the Tn antigen.", BBRC, 187(1), 217-224(1992).
 3) Nakada, H. et al.: "Epitopic structure of Tn glycophorin A for an anti-Tn antibody (MLS128).", Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 90, 2495-2499(1993).
 4) Akita, K. et al.: "Different levels of Sialyl-Tn antigen expressed on MUC16 in patients with endometriosis and ovarian cancer.", Int. J. Gynecol. Cancer, 22, 531-538(2012).



抗Siaα2-6Gal,モノクローナル抗体(1B9),組換え体,溶液

シアル酸は生体内に広く存在し、細胞接着、遊走、ウイルスなど病原体の感染、免疫機構などさまざまな生理作用に関わっています。

Siaα2-6Galの結合様式はヒト型シアル酸に見られる構造です。Siaα2-3Gal、Siaα2-4Gal構造を持つガングリオシドや糖タンパク質には反応しません。

本抗体は組換え技術によりIgG1タイプの組換え体抗体として動物細胞で発現させた製品です。


クローンNo. 1B9

サブクラス:IgG1

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.PBS(BSA, 0.05% アジ化ナトリウム含有)


認識糖:Siaα2-6Gal
アプリケーション:WB(0.2μg/mL〜)、TLC Immunostaining

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Hakomori, S. et al.: "A monoclonal antibody directed to N-acetyl-neuraminosyl-α2-6-galactosyl residue in gangliosides and glycoproteins.", J. Biol. Chem., 258, 11819-11822(1983).



抗De-N-アセチルGM3,モノクローナル抗体(DH5),組換え体,溶液

De-N-アセチルGM3(deNAcGM3)はEGFRのチロシンキナーゼ活性を促進し、細胞増殖刺激活性を持つ細胞膜ガングリオシドです。転移性腫瘍細胞に特に多く存在しています。本抗体はDe-N-アセチルGM3を認識するモノクローナル抗体です。

本抗体は組換え技術によりIgG1タイプの組換え体抗体として動物細胞で発現させた製品です。


クローンNo. DH5

サブクラス:IgG1

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.PBS(BSA, 0.05% アジ化ナトリウム含有)


認識糖:De-N-アセチルGM3 [NeuNH2α1-3Galβ1-4Glc-, NeuNH2-LacCer, II3NeuNH2-LacCer]
アプリケーション:TLC Immunostaining(20μg/mL)

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Hanai, N. et al.: "A novel ganglioside, De-N-acetyl-GM3 (II3NeuNH2LacCer), acting as a strong promoter for epidermal growth factor receptor kinase and as a stimulator for cell growth.", J. Biol. Chem., 263, 6296-6301(1988).
 2) Liu, J. W. et al.: "De-N-acetyl GM3 promotes melanoma cell migration and invasion through urokinase plasminogen activator receptor signaling-dependent MMP-2 activation.", Cancer Res., 69, 8662-8669(2009).



抗GD3,モノクローナル抗体(19B),組換え体,溶液

GD3はシアル酸を2つ持つガングリオシドで、母乳に多く存在し、毒素性大腸菌などの一部の細菌毒素が腸上皮細胞に接着するのを阻害する活性があります。また、転移性黒色腫や急性非リンパ性白血病細胞にも多く存在します。本抗体はGD3を認識するモノクローナル抗体です。

本抗体は組換え技術によりIgG1タイプの組換え体抗体として動物細胞で発現させた製品です。


クローンNo. 19B

サブクラス:IgG1

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.PBS (BSA, 0.05% アジ化ナトリウム含有)


認識糖:GD3 [Siaα2-8Siaα2-3Galβ1-4Glc]
アプリケーション:TLC Immunostaining(5μg/mL), IHC

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。



抗Aルイスb,モノクローナル抗体(HH3)

Aルイスb糖鎖はジフコシル型タイプ1 chainAとも呼ばれ、正常な胎児や成体の杯細胞に発現している糖鎖です。

本抗体はAルイスb糖鎖を認識するモノクローナル抗体です。正常な遠位結腸に反応せず、遠位結腸腺がんに対して染色性を示す抗体です。


クローンNo. HH3

サブクラス:IgG3

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.PBS (BSA, 0.05% アジ化ナトリウム含有)


認識糖:ALeb[GalNAcα1-3(Fucα1-2)Galβ1-3(Fucα1-4)GlcNAcβ1-3Gal]
アプリケーション:IHC、Immunostaining(10μg/mL〜)

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Clausen, H. et al.: "Monoclonal antibodies defining blood group A variants with difucosyl type 1 chain (ALeb) and difucosyl type 2 chain (ALey).", Biochemistry, 24, 6190-6194(1985).
 2) Dabelsteen, E. et al.: "Structural variations of blood group A antigens in human normal colon and carcinomas.", Cancer Res., 48, 181-187(1988).



抗Aルイスy,モノクローナル抗体(HH2), 組換え体,溶液

Aルイスyはジフコシル型タイプ2 chainAとも呼ばれます。胎児杯細胞のムチン、遠位結腸の腺がんに多く存在する糖鎖です。

本抗体はAルイスy糖鎖を認識するモノクローナル抗体です。ジフコシル型タイプ1 chain Aもしくはモノフコシル型タイプ2 chain Aには反応しません。

本抗体は組換え技術によりIgG1タイプの組換え体抗体として動物細胞で発現させた抗体です。


クローンNo. HH2

サブクラス:IgG1

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.PBS (BSA, 0.05% アジ化ナトリウム含有)


認識糖:ALey[GalNAcα1-3(Fucα1-2)Galβ1-4(Fucα1-3)GlcNAcβ1-3Gal]
アプリケーション:IHC、TLC Immunostaining(20μg/mL)

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Clausen, H. et al.: "Monoclonal antibodies defining blood group A variants with difucosyl type 1 chain (ALeb) and difucosyl type 2 chain (ALey).", Biochemistry, 24, 6190-6194(1985).
 2) Dabelsteen, E. et al.: "Structural variations of blood group A antigens in human normal colon and carcinomas.", Cancer Res., 48, 181-187(1988).



抗ルイスx,モノクローナル抗体(SH1),組換え体,溶液

本抗体はルイス糖のうち、ルイスxを認識するモノクローナル抗体です。

ルイスxは血液型糖鎖の1つです。さまざまなタイプの腺がんに蓄積される糖鎖であり、また同様の糖鎖構造を持つSSEA-1はマウスES細胞の未分化マーカーとして知られています。好中球、単球に赤血球やリンパ球より強く反応します。

本抗体は組換え技術によりIgG1タイプの組換え体抗体として動物細胞で発現させた製品です。


クローンNo. SH1

サブクラス:IgG1

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.PBS (BSA, 0.05% アジ化ナトリウム含有)


認識糖:Lex[SSEA-1, Galβ1-4(Fucα1-3)GlcNAc]
アプリケーション:IHC(3μg/mL)、ELISA(0.3-2μg/mL)、FCM(0.4-2μg/mL)

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Shingal, A.K. et al.: "Profiles of lewis x-containing glycoproteins and glycolipids in sera of patients with adenocarcinoma.", Cancer Res., 50, 1375-1380(1990).
 2) Muroi, K. et al.: "Reactivity profiles of leukemic myeloblasts with monoclonal antibodies directed to sialosyl-Lex and other lacto-series type 2 chain antigens : Absence of reactivity with normal hematopoietic progenitor cells.", Blood, 79(3), 713-719(1992).



抗ダイメリックルイスx,モノクローナル抗体(FH4),組換え体,溶液

ルイスx、シアリルルイスx糖鎖は、好中球や単球をはじめ、さまざまな細胞膜上に存在する血液型糖鎖抗原です。細胞膜上では膜糖タンパク質、ムチンやスフィンゴ脂質上に局在します。

二量体ルイスx糖鎖は転移大腸がんのムチン様糖鎖に多く見られ、また結腸がん、肝臓がん、管状/乳頭状の胃がんへの蓄積が知られています。本抗体は二量体ルイスx糖鎖を認識するモノクローナル抗体です。

本抗体は組換え技術によりIgG1タイプの組換え体抗体として動物細胞で発現させた製品です。


クローンNo. FH4

サブクラス:IgG1

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.PBS (BSA, 0.05% アジ化ナトリウム含有)


認識糖:Dimeric Lex[Lex - Lex, Galβ1-4(Fucα1-3)GlcNAcβ1-3Galβ1-4(Fucα1-3)GlcNAc]
アプリケーション:WB、FCM(1μg/mL)、IHC

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Fukushi, Y. et al.: "Novel fucolipids accumulating in human adenocarcinoma.", J. Biol. Chem., 259, 4681-4685(1984).
 2) Fukushi, Y. et al.: "Localization and alteration of mono-, di-, and trifucosyl α1-3 type 2 chain structures during human embryogenesis and in human cancer.", J. Exp. Med., 159, 506-520(1984).
 3) Matsushita, Y. et al.: "Sialyl-dimeric Lewis-X antigen expressed on mucine-like glycoproteins in colorectal cancer metastases.", Lab. Invest., 63, 780-791(1990).



抗シアリルLea,モノクローナル抗体(MSW113)

CA19-9抗原(Sialyl-Lea抗原)は、膵臓・胆のう・胃がんや大腸がんなど多くの消化器系のがんにおいて腫瘍マーカーとして知られているがん関連糖鎖抗原んです。
本品はSialyl-Lea抗原のSiaα2-3Galβ1-3GlcNAc構造が本抗体の認識に最も関与します。NS19-9とは異なった応答性を持つ抗体であると報告されています。既存の抗体クローン NS19-9はフコース基が付加されたSialyl-Lea抗原を認識する性質がありますが、がんによる糖鎖変化の中にはフコース基が付かない事があり、NS19-9ではそのような場合の糖鎖を認識できません。


クローンNo. MSW113

サブクラス:IgG3

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.MOPS, 150mmol/L NaCl

 

認識糖:Sialyl-Lea[Siaα2-3Galβ1-3(Fucα1-4)GlcNAc],Siaα2-3Galβ1-3GlcNAc,
    LS-tetrasaccharide α[Siaα2-3Galβ1-3GlcNAcβ1-3Galβ1-4Glc],
    Disialyllacto-N-tetraose[Siaα2-3Galβ1-3(Siaα2-6)GlcNAcβ1-3Galβ1-4Glc]
アプリケーション:Immuno Blot(0.5mg/mL〜)、IP、ELISA、 Immunoaffinity

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Kitagawa, H. et al.: "A monoclonal antibody that recognizes sialyl-Lea oligosaccharide, but is distinct from NS 19-9 as to epitope recognition.", J. Biochem., 104, 817-821(1988).
 2) Kitagawa, H. et al.: "Novel gangliosides containing the Sialyl-Lea structure from a human rectal adenocarcinoma.", J. Biol. Chem., 268(35), 26541-26545(1993).
 3) Akita, K. et al.: "Different levels of sialyl-Tn antigen expressed on MUC16 in patients with endometriosis and ovarian cancer.", Int. J. Gynecol. Cancer, 22, 531-538(2012).



抗ジシアロシルルイスa,モノクローナル抗体(FH7),組換え体,溶液

本抗体はジシアロシルルイスa糖鎖を認識するモノクローナル抗体です。

ジシアロシルルイスa糖鎖は大腸がん、胃がんなどさまざまながん組織で見つかっているがん関連糖鎖抗原の一つです。

本抗体は組換え技術によりIgG1タイプの組換え体抗体として動物細胞で発現させた製品です。


クローンNo. FH7

サブクラス:IgG1

免疫動物:マウス

形状:約1mg/mL.PBS (BSA, 0.05% アジ化ナトリウム含有)


認識糖:Disialosyl Lea[Siaα2-3Galβ1-3(Fucα1-4)(Siaα2-6)GlcNAc],
    Monosialosyl LeaU[Galβ1-3(Fucα1-4)(Siaα2-6)GlcNAc]

  (※Monosialosyl LeaT(Siaα2-3Galβ1-3(Fucα1-4)GlcNAc),Lea(Galβ1-3(Fucα1-4)GlcNAc)には反応しない)
アプリケーション:TLC Immunostaining(20μg/mL), IHC

  ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Nudelman, E. et al.: "Novel fucolipids of human adenocarcinoma : disialosyl Lea antigen (III4FucIII6NeuAcIV3NeuAcLc4) of human colonic adenocarcinoma and the monoclonal antibody (FH7) defining this structure.", J. Biol. Chem., 261, 5487-5495(1986).
 2) Itzkowitz, S. H. et al.: "Immunohistochemical comparison of Lea, monosialosyl Lea (CA19-9), and disialosyl Lea antigens in human colorectal and pancreatic tissues.", Cancer Res., 48, 3834-3842(1988).



抗ヒトガレクチン-9,モノクローナル抗体(9M1-3)

ヒトガレクチン-9に対する抗体です。ヒトガレクチン-1,-2,-3,-7,-8,-10及びマウスガレクチン-9に反応しません。


クローンNo. 9M1-3

サブクラス:IgG1

免疫動物:マウス

 

アプリケーション:WB(1μg/mL〜)、FCM(5-10μg/mL)、IHC(5μg/mL〜)

   ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Klibi, J. et al.: "Blood diffusion and Th1-suppressive effects of galectin-9-containing exosomes released by Epstein-Barr virus-infected nasopharyngeal carcinoma cells.", Blood, 113(9), 1957-1966(2009).
 2) Saresella, M. et al.: "A role for the TIM-3/GAL-9/BAT3 pathway in determining the clinical phenotype of multiple sclerosis.", The FASEB J., 28(11), 5000-5009(2014).



抗マウスガレクチン-9,ラットモノクローナル抗体(108A2)

マウスガレクチン-9に対する抗体です。ヒトガレクチン-9に反応しません。


クローンNo. 108A2

サブクラス:IgG2a

免疫動物:ラット

 

アプリケーション:WB(1μg/mL〜)、FCM(5μg/mL〜)、IHC(1.5μg/mL〜)

   ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。


〔参考文献〕
 1) Sehrawat, S. et al.: "Galectin-9/TIM-3 interaction regulates virus-specific primary and memory CD8+T cell response.", PLoS pathogen, 6(5), e1000882(2010).
 2) Oomizu, S. et al.: "Cell surface galectin-9 expressing Th cells regulate Th17 and Foxp3+ treg development by galectin-9 secretion.", PLoS ONE., 7(11), e48574(2012).



抗コア2 GnT1,モノクローナル抗体

Core2 β1,6-N-Acetylglucosaminyltransferase1(Core2 GnT1)はGlcNAcをβ1,6位に付加させる転移酵素です。

ヒト前立腺がんではCore2 GnT1によって産生されるCore2 O-グリカンが細胞表面に発現することが知られています。このCore2 O-グリカン産生に関与するβ1,6-N-Acetylglucosaminyltransferaseの量ががんの悪性度や進行度と相関あることが知られています。本酵素についてポリクローナル抗体を用いた測定が実施されていますが、酵素アイソフォームの判別が困難であり特異的認識性に問題があると指摘されています。

本抗体はCore2 β1,6-N-Acetylglucosaminyltransferase1 を特異的に認識するモノクローナル抗体です。


クローンNo. 127

サブクラス:IgG1・κ

免疫動物:マウス


認識性:Core2 GnTの3つのアイソフォームの1つCore2 GnT1.

アプリケーション:IHC(1-10μg/mL)、Immuno Blot(1-10μg/mL)

   ※最適使用濃度は実験系ごとにご検討下さい。

 

〔参考文献〕
 1) Hatakeyama, S. et al.: "Core 2 N-acetylglucosaminyltransferase-1 expression induces aggressive potential of testicular germ cell tumor.", Int. J. Cancer, 127(5), 1052-1059(2010).
 2) Kojima, Y. et al.: "Detection of Core2β-1,6-N-acetylglucosaminyltransferase in post-digital rectal examination urine is a reliable indicator for extracapsular extension of prostate cancer.", PLoS ONE., 10(9), e0138520(2015).

 

免疫組織染色

抗コア2 GnT1,モノクローナル抗体

 

 

ウェスタンブロット

pcDNA3.1[KK47-Mock]、pcDNA3.1-C2GnT-1[KK47-C2GnT]を遺伝子導入した細胞のCore2 GnT-1発現を確認した。

 

<細胞>膀胱癌細胞株 KK-47 (Core2 GnT-1低発現)

 Lysate Buffer:RIPA Buffer

 ライセート濃度:1mg/mL

 サンプルアプライ量:5μL

 

<抗体濃度> 1μg/mL

データ提供:弘前大学大学院医学研究科 飛澤悠葵先生、大山力先生、米山徹先生




価格表

コードNo. 品 名 サブクラス 容 量 希望納入価格(円)
011-25811 refrigerator Anti Keratan Sulfate, Monoclonal Antibody(R-10G) IgG1 200μL 25,000
017-25813 1mL 98,000
011-25171 freeze Anti Siaα2-3, Monoclonal Antibody (HYB4) IgG3・κ 200μL 35,000
010-25881 refrigerator Anti Sialyl-Tn Antigen, Monoclonal Antibody(MLS132) IgG3 100μL 30,000
016-25883 500μL 120,000
017-25891 refrigerator Anti Tn Antigen, Monoclonal Antibody (MLS128) IgG3 100μL 30,000
013-25893 500μL 120,000
011-26271 -80 degree C Anti Siaα2-6Gal, Monoclonal Antibody (1B9), recombinant, Solution IgG1 100μg 59,000
014-26261 -80 degree C Anti De-N-acetyl GM3, Monoclonal Antibody (DH5), recombinant, Solution IgG1 100μg 59,000
013-26231 -80 degree C Anti GD3, Monoclonal Antibody (19B), recombinant, Solution IgG1 100μg 59,000
018-26281 -80 degree C Anti ALewis b, Monoclonal Antibody (HH3) IgG3 100μg 59,000
018-26301 -80 degree C Anti ALewis y, Monoclonal Antibody (HH2), recombinant, Solution IgG1 100μg 59,000
010-26241 -80 degree C Anti Lewis x, Monoclonal Antibody (SH1), recombinant, Solution IgG1 100μg 59,000
017-26251 -80 degree C Anti Dimeric Lewis x Monoclonal Antibody (FH4), recombinant, Solution IgG1 100μg 59,000
010-25901 refrigerator Anti Sialyl-Lea, Monoclonal Antibody (MSW113) IgG3 100μL 30,000
016-25903 500μL 120,000
015-26291 -80 degree C Anti Disialosyl Lewis a Monoclonal Antibody (FH7), recombinant, Solution IgG1 100μg 59,000
019-26071 freeze Anti Human Galectin-9, Monoclonal Antibody (9M1-3) IgG1・κ 50μg 21,000
012-26061 freeze Anti Mouse Galectin-9, Rat Monoclonal Antibody (108A2) IgG2a 50μg 21,000
011-26031 freeze Anti Core2 GnT1, Monoclonal Antibody (127) IgG1・κ 100μg 25,000
017-26033 500μg 98,000

*製品コードをクリックするとSiyaku.comにリンクしますので、現在の価格、在庫はそちらからご確認下さい。

refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。
特定毒物・・・特定毒物   毒物1 毒物2・・・毒物   劇物1 劇物2 劇物3・・・劇物   毒薬・・・毒薬   劇薬・・・劇薬   危険物・・・危険物   向精神薬・・・向精神薬
特定麻薬向精神薬原料・・・特定麻薬向精神薬原料   化審法 第一種特定化学物質・・・化審法 第一種特定化学物質   化審法 第二種特定化学物質・・・化審法 第二種特定化学物質
化学兵器禁止法 第一種指定物質・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   化学兵器禁止法 第二種指定物質・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
カルタヘナ・・・カルタヘナ   覚せい剤取締法・・・覚せい剤取締法   国民保護法・・・国民保護法

*上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  IgG type 抗糖鎖抗体シリーズ
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  疾病  >  IgG type 抗糖鎖抗体シリーズ

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806