和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  遺伝子  >  ECOS™ Competent E.coli シリーズ

アンピシリンなら回復培養不要・さらにヒートショックも省略可能
ECOS™ Competent E.coli シリーズ

ECOS™ Competent E.coliは大腸菌のコンピテントセルです。2004年の発売以来、長年多くのお客様にご愛顧いただいています。
本品はヒートショック後の回復培養が不要(*1)なため、短時間で形質転換を行うことができます。またDH5α、JM109、XL1-Blueではクローニング部位がlacZ遺伝子中にあるベクターDNAを用いて形質転換を行った際にblue/white選択を行うことができます。
*1:セレクションにアンピシリンを使う場合にのみ有効。


形質転換の時間を大幅短縮できます

特別な製法で調製したECOS™は薬剤にアンピシリンを使用する場合、回復培養を省略して短時間で形質転換を行うことができます。
またプラスミドのサイズが6kb以下の場合、従来の1分間プロトコルから42℃のヒートショックを省くこともできます。

ECOS™ Competent E.coli の操作手順


ヒートショック省略プロトコルでの形質転換効率

【実験条件】

■ プロトコル (ECOS™ 1分間プロトコルを改変)

@ 氷上でECOS™ Competent E.coliを溶解
A 冷却したプラスミド溶液またはライゲーション溶液を添加
B ボルテックスで1秒撹拌
C LBプレートに塗布
D 37℃でインキュベート

■ 使用サンプル

2.7kb pUC19プラスミドDNA
7.5kb pUC系プラスミドDNA (インサート:約5kb)





【結果】

ヒートショックを省略しても、1分間プロトコルと同様の形質転換効率が得られました。

結論: ECOS™ Competent E.coliはヒートショックを省略しても形質転換を行うことが可能です。
          (ただし抗生物質がアンピシリンのときのみ)


ECOS™ シン・プロトコル体験キャンペーンの結果

■ 2016年度 トライアルキャンペーンの結果


2016年度に実施しましたECOS™ シン・プロトコル体験キャンペーンでは、
お客様にヒートショック省略プロトコルを体験してもらいました。

その結果、アンケートにご回答いただいた45名の内、93%の方が「非常に満足」または「満足」と答えています。















製品リスト

コードNo. 製品名 保管温度 法規 容量 希望納入価格 (円)
310-06236 ECOS™ Competent E.coli DH5α   50μl × 40本
310-06231 ECOS™ Competent E.coli DH5α   100μl × 2本
316-06233 ECOS™ Competent E.coli DH5α   100μl × 20本
314-06234 ECOS™ Competent E.coli DH5α   100μl × 80本
312-07031 ECOS™ Competent E.coli DH5α-Jumbo Pack   500μl × 6本
317-06246 ECOS™ Competent E.coli JM109   50μl × 40本
317-06241 ECOS™ Competent E.coli JM109   100μl × 2本
313-06243 ECOS™ Competent E.coli JM109   100μl × 20本
311-06244 ECOS™ Competent E.coli JM109   100μl × 80本
311-06521 ECOS™ Competent E.coli XL1-Blue   100μl × 2本
317-06523 ECOS™ Competent E.coli XL1-Blue   100μl × 10本
315-06524 ECOS™ Competent E.coli XL1-Blue 100μl × 20本
318-06531 ECOS™ Competent E.coli BL21(DE3) 100μl × 2本
314-06533 ECOS™ Competent E.coli BL21(DE3) 100μl × 10本
312-06534 ECOS™ Competent E.coli BL21(DE3) 100μl × 20本

関連製品

TA-Enhancer Cloning Kit

本品は、Tベクターとライゲーション用試薬を組み合わせたTAクローニング用キットです。ニッポンジーン独自のバッファー組成と10×Enhancer Solutionに含まれる 「PprAタンパク質」によって、これまで効率が低いとされてきたTAクローニングを高効率に行うことができます。
ライゲーションの反応時間を短縮できるため、ECOS™ Competent E.coliと組み合わせれば、さらに迅速なクローニングが可能になります。


Gene RED PCR Mix Plus

Gene RED PCR Mix Plusは、2xプレミックスタイプのPCR 試薬です。PCR に必要なTaq DNA Polymerase、dNTPs、Mg2+ などを含むため、鋳型DNAとプライマーを加えるだけでPCR ができます。また、本品にはあらかじめ比重調整剤と色素が含まれているため、PCR後の反応液はそのまま電気泳動ゲルにアプライすることができます。得られたPCR 産物はTA クローニングに使用可能です。


関連リンク

ECOS™ Competent E.coli シリーズ (メーカーHP)

ECOS™ Competent E.coli パンフレット



refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。

tokuteidoku・・・特定毒物   doku1 doku2・・・毒物   geki1 geki2 geki3・・・劇物   kashin1・・・化審法 第一種特定化学物質   kashin2・・・化審法 第二種特定化学物質
dokuyaku・・・毒薬   gekiyaku・・・劇薬   kahei1・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   kahei2・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
kouseishinnyaku・・・向精神薬   tokumagenn・・・特定麻薬向精神薬原料   cartagena・・・カルタヘナ

【注意事項】
掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。


試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  遺伝子  >  ECOS™ Competent E.coli シリーズ

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806