和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  KANEKA KanCapA™

新スタンダード 抗体精製レジン
KANEKA KanCapA™

高架橋セルロースビーズ KANEKA KanCapA™は、生体試料や細胞培養上清から免疫グロブリン、およびそのFc領域を含む組換え抗体などを精製できるプロテインAアフィニティークロマトグラフィーレジンです。
本品は高架橋セルロースビーズと新規のアルカリ耐性プロテインAリガンドから構成され、IgGのアフィニティー精製に使用できます。


リンク関係


特長

  • アルカリ耐性
  • 溶出条件を最適化
  • 高い抗体結合能
  • リサイクル可能
  • 容易にスケールアップ可能

改変型プロテインAについて

改変型プロテインA

KanCapA™のリガンドは、野生型プロテインAではなく、変異型Cドメインを5量体化した新規プロテインAを採用しています。
野生型プロテインAのCドメインはFc領域に結合することが報告されていますが、Fab領域への結合も報告されており、特にVH3サブファミリー抗体での反応性が高いです。このタイプの結合を解離させるには低い酸性条件での溶出が求められます。
こういった問題点を改善する為、分子デザインシステムで新規に分子設計し、アルカリ耐性を持ち、Fab領域への非特異的結合や溶出プロファイルを改善した新規プロテインAを開発しました。

本品に採用しているプロテインA

  1. Cドメイン5量体タンパク質
  2. アルカリ耐性の高上
  3. Fab領域への非特異結合減少

最適pH条件下でシャープに抗体溶出

Table 1: KANEKA KanCapA™ 製品特性

マトリックス 高架橋セルロース
平均粒子径 1) 65-85μm
リガンド プロテインA,組換え体(アルカリ耐性)
結合 化学結合(還元的アミノ化)
動的結合容量 2) ≧35mg ヒトポリクローナルIgG/mL担体
化学安定性 3) アフィニティークロマトグラフィー汎用溶媒で安定
pH範囲 3) pH 2-13
定置洗浄条件 3) 0.1-0.5 mol/L水酸化ナトリウム
6-8 mol/L尿素、6 mol/L塩酸グアニジン
流速 最大500cm/h(層高: 20-25cm)
滞留時間 ≧3分(推奨:4-6分間)
保存条件 4) 20%エタノール懸濁液,1〜10℃
1) 平均粒子径は、累積体積分布の中間粒径です。

2) 5%動的結合容量は前端分析(滞留時間3分)で測定しています。

3) アルカリ性条件で洗浄できますが、長期間の洗浄操作は避けてください。

4) 凍結しないでください。

Fab領域 精製アプリケーション

精製アプリケーション


KANEKA KanCapA™の特長を生かし、パパイン処理後のIgG溶液から
Fc領域とFab領域の分取が可能です。

IgG溶出プロファイル(pH3.5 & pH3.0)

IgG溶出プロファイル


KANEKA KanCapA™ は、溶出レンジが最適化されており、シャープな精製画分の分取が可能です。

アルカリ洗浄によるレジンリサイクル

アルカリ洗浄によるレジンリサイクル

0.1 M水酸化ナトリウム溶液による
リサイクル処理後のIgG結合活性
プロファイルデータ

アルカリ洗浄によるレジンリサイクル

リサイクル処理(0.1 M水酸化ナトリウム溶液 15分間処理)
によるIgG回収率およびプロテインAリガンドの浸出量の
プロファイルデータ


リサイクル処理(0.1M水酸化ナトリウムで15分間処理)を300回後もIgG結合容量の減少率は20%未満であり、高いリサイクル性能を有していることを確認しています。

動的結合容量 プロファイルデータ

動的結合容量 プロファイルデータ
KANEKA KanCapA™のDynamic Binding Capacity (DBC; 動的結合容量) プロファイルデータ


KANEKA KanCapA™は4〜6分の滞留時間において高いDBC※を示すことを確認しています。



※動的結合容量とは、精製するサンプルが流れている状態で、どのくらい効率よく回収できるかをあらわす数値です。動的結合容量が高い担体は高流速で多くの目的分子を回収できるため、短時間で効率よく目的分子を精製できる優れた担体と言えます。

レジン充填カラムサイズによる圧力/流速プロットデータ

圧力/流速プロットデータ

充填床に依存した圧力は、全圧からシステム圧力を指し引いて算出しています。

Table 2: KANEKA KanCapA™ 各サイズのカラムにおける充填効

充填方法 L. D.(cm) 高さ(mm) プレート/m 非対称性
フロー充填 4.4 200 5710 1.14
軸圧充填 7 199 6063 1.06
フロー充填 10 201 5276 1.18
フロー充填 30 200 5208 1.17
軸圧充填 45 233 4712 1.09
下記条件でのパルスインジェクションにおけるデータです。

溶媒:1(v/v)% アセトン
インジェクション量:1% カラム容量
流速:60 cm/h

KANEKA KanCapA™は、様々なサイズのカラムに充填して使用できることを確認しています。

KANEKA KanCapA™ 価格表

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円) キャンペーン価格(円)
114-01071 KANEKA KanCapA™ 2mL (net 1mL) 10,000 5,000
110-01073 10mL (net 5mL) 40,000 28,000
118-01074 50mL (net 25mL) 150,000 105,000

*製品コードをクリックするとSiyaku.comにリンクしますので、現在の価格、在庫はそちらからご確認下さい。

refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。
tokuteidoku・・・特定毒物   doku1 doku2・・・毒物   geki1 geki2 geki3・・・劇物   kashin1・・・化審法 第一種特定化学物質   kashin2・・・化審法 第二種特定化学物質
dokuyaku・・・毒薬   gekiyaku・・・劇薬   kahei1・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   kahei2・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
kouseishinnyaku・・・向精神薬   tokumagenn・・・特定麻薬向精神薬原料   cartagena・・・カルタヘナ

*掲載内容は、2015年9月時点での情報です。上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  KANEKA KanCapA™

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806