富士フイルム試薬 [Laboratory Chemicals]試薬 [Laboratory Chemicals]
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  ヤマサ醤油 L-グルタミンアッセイキット


ヤマサ醤油 L-グルタミンアッセイキット

本品は、L-グルタミン酸オキシダーゼ1)を用いた L-グルタミンの測定キットです。試料中に L-グルタミン酸と L-グルタミンが共存していても、L-グルタミンのみを特異的に定量することが可能です。また、L-グルタミン酸脱水素酵素を用いる方法に比べ、簡単な操作で L-グルタミンを定量できます。
必要試薬はすべてセットされおり、R1 酵素試薬および R2 酵素試薬はすぐに使える状態です。

簡単にグルタミンを測定できる本製品は、培養細胞を用いた抗体や組換えタンパク質の生産工程における培地中の L-グルタミンの濃度管理、各種食品における L-グルタミンの定量分析などに有用です。また、生化学・医学分野の様々なアミノ酸代謝研究における各種試料中の L-グルタミン定量にも応用することができます。


リンク関係


測定原理

試料に R1 酵素試薬を添加すると、L-グルタミン酸オキシダーゼの作用により試料中の L-グルタミン酸は酸化され、過酸化水素を生成します。この過酸化水素はカタラーゼの作用により分解されるので、予め試料中に含まれていた L-グルタミン酸が除去されます。

続いて R2 酵素試薬を添加すると、グルタミナーゼの作用により試料中の L-グルタミンは L-グルタミン酸に分解されます。この L-グルタミン酸は L-グルタミン酸オキシダーゼの作用により酸化され、過酸化水素を生成します。生成された過酸化水素は、発色基質とペルオキシダーゼの反応により紫色色素が生成されます。この紫色の吸光度(555nm)から試料中の L-グルタミン濃度を定量します。なお、カタラーゼは R2 酵素試薬添加直後にアジ化ナトリウムによってただちに失活します。

製品内容

●構成品
R1 酵素試薬 30mL 1本
R2 酵素試薬 30mL 1本
グルタミン酸標準液(250mg/L) 凍結乾燥品 1本

*添付文書の操作法で、66試料が測定できます(同時に測定する標準液、ブランクおよびコントロールも含む)。

●貯蔵方法 2〜8度、遮光

●使用期限 製造日から25ヶ月

測定方法

グルタミン酸標準液(以下標準液)は精製水0.5mLで溶解します。試料の状態によっては測定への影響を確認するためのコントロールもご用意ください。

  1. 試料、標準液、精製水を各試験管に10μLずつ分注します。
  2. R1 酵素試薬を各試験管に450μLずつ分注して混和します。
  3. 20〜30℃で20分間静置します。
  4. R2 試薬を各試験管に450μLずつ分注して混和します。
  5. 20〜30℃で20分間静置後、精製水を対照にして555nmの吸光度を測定します。
  6. 試料の吸光度(A)、標準液の吸光度(S)、および精製水の吸光度(R)を用いて下記計算式より試料中のL-グルタミン量を算出します。
    L-グルタミン(mg/L) = (A-R) ÷ (S-R) x 250 x 希釈率(試料を希釈した場合)

使用例

【試料に共存するL-グルタミン酸の影響】

L-グルタミン約250mg/Lを含む試料に、L-グルタミン酸3000mg/Lが含まれても測定には影響がありません。

【L-グルタミン検量線例】

L-グルタミンを10-1500mg/Lの範囲で測定できます。


L-アスコルビン酸(ビタミンC)の影響除去について

本品では、試料中に一定量以上の L-アスコルビン酸が含まれていると発色反応が阻害されます。例えば、L-グルタミン 250mg/Lの試料中に L-アスコルビン酸が 25mg/L 含まれるとき、L-アスコルビン酸が含まれない場合に比べて吸光度が約 10% 低下します。
したがって、そのような試料のL-グルタミン測定においては適当な前処理をする必要があります。L-アスコルビン酸による発色阻害を除く方法として、アスコルビン酸オキシダーゼによる酵素処理の方法があります。下記にその処理方法例を示します。

なお、本品にはアスコルビン酸オキシダーゼは添付されておりません。別途、市販品をご利用ください。


【アスコルビン酸オキシダーゼによる前処理例】

250mg/L の L-グルタミン溶液を試料とした場合の処理例です。アスコルビン酸オキシダーゼは PBS にて 5U/mL に調整します。

  1. 試料 10μL にアスコルビン酸オキシダーゼ溶液 10μL を加えます。
  2. 10 分間室温で静置します。
  3. 処理した液を試料として通常の測定を行います(最初の試料は2倍に希釈されています)。

本処理により L-アスコルビン酸が 1000mg/L 含まれていても L-グルタミン測定は影響を受けません。
ただし、試料の前処理の際には念のため、試料に適当量の L-グルタミンを添加したものを同時に測定し、その回収率に問題のないことを確認することをおすすめします。

参考文献

1) Arima J et al. (2003). J Biochem 134. 805-812.

価格表

コードNo. メーカーコード 品 名 容 量 希望納入価格(円)
636-41501 80116 L-グルタミンアッセイキット 66テスト 160,000

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  ヤマサ醤油 L-グルタミンアッセイキット

富士フイルム和光純薬工業

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: ffwk-labchem-tec@fujifilm.com URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806