和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  ラミニン溶液, マウスEHS肉腫由来

細胞培養容器のコーティングに
ラミニン溶液, EHS肉腫由来

 ラミニンは、ほとんどの組織の基底膜の主成分で、基底膜の構成及び機能を担っています。細胞の接着、移動、増殖及び軸索成長や分化促進など多くの生物学的活性があります。培養系においては、細胞培養表面のコーティングに使用され、主に上皮細胞、神経細胞、肝細胞及び筋細胞の細胞接着を促進します。


製品概要

  • 濃度:0.5mg/ml(初回ロット実績値)
  • 組成:50mmol/l Tris-HCl(pH7.4), 150mmol/l NaCl
  • 0.2umフィルターでろ過滅菌済み
  • -80℃保存(-20℃では1年間安定)

使用例

イメージ ラミニンをD-PBS(-)で各濃度に希釈し、24ウェルプレートに各ウェル当たり0.3mlずつ塗布し、37℃で一晩インキュベートする。上清を吸引しBSAでブロッキング後、TIG-3細胞を5×104個/ml で播き、37℃で90分インキュベートする。未接着細胞を洗浄後、トリプシンEDTA溶液で接着細胞をはがし、細胞数を測定した。

主な使用細胞種

  • 上皮細胞
  • 神経細胞
  • 肝細胞
  • 筋細胞

使用方法(例)

  1. 4℃あるいは氷上でゆっくりと溶解させる。
  2. D-PBS(-)あるいは培地で希釈する。
  3. コートする容器に適量の希釈した液を加える。
  4. 37℃で1時間あるいは4℃で一晩インキュベートする。
  5. コート溶液を吸引する。
  6. D-PBS(-)などで2〜3回洗浄する。
  7. 細胞を播く

価格表

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
120-05751 Laminin Solution, from Mouse EHS Tumor 細胞培養用 1mg 28,000

*表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
*表示している希望納入価格は2012年12月の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。


試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  ラミニン溶液, マウスEHS肉腫由来

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806