和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals]
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  > 微生物増殖アッセイキット

色で見る微生物の増殖活性
微生物増殖アッセイキット

微生物はエネルギー代謝活動により細胞内にNAD(P)Hを生成しますが、本キット中の色素WST-8は電子メディエータ―を介することで、このNAD(P)Hにより還元され水溶性の色素が生成されます。この色素生成量は、微生物のエネルギー代謝活性に比例するため、オレンジ色の呈色を確認することで、その微生物の生存率や活性度合を確認することができます。また、従来の平板培養法に比べ、液体培地で培養した微生物を使用できるため、評価にかかる時間を大幅に短縮することができます。


リンク関連

測定原理

微生物増殖アッセイキット

操作方法

微生物増殖アッセイキット

測定の際は、96ウェルマイクロプレートに微生物懸濁液を準備し、試薬を添加・インキュベーションするだけで微生物の代謝活性に応じた色素の発色がみられます。インキュベーション後は、プレートリーダーにて吸光度(450nm)を測定し、結果の解析を行います。

アプリケーション

 増殖アッセイ   薬剤感受性試験
微生物増殖アッセイキット

微生物増殖アッセイキット

黄色ブドウ球菌(SA)およびメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を96ウェルプレートに播種後、各濃度に調整した抗生物質を添加した。6時間 37℃でインキュベート後、試験を添加し更に2時間発色反応を行った。結果、生存細胞が存在するウェルのみ発色がみられ、目視にて容易に抗生物質の抗菌結果を確認できた。

 生存への影響を比較
微生物増殖アッセイキット
  
各種微生物における検出感度  
1)培養した各微生物を標準液体培地(pH7.0)で希釈した。
2)1 ウェル(96ウェル-plate)あたり190μLの微生物希釈液を添加した。
3)各ウェルに発色試薬10μLを添加し、30℃または37℃でインキュベートした。
4)1時間後および4時間後の吸光度(460nm :λmax WST-8 formazan)を測定した。
※微生物希釈液は標準寒天培地でも培養を行い、得られたコロニー数より細胞密度を決定した。
微生物増殖アッセイキット
表に表示された細胞密度(CFU/mL)は、発色試薬添加後、1時間または4時間インキュベートし、得られた吸光度(460nm)が0.5以上であった各微生物の細胞密度(CFU/mL)である。

製品一覧

コードNo. メーカーコード 品 名 容 量 希望納入価格(円)
348-08913 M439 Microbial Viability Assay Kit-WST 100 tests 6,000
342-08911 500 tests 20,600

 

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  > 微生物増殖アッセイキット

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806