和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  R&D  >  StemXVivo 心筋細胞分化誘導キット

R&D systems社製
StemXVivo™ 心筋細胞分化誘導キット

本キットは、多能性幹細胞から心筋細胞への分化促進に有用なツールです。分化プロセスの研究や、臨床試験前の心臓病治療薬の毒性試験時に利用することができます。キットは心筋細胞への分化に必要な成長因子などの添加剤で構成されています。


特長

・ 多能性幹細胞から心筋細胞への分化に必要な成長因子などの添加剤のセット(培地は別途ご用意ください。)
・ 1キットあたり24穴プレート2枚分相当の試薬量

※培養に必要となる培地や血清などはキットに含まれていません。詳しくは製品プロトコルを参照ください


キット内容

 
Stem Cell Qualified RGF BME, Pathclear® 1.5mL
 
Cardiomyocyte Differentiation Base Media Supplement I 2.8mL
 
Cardiomyocyte Differentiation Base Media Supplement II 10mL
 
Cardiomyocyte Differentiation Cocktail I 1本
 
Cardiomyocyte Differentiation Cocktail II 1本
 
Cardiomyocyte Differentiation Cocktail III 1本
 
Anti-Human Cardiac Troponin T 25μg

簡易プロトコル

Stem Cell Qualified PathClear®
RGF BME(RGF BME)でウェル
をコートし、室温で1〜2時間静置する。

Day 1
培地をDay 1分化用培地に交換し、
培地交換なしで4日間培養を行う。
(37°C、5%CO2)
FGF basic含有MEF条件培地中の
ヒト多能性幹細胞(8〜9×104
cells/cm2)をコートしたプレート
に播種し、80〜90%コンフル

エントになるまで培養を行う。
Day 5
培地をDay 5分化用培地に交換し、
培地交換なしで2日間培養を行う。
(37°C、5%CO2
Day(−1)
RGF BMEを添加した幹細胞培
地に交換し、18〜24時間培養を行う。
(37°C、5%CO2
Day 7以降
培地をCardiomyocyte Differentiation
Base Media IIに交換し
さらに2日間培養を行う。
(37°C、5%CO2
必要に応じて1〜2日ごとに培地
を交換する。
Day 0
RGF BMEを添加したDay 0分化
用培地に交換し、24時間培養を行う。
(37°C、5%CO2
   


使用例

多能性幹細胞への分化
BG01Vヒト胚幹細胞を、本キットに含まれる培地添加物を用いて心筋細胞に分化させた。細胞収縮の目視観察以外に心筋細胞への分化との関連を、同梱の抗ヒト心臓トロポニンT抗体で標識することで評価した。
免疫細胞化学法
フローサイトメトリー

 

NorthernLights™ 557結合ロバ抗マウス二次抗体(赤色)により
細胞を 染色し、核をDAPI (青色)で対比染色した。
ヤギ抗マウスIgG PE結合二次抗体( コードNo:511-21221、中を色付きヒストグラム)で細胞を染色し、マッチさせたアイソタイプをコントロールとして比較した(色なしヒストグラム)。


薬剤処理による幹細胞由来心筋細胞の収縮率への影響
心拍間隔のグラフはFluo-4蛍光強度の変動を示し、基本条件下での
心筋収縮(茶色、未処理)、ならびにβアドレナリン作動薬である
イソプロテレノール(コードNo.:553-69841)投与後の心筋収縮
(青色)、およびβアドレナリン拮抗薬であるプロプラノロール
(コードNo.:555-69661)投与後の心筋収縮(黄褐色)を示している。
グラフAで示した各々の薬剤処理中の心筋細胞の収縮能(1分あたりの拍動数)を示している。1拍は2つの連続したFluo-4強度のピークの間の時間である。実験に使用したイソプロテレノールおよびプロプラノロール濃度をともに示す。




Fluo-4を用いて可視化したES由来心筋細胞の収縮
本キットにより、BG01Vヒト胚幹細胞から心筋細胞に分化させ、
Fluo-4カルシウム結合アッセイにより収縮能を評価した。
YouTube動画サイトにて収縮の様子を公開)


   

新製品

保存 品 名 和光コード メーカーコード 容量 希望納入価格はこちら 法規
StemXVivo Cardiomyocyte Differentiation Kit
553-24421 SC032 1Kit

    

関連製品

保存 品名 和光コード メーカーコード 容 量 希望納入価格はこちら 法規
StemXVivo Adipogenic Supplement (100X)
-
CCM011
1VL  
StemXVivo Cardiomyocyte Maintenance Media Supplement (50X)
558-24471
AR011
10mL  
StemXVivo Chondrogenic Base Media
557-16371
CCM005
50mL
StemXVivo Culture Matrix (100X)
-
CCM013
1mL  
StemXVivo Ectoderm Kit For ectoderm differentiation of human pluripotent stem cells
-
SC031
1Kit  
StemXVivo EMT Inducing Media Supplement (100X)
-
CCM017
1mL  
StemXVivo Endoderm Kit
-
SC019
1Kit  
StemXVivo Human Osteogenic Supplement, 12.5 mL
553-19891
CCM008
1VL  
StemXVivo Human/Mouse Chondrogenic Supplement, 0.5 mL
516-79521
CCM006
1VL
StemXVivo Mesenchymal Stem Cell Expansion Media
514-41231
CCM004
250mL  
StemXVivo Mesoderm Kit
-
SC030
1Kit  
StemXVivo Methylcellulose Concentrate
-
HSC011
50mL  
StemXVivo Mouse/Rat Osteogenic Supplement, 12.5 mL
-
CCM009
1VL  
StemXVivo Osteogenic/Adipogenic Base Media
558-04211
CCM007
250mL  
StemXVivo Serum-Free Dendritic Cell Base Media
-
CCM003
250mL  
StemXVivo Serum-Free Human MSC Expansion Media
553-16395
CCM014
500mL
StemXVivo Serum-Free Human T Cell Base Media
-
CCM010
250mL
ご照会
 
StemXVivo Serum-Free MSC Freezing Media
-
CCM016
50mL  


 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格はリンク先のsiyaku.comでご確認ください。


試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  R&D  >  StemXVivo 心筋細胞分化誘導キット

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806