和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  Recombinant Lectins
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  タンパク質検出  >  Recombinant Lectins

For Glycobiology & Cell Biology
Next Generation Lectins

Recombinant Lectins

  • 安定供給可能
  • Ready-to-Use 溶液タイプ
本品は、汎用されているレクチンの安定供給を目的として、糖鎖研究用に開発した組換えレクチンです。
第一弾として、ヒトES・iPS細胞の研究に使用できるrBC2LCN(AiLecS1)を発売致します。rBC2LCNは未分化細胞検出用のマーカーとして有用なことが報告されており、今後の幹細胞および再生医療分野への応用が期待されています。
また、ABA、SRLなどGalβ1-3GalNAc (T antigen)やGalβ1-3GlcNAc(Lacto-N-biose)に結合するレクチンも発売しています。

検出例

    レクチン分類

    レクチングループ レクチン名 コードNo.
    由来生物
    認識糖/糖鎖*
    Fucose-Complex rBC2LCN(AiLecS1)

    029-18061

    025-18063

    Burkholderia cenocepacia

    Fucα1-2Galβ1-3GalNAc [H type 3]

    Fucα1-2Galβ1-3GlcNAC [H type 1]

    rAAL

    018-25201

    014-25203

    Aleuria aurantia
    Fucose moieties
    rPA-IIL

    160-26711

    166-26713

    Pseudomonas aeruginosa
    Fucose, Fucose containing oligosaccharides, Mannose
    rRS-Fuc

    183-03101

    189-03103

    Ralstonia solanacearum
    Fucose
    Gal/GalNAc-Complex rABA

    015-24851

    011-24853

    Agaricus bisporus

    Galβ1-3GalNAc [T antigen]、

    Galβ1-3GlcNAc [Lacto-N-biose]

    rCGL

    033-23771

    039-23773

    Coprinopsis cinerea

    βGal, GalNAcα1-3Gal(Blood Group A)

    Galα1-3Gal(Blood Group B)

    rCNL

    039-23631

    035-23633

    Clitocybe nebularis
    α/βGalNAc
    rDiscoidin T

    045-33541

    041-33543

    Dictyostelium discoideum
    αGalNAc
    rDiscoidinU
    042-33431
    Dictyostelium discoideum

    Gal, LacNAc, Asialoglycans

    Gal/GalNAcβ1-4GlcNAcβ1-6Gal/GalNAc

    rGal1-S

    072-06341

    078-06343

    Human

    branched LacNAc

    rGal1, Stable Form 070-06401
    Human
    branched LacNAc, Gal
    rGal2 073-06371
    Human

    GalNAcα1-3Gal (Blood Group A)

    branched LacNAc

    rGal3C-S

    079-06351

    075-06353

    Human
    poly LacNAc
    rGal3 (Full-length) 077-06411
    Human
    poly LacNAc
    rGal7-S

    076-06361

    072-06363

    Human
    Galβ1-3GlcNAc
    rGal9, Stable Form

    074-06421

    Human

    poly LacNAc

    GalNAcα1-3Gal (Blood Group A)

    rLSL-N

    127-06361

    123-06363

    Laetiporus sulphureus
    LacNAc, Poly-LacNAc
    rMOA

    137-18011

    133-18013

    Marasmius oreades

    Galα1-3[Fucα1-2]Galβ1-4GlcNAc [Blood Group B],

    Galα1-3Gal, Galα1-3Galβ1-4GlcNAc

    rPA-IL

    167-26721

    163-26723

    Pseudomonas aeruginosa
    Galα1-3/4Gal
    rPPL 168-26751
    Pleurocybella porrigens
    α/βGalNAc
    rSRL

    199-17271

    195-17273

    Sclerotium rolfsii

    Galβ1-3GalNAc [T antigen]、

    Galβ1-3GlcNAc [Lacto-N-biose]

    Glc/GlcNAc-Complex rF17AG

    062-06281

    068-06283

    E. coli
    GlcNAc
    rMalectin

    136-18221

    132-18223

    Human
    Glc2-N-biose
    Sialic Acid rACG

    011-25431

    017-25433

    Agrocybe cylindracea
    α2-3Sia
    rPSL1a

    161-26741

    167-26743

    Polyporus squamosus
    α2-6Sia
    Mannose-Complex rBC2L-A 026-18691
    Burkholderia cenocepacia
    High-mannose
    rCalsepa

    031-23831

    037-23833

    Calystegia sepium
    High-mannose
    rGRFT

    070-06381

    076-06383

    Griffithia sp.
    High-mannose
    rPALa

    164-26731

    160-26733

    Phlebodium aureum
    High-mannose
    rOrysata

    159-03281

    155-03283

    Oryza sative
    High-mannose

リンク関係



rBC2LCN(AiLecS1) セノセパシア菌 cDNA由来

製品概要

BC2LCN(AiLecS1) Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 029-18061(1mg), 025-18063(1mg×5)
結合糖鎖 Fucα1-2Galβ1-3GalNAc[H type 3], Fucα1-2GlcNAc[H type 1] 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Burkholderia cenocepacia タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Burkholderia cenocepacia lectin(BC2LCN) 分子量(理論値) 15,807
製 法 フコースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

rBC2LCN SDS-PAGE

rBC2LCN SDS-PAGE

Point in Check
rBC2LCN & ヒトES・iPS細胞未分化マーカー
rBC2LCNは、ヒトES・iPS細胞表面に存在する糖タンパク質である「ポドカリキシン:Podocalyxin」の分子内糖鎖を特異的に認識していることが報告されています。
下記Reference 1) をご参照ください。

rBC2LCN によるヒトiPS細胞未分化マーカー検出

ヒトiPS細胞未分化マーカー検出


rBC2LCN によるヒトiPS細胞未分化マーカー検出

iPS細胞未分化マーカー検出


【自然分化させたヒトiPS細胞コロニーを用いた未分化マーカー検出】

<検出条件>
蛍光標識 rBC2LCN 終濃度 : 0.1〜5.0μg/ml(1w/v% BSA, 1xPBS)
インキュベーション時間: 60min(遮光, 室温)
細胞:ヒトiPS細胞 201B7株
固定条件:4w/v% パラホルムアルデヒド, 10min, 室温または4℃。
point

rBC2LCN References

    1) Stem Cells Translational Medicine, 2013 Apr; 2(4): 265-73
    Podocalyxin is a Glycoprotein ligand of the human pluripotent stem cell-specific probe rBC2LCN.
    Tateno H, Matsushima A, Hiemori K, Onuma Y, Ito Y, Hasehira K, Nishimura K, Ohtaka M, Takayasu S, Nakanishi M, Ikehara Y, Nakanishi M, Ohnuma K, Chan T, Toyoda M, Akatsu H, Umezawa A, Asashima M, Hirabayashi J.

    2) Biochem Biophys Res Commun. 2013 Feb 15;431(3):524-9.
    rBC2LCN, a new probe for live cell imaging of human pluripotent stem cells.
    Onuma Y, Tateno H, Hirabayashi J, Ito Y, Asashima M.

    3) J Biol Chem. 2011 Jun 10;286(23):20345-53.
    Glycome diagnosis of human induced pluripotent stem cells using lectin microarray.
    Tateno H, Toyota M, Saito S, Onuma Y, Ito Y, Hiemori K, Fukumura M, Matsushima A, Nakanishi M, Ohnuma K, Akutsu H, Umezawa A, Horimoto K, Hirabayashi J, Asashima M.

    4) Sci. Rep.. 2014 Feb 12;4:4069.
    A medium hyperglycosylated podocalyxin enables noninvasiva and quantitative detection of tumorigenic human pluripotent stem cells.
    Tateno H, Onuma Y, Ito Y, Hiemori K, Aiki Y, Shimizu M, Higuchi K, Fukuda M, Warashina M, Honda S, Asashima M, Hirabayashi J.



 

rBC2LCN 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
029-18061 freezeBC2LCN(AiLecS1)レクチン、組換え体、溶液 1mg 30,000
025-18063 1mg×5 照会

rAAL ヒイロチャワンダケcDNA由来

製品概要

AAL Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 018-25201(1mg), 014-25203(1mg×5)
結合糖鎖 Fucose moieties 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Aleuria aurantia タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Aleuria aurantia lectin (AAL) 分子量(理論値) 33,529
製 法 フコースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 AAL(Aleuria aurantia lectin)はヒイロチャワンダケ(Aleuria aurantia)が産生するレクチンです。様々な構造のフコース(α1-2,α1-3,α1-4,α1-6)を認識します。

rAAL References

1) Fukumori, F. et al., J. Biochem., 107, 190(1990).
2) Harada, H. et al., Anal. Biochem., 164, 374(1987).
3) Kochibe, N. et al., Biochemistry, 19, 2841(1980).
4) Matsumura, K. et al., J. Biol. Chem., 282, 15700(2007).

 

rAAL 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
018-25201 freezeAALレクチン、組換え体、溶液 1mg 30,000
014-25203 1mg×5 照会

rABA ツクリタケcDNA由来

製品概要

ABA Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 015-24851(1mg), 011-24853(1mg×5)
結合糖鎖 Galβ1-3GalNAc (T antigen)、Galβ1-3GlcNAc (Lacto-N-biose) 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Agaricus bisporus タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Agaricus bisporus lectin (ABA) 分子量(理論値) 16,185
製 法 N-アセチルグルコサミンアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 ABA (Agaricus bisporus agglutinin)はツクリタケ(Agaricus bisporus)が産生するレクチンです。Jacalinと共にT抗原(Galβ1-3GalNAcα-)を認識するレクチンとして使用されています。JacalinはTn抗原(GalNAcα-)も強く認識する一方でABAはほとんど認識しない事が知られています。

rABA SDS-PAGE

rABA SDS-PAGE

rABA References

1) Presant, C. A. and Kornfeld. S., J. Biol. Chem., 247(21), 6937(1972).
2) Nakamura-Tsuruta, S. et al., Biochem. Biophys, Res, Commun., 347, 215(2006).
3) Yu, L. et al., Cancer Res., 53, 4627(1993).

 

rABA 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
015-24851 freezeABAレクチン、組換え体、溶液 1mg 30,000
011-24853 1mg×5 照会

rACG ヤナギマツタケcDNA由来

製品概要

ACG Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 011-25431(1mg), 017-25433(1mg×5)
結合糖鎖 α2-3Sia 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Agrocybe cylindracea タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Agrocybe cylindracea galectin lectin (ACG) 分子量(理論値) 17,031
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 ACG(Agrocybe cylindracea galectin)はヤナギマツタケ(Agrocybe cylindracea)が産生するガレクチンファミリーの一つで、α2-3シアル酸を認識します。

rACG References

1) Ban, M. et al., J. Mol. Biol., 351, 695(2005).
2) Imamura, K. et al., J. Biochem., 150, 545(2011).
3) Liu, C. et al., Int. J. Biol. Macromol., 42, 138(2008).
4) Ngai, P.H. et al., Peptides, 26, 191(2005).
5) Wang, H. et al., Life Sci., 70, 877(2002).
6) Yagi, F. et al., Glycoconj. J., 18, 745(2001).
7) Yagi, F. et al., Glycoconj. J., 14, 281(1997).

 

rACG 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
011-25431 freezeACGレクチン、組換え体、溶液 1mg 30,000
017-25433 1mg×5 照会

rBC2L-A セノセパシア菌cDNA由来

製品概要

BC2L-A Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 026-18691(1mg)
結合糖鎖 High-mannose 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Burkholderia cenocepacia タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Burkholderia cenoceacia lectin (BC2L-A) 分子量(理論値) 13,895
製 法 マンノースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 BC2L-A (Burkholderia cenocepacia lectin )はセノセパシア菌(Burkholderia cenocepacia)が産生するレクチンです。

 B. cenocepaciaはBC2L-A, BC2L-B、BC2L-Cの3種類の、可溶性でPA-IIL様ドメインを含有するレクチンを持っていることが知られています。

 BC2L-Aはこの3つの中で最も分子量が小さくカルシウム要求性があり、マンノース認識性を示します。

rBC2L-A References

1) Marchetti, R. et al., Glycobiology, 22(10), 1387(2012).

 

rBC2L-A 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
026-18691 freezeBC2L-Aレクチン、組換え体、溶液 1mg 38,000

rCalsepa ハルヒルガオcDNA由来

製品概要

Calsepa Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 031-23831(1mg), 037-23833(1mg×5)
結合糖鎖 High-mannose 組 成 PBS (pH 7.4) 溶液
cDNA由来生物 Calystegia sepium タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Calystegia sepium lectin (Calsepa) 分子量(理論値) 16,063
製 法 マンノースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 Calsepa(Calystegia sepium lectin)はハルヒルガオ(Calystegia sepium)が産生するレクチンです。マンノース認識性を示します。

rCalsepa References

1) Bourne, Y. et al., J. Biol. Chem., 279, 527(2004).
2) Nakamura-Tsuruta, S. et al., FEBS J., 275, 1227(2008).
3) Peumans, W.J. et al., Glycoconj J., 14, 259(1997).
4) Van, Damme, E.J. et al., FEBS Lett., 397, 352(1996).

 

rCalsepa 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
031-23831 freezeCalsepaレクチン、組換え体、溶液 1mg 24,000
037-23833 1mg×5 照会

rCGL2 ウシグソヒトヨダケcDNA由来

製品概要

CGL2 Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 033-23771(1mg), 039-23773(1mg×5)
結合糖鎖 βGal, GalNAcα1-3Gal(Blood Group A), Galα1-3Gal(Blood Group B) 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Coprinopsis cinerea タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Coprinopsis cinerea lectin (CGL2) 分子量(理論値) 16,748
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 CGL2(Coprinopsis cinerea lectin2)はウシグソヒトヨダケ(Coprinopsis cinerea)が産生するレクチンの一つです。ガレクチンファミリーに分類されます。

rCGL2 References

1) Yan, S. et al., J. Biol. Chem., 287, 28276(2012).
2) Walser, P. J. et al., Structure, 12, 689(2004).

 

rCGL2 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
033-23771 freezeCGL2レクチン、組換え体、溶液 1mg 24,000
039-23773 1mg×5 照会

rCNL ハイイロシメジcDNA由来

製品概要

CNL Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 039-23631(1mg), 035-23633(1mg×5)
結合糖鎖 α/βGalNAc 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Clitocybe nebularis タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Clitocybe nebularis lectin (CNL) 分子量(理論値) 15,993
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 CNL(Clitocybe nebularis lectin)はハイイロシメジ(Clitocybe nebularis)が産生するレクチンで、リシンB様サブタイプを持つレクチンです。ヒトBlood Group A(GalNAcα1-3[Fucα1-2]Galβ-)やGalNAcβ1-4GlcNAc-の糖鎖を認識することが報告されている他、抗腫瘍活性や免疫調節作用などの生理活性が報告されています。

rCNL References

1) Pohleven, J. et al., Biochim. Biophys. Acta., 1790(3), 173(2009).

 

rCNL 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
039-23631 freezeCNLレクチン、組換え体、溶液 1mg 36,000
035-23633 1mg×5 照会

rDiscoidin I キイロタマホコリカビcDNA由来

製品概要

Discoidin I Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 045-33541(0.5mg), 041-33543(0.5mg×5)
結合糖鎖 αGalNAc(Tn antigen), Gal, GalNAc, LacNAc 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Dictyostelium discoideum タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Dictyostelium discoideum lectin (Discoidin I) 分子量(理論値) 28,461
製 法 N-アセチルグルコサミンアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

Discoidin I及びDiscoidin IIはキイロタマホコリカビ(Dictyostelium discoideum)によって産生されるレクチンで、N末端側にdiscoidinドメイン、C末端側にH-typeレクチンドメインを持ちます。

Discoidin I、Discoidin IIはそれぞれGal/GalNAcβ1-3Gal/GalNAC-及びGal/GalNAcβ1-4GlcNAcβ1-6Gal/GalNAc-の糖鎖を認識することが報告されています。

Discoidin Iはキイロタマホコリカビの凝集細胞に、Discoidin IIは子実体に発現することが報告されています。

rDiscoidin I References

1) Barondes, S. H. et al., J. Cell Biol., 100, 1825(1985).

 

rDiscoidin I 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
045-33541 freezeDiscoidin Iレクチン、組換え体、溶液 0.5mg 36,000
041-33543 0.5mg×5 照会

rDiscoidin II キイロタマホコリカビcDNA由来

製品概要

Discoidin II Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 042-33431(0.5mg)
結合糖鎖 Asialoglycans, LacNAc, Gal 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Dictyostelium discoideum タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Dictyostelium discoideum lectin (Discoidin II) 分子量(理論値) 28,575
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 Discoidin I及びDiscoidin IIはキイロタマホコリカビ(Dictyostelium discoideum)によって産生されるレクチンで、N末端側にdiscoidinドメイン、C末端側にH-typeレクチンドメインを持ちます。

 Discoidin I、Discoidin IIはそれぞれGal/GalNAcβ1-3Gal/GalNAC-及びGal/GalNAcβ1-4GlcNAcβ1-6Gal/GalNAc-の糖鎖を認識することが報告されています。

 Discoidin Iはキイロタマホコリカビの凝集細胞に、Discoidin IIは子実体に発現することが報告されています。

rDiscoidin II References

1) Mathieu, S. V., et al., J. Mol. Biol., 400(3), 540(2010).
2) Cooper, D. N. et al., J. Biol. Chem., 258(14), 8745(1983).

 

rDiscoidin II 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
042-33431 freezeDiscoidin IIレクチン、組換え体、溶液 0.5mg 36,000

rF17AG E. coli cDNA由来

製品概要

F17AG Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 062-06281(1mg), 068-06283(1mg×5)
結合糖鎖 GlcNAc 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 E. coli タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed E. coli lectin (F17AG) 分子量(理論値) 19,163
製 法 N-アセチルグルコサミンアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 F17AGは大腸菌の繊毛付着因子F17Gから見つけられたレクチンドメインの一つです。繊毛付着物質F17Gのバリアントaに由来します。GlcNAcを含む糖鎖を認識します。

 

rF17AG References

1) Lonardi, E. et al., Biology, 2, 894(2013).
2) Gerven, N. V. et al., Microbiol., 155, 468(2009).
3) Tanskanen, J. et al., J. Bacteriol., 183, 512(2001).

 

rF17AG 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
062-06281 freezeF17AGレクチン、組換え体、溶液 1mg 32,000
068-06283 1mg×5 照会

rGal1-S ヒトcDNA由来

製品概要

Gal1-S Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 072-06341(1mg), 078-06343(1mg×5)
結合糖鎖 branched LacNAc, Gal 組 成 PBS(pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Human タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed human galectin1-S(Gal1-S) 分子量(理論値) 14,716
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 βガラクトース含有物に結合性を示し、糖認識ドメインの一次構造のホモロジーが高いレクチンはガレクチンファミリーと分類され、動物・植物など様々な生物に分布しています。ガレクチンファミリーは構造上の特長により、糖認識ドメインを1つ持つ"プロト型"、糖認識ドメイン1つと糖認識に関与しない短鎖反復配列からなる"キメラ型"、2つの糖認識ドメインがリンカー配列で結合した"タンデムリピート型"の3つに分類されます。

 本品はガレクチンファミリーのプロト型に分類されます。

 

rGal1-S 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
072-06341 freezeGal1-Sレクチン、組換え体、溶液 1mg 24,000
078-06343 1mg×5 照会

rGal1(安定型) ヒトcDNA由来

製品概要

Gal1 Lectin, Stable Form, recombinant, Solution

コードNo. 070-06401(50μg)
結合糖鎖 branched LacNAc, Gal 組 成 PBS(-)溶液
cDNA由来生物 Human タンパク質濃度 25mg/ml (初回ロット値)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed human galectin1 (stable form) (Gal1) 分子量(理論値) 14,619
    保 存 -80℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 ガレクチン1はプロト型のガレクチンです。ガレクチン1は、酸化を受けて酸化型ガレクチン1となると、マクロファージ刺激を介して末梢神経再生を促進することが報告されています。

 本品は酸化を受けるシステインを異なるアミノ酸に置換したアミノ酸改変型ガレクチン1です。

 

rGal1(stable form) References

1) Kogawa, Y. et al., Clinical cosmetic. and Investigation Dentistry, 3, 1(2011).

 

rGal1(安定型) 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
070-06401 freezeGal1レクチン、安定型、組換え体、溶液 50μg 25,000

rGal2 ヒトcDNA由来

製品概要

Gal2 Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 073-06371(1mg)
結合糖鎖 GalNAcα1-3Gal (Blood Group A), branched LacNAc 組 成 PBS(pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Human タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed human galectin 2(Gal2) 分子量(理論値) 14,644
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 βガラクトース含有物に結合性を示し、糖認識ドメインの一次構造のホモロジーが高いレクチンはガレクチンファミリーと分類され、動物・植物など様々な生物に分布しています。ガレクチンファミリーは構造上の特長により、糖認識ドメインを1つ持つ"プロト型"、糖認識ドメイン1つと糖認識に関与しない短鎖反復配列からなる"キメラ型"、2つの糖認識ドメインがリンカー配列で結合した"タンデムリピート型"の3つに分類されます。

 本品はガレクチンファミリーのプロト型に分類されます。

 

rGal2 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
073-06371 freezeGal2レクチン、組換え体、溶液 1mg 48,000

rGal3C-S ヒトcDNA由来

製品概要

Gal3C-S Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 079-06351(1mg), 075-06353(1mg×5)
結合糖鎖 poly LacNAc, LacNAc, Gal 組 成 PBS(pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Human タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed human galectin 3C-S(Gal3C-S) 分子量(理論値) 16,165
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 βガラクトース含有物に結合性を示し、糖認識ドメインの一次構造のホモロジーが高いレクチンはガレクチンファミリーと分類され、動物・植物など様々な生物に分布しています。ガレクチンファミリーは構造上の特長により、糖認識ドメインを1つ持つ"プロト型"、糖認識ドメイン1つと糖認識に関与しない短鎖反復配列からなる"キメラ型"、2つの糖認識ドメインがリンカー配列で結合した"タンデムリピート型"の3つに分類されます。

 本品はヒト由来ガレクチン3のC末側ドメインを大腸菌で発現させた組換え体レクチンです。ガレクチン3はガレクチンファミリーのキメラ型に分類され、本品は短鎖反復配列を有しない糖認識ドメインのみとなります。

 

rGal3C-S 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
079-06351 freezeGal3C-Sレクチン、組換え体、溶液 1mg 30,000
075-06353 1mg×5 照会

rGal3(全長) ヒトcDNA由来

製品概要

Gal3 Lectin (Full-length), recombinant, Solution

コードNo. 077-06411(50μg)
結合糖鎖 poly LacNAc, Gal 組 成 PBS(-)溶液
cDNA由来生物 Human タンパク質濃度 1.4mg/ml (初回ロット値)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed human galectin3 (full-length)(Gal3) 分子量(理論値) 26,188
    保 存 -80℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 ガレクチン3はキメラ型のガレクチンです。C末端側に糖認識ドメイン、N末端側にPro, Gly, Tyrリッチな短鎖反復配列を持ち、生体内では短鎖反復配列部分でガレクチン3同士が凝集し、二量体を形成します。

 ガレクチン3は単球、マクロファージに対して走化性作用があり、多様な免疫応答誘発活性を持ちます。

 本品はこの糖認識ドメインと短鎖反復配列を持つ全長のガレクチン3です。

 

rGal3(全長) 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
077-06411 freezeGal3レクチン(全長)、組換え体、溶液 50μg 25,000

rGal7-S ヒトcDNA由来

製品概要

Gal7-S Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 076-06361(1mg), 072-06363(1mg×5)
結合糖鎖 Galβ1-3GlcNAc, Gal, LacNAc 組 成 PBS(pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Human タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed human galectin7-S(Gal7-S) 分子量(理論値) 15,075
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 βガラクトース含有物に結合性を示し、糖認識ドメインの一次構造のホモロジーが高いレクチンはガレクチンファミリーと分類され、動物・植物など様々な生物に分布しています。ガレクチンファミリーは構造上の特長により、糖認識ドメインを1つ持つ"プロト型"、糖認識ドメイン1つと糖認識に関与しない短鎖反復配列からなる"キメラ型"、2つの糖認識ドメインがリンカー配列で結合した"タンデムリピート型"の3つに分類されます。

 本品はガレクチンファミリーのプロト型に分類されます。

 

rGal7-S References

1) Kuwabara, I. et al., J. Biol. Chem., 277(5), 3487(2002).

 

rGal7-S 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
076-06361 freezeGal7-Sレクチン、組換え体、溶液 1mg 28,000
072-06363 1mg×5 照会

rGal9(安定型) ヒトcDNA由来

製品概要

Gal9 Lectin, Stable Form, recombinant, Solution

コードNo. 074-06421(50μg)
結合糖鎖 poly LacNAc, GalNAcα1-3Gal (Blood Group A) 組 成 PBS(-)溶液
cDNA由来生物 Human タンパク質濃度 0.3mg/ml (初回ロット値)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed human galectin 9 (stable form)(Gal9) 分子量(理論値) 33,145
    保 存 -80℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 ガレクチン9はタンデムリピート型のガレクチンで、2つの糖認識ドメインがリンカー配列によって結合した構造を持ちます。リンカー配列のアミノ酸残基数によって、3つのサブタイプが報告されています。

 ガレクチン9はガレクチンファミリーの中で唯一好酸球遊走活性を持ちます。また膜タンパク質受容体Tim-3のリガンドとしての役割を持ち、Tim-3陽性細胞の細胞死を誘導します。このほかにも活性化T細胞のアポトーシス誘導やがんの転移に関わりがあり、樹状細胞成熟化に作用する特徴的な性質を持ちます。

 天然のガレクチン9は、リンカー部位がプロテアーゼの作用を受けやすく、非常に不安定なことが知られています。本品はリンカー部位の遺伝子改変により、糖認識ドメインを保持し、かつ安定性を高めたガレクチン9です。

 

rGal9(stable form) References

1) Yamauchi, A. et al., Jpn. J. Clin. Immunol., 28(6), 381(2005).
2) Hattori, Y. et al., Jpn. J. Veterinary Research, 61, 5(2013).
3) Niki, T. et al., J. Biol. Chem., 284(47), 32344(2009).
4) Arikawa, T. et al., Bone, 44, 849(2009).
5) Pielage, J. F. et al., Int. J. Biochem. & Cell Biology, 39, 1886(2007).

 

rGal9,安定型 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
074-06421 freezeGal9レクチン、安定型、組換え体、溶液 50μg 25,000

rGRFT 紅藻cDNA由来

製品概要

GRFT Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 070-06381(1mg), 076-06383(1mg×5)
結合糖鎖 High-mannose 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Griffithia sp. タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Griffithia sp. lectin (GRFT)

分子量(理論値)

12,822
製 法 マンノースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 GRFT(Griffithia sp. lectin )は、紅藻Griffithia sp.)由来のレクチンです。 GRFTレクチンはウイルスの宿主への感染を阻害する作用が報告されています。

rGRFT References

1) Xue, J. et al., Antimicrobial Agents Chemotherapy, 57(8), 3976(2013).

 

rGRFT 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
070-06381 freezeGRFTレクチン、組換え体、溶液 1mg 24,000
076-06383 1mg×5 照会

rLSL-N アイカワタケ/マスタケcDNA由来

製品概要

LSL-N Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 127-06361(1mg), 123-06363(1mg×5)
結合糖鎖 LacNAc, Poly-LacNAc 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Laetiporus sulphureus タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Laetiporus sulphureus lectin (LSL-N)

分子量(理論値)

17,048
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 LSL-N(Laetiporus sulphureus lectin N-terminal domain)は、溶血活性、赤血球凝集活性を持つアイカワタケ/マスタケ(Laetiporus sulphureus)由来タンパク質のレクチン活性を持つN末端側ドメインです。C末端側ドメインは孔形成ドメインであることが知られています。ガラクトース関連糖鎖を認識します。

rLSL-N References

1) Mancheno, J. M. et al., J. Biol. Chem., 280, 17251(2005).

 

rLSL-N 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
127-06361 freezeLSL-Nレクチン、組換え体、溶液 1mg 32,000
123-06363 1mg×5 照会

rMalectin ヒトcDNA由来

製品概要

Malectin, recombinant, Solution

コードNo. 136-18221(1mg),132-18223(1mg×5)
結合糖鎖 Glc2-N-biose 組 成 PBS(pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Human タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed human malectin (Malectin) 分子量(理論値) 21,155
製 法 マルトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 マレクチンは生体内では小胞体に局在しているレクチンで、タンパク質の品質管理に関与する事が報告されています。

 

rMalectin References

1) Schallus, T. et al., Mol. Biol. Cell, 19, 3404(2008).
2) Qin, S. et al., J. Biol. Chem. 287, 38080(2012).
3) Chen, Y. et al., Mol. Biol. Cell, 22, 3559(2011).

 

rMalectin 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
136-18221 freezeMalectinレクチン、組換え体、溶液 1mg 28,000
132-18223 1mg×5 照会

rMOA シバフタケcDNA由来

製品概要

MOA Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 137-18011(1mg),133-18013(1mg×5)
結合糖鎖 Galα1-3[Fucα1-2]Galβ1-4GlcNAc (Blood Group B), Galα1-3Gal, Galα1-3Galβ1-4GlcNAc 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Marasmius oreades タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Marasmius oreades lectin (MOA) 分子量(理論値) 32,300
製 法 メリビオースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 MOA(Marasmius oreades agglutinin)はシバフタケ(Marasmius oreades)が産生するレクチンで、ヒトBlood Group B(Galα1-3[Fucα1-2]Galβ1-4GlcNAc)を含めて非還元末端にGalα1-3Gal/GalNAc構造を持つ糖鎖を認識します。

rMOA References

1) Tateno, H. and Goldstein, I. J., Arch. Biochem. Biophys., 427, 101(2004).
2) Rempel, B. P. et al., Glycoconj. J., 19, 175(2002).
3) Grahn, E. M. et al., J. Mol. Biol., 390(3), 457(2009).
4) Wohlschlager, T. et al., J. Biol. Chem., 286(35), 30337(2011).
5) Winter, H. C. et al., J. Biol. Chem., 277, 14996(2002).

 

rMOA 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
137-18011 freezeMOAレクチン、組換え体、溶液 1mg 30,000
133-18013 1mg×5 照会

rOrysata イネcDNA由来

製品概要

Orysata Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 159-03281(1mg), 155-03283(1mg×5)
結合糖鎖 High-mannose 組 成 PBS(pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Oryza sative タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Oryza sative lectin (Orysata) 分子量(理論値) 15,202
製 法 マンノースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 Orysataレクチンはイネ(Oryza sative)由来のレクチンです。Orysataレクチンはある種のストレス環境に晒されたイネで発現することが知られています。

 

rOrysata References

1) Atalah, B. A. et al., FEBS, 278, 2064(2011).
2) Xiang, Y. et al., J. Exp. Bot., 62(15), 5471(2011).

 

rOrysata 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
159-03281 freezeOrysataレクチン、組換え体、溶液 1mg 24,000
155-03283 1mg×5 照会

rPA-IL 緑濃菌cDNA由来

製品概要

PA-IL Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 167-26721(1mg),163-26723(1mg×5)
結合糖鎖 Galα1-3/4Gal 組 成 PBS(pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Pseudomonas aeruginosa タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Pseudomonas aeruginosa lectin (PA-IL)

分子量(理論値)

12,893
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 PA-IL(Pseudomonas aeruginosa lectin)は緑濃菌由来のレクチンの一つです。 Pseudomonas aeruginosaはPA-ILとPA-IIL、2種類のレクチンを産生し、それぞれGalα1-3/4Gal、Fucose・Mannoseを認識します。 カルシウム要求性があります。

rPA-IL References

1) Gilboa-Garber, N., Methods Enzymol., 83, 378(1982).
2) Gilboa-Garber, N. et al., Glycoconj. J., 11, 414(1994).
3) Avichezer, D. et al., Biochim. Biophys. Acta., 1218, 11(1994).
4) Avichezer, D. et al., J. Biol. Chem., 267, 23023(1992).
5) Winzer, K. et al., J. Bacteriol., 182(22), 6401(2000).

 

rPA-IL 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
167-26721 freezePA-ILレクチン、組換え体、溶液 1mg 24,000
163-26723 1mg×5 照会

rPA-IIL 緑濃菌cDNA由来

製品概要

PA-IIL Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 160-26711(1mg), 166-26713(1mg×5)
結合糖鎖 Fucose, Fucose containing oligosaccharides, Mannose 組 成 PBS(pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Pseudomonas aeruginosa タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Pseudomonas aeruginosa lectin (PA-IIL)

分子量(理論値)

11,847
製 法 マンノースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 PA-IIL(Pseudomonas aeruginosa lectin)は緑濃菌由来のレクチンの一つです。Pseudomonas aeruginosaはPA-ILとPA-IIL、2種類のレクチンを産生し、それぞれGalα1-3/4Gal、Fucose・Mannoseを認識します。 カルシウム要求性があります。

rPA-IIL References

1) Gilboa-Garber, N., Methods Enzymol., 83, 378(1982).
2) Gilboa-Garber, N. et al., Glycoconj. J., 11, 414(1994).
3) Gilboa-Garber, N. et al., FEMS Immunol. Med. Microbiol., 29, 53(2000).
4) Gilboa-Garber, N. and Mizrahi, L., Microbios., 26, 31(1979).
5) Nurisso, A. et al., J. Biol. Chem., 285, 20316(2010).
6) Adam, J. et al., BMC Structural Biology, 7, 36(2007).

 

rPA-IIL 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
160-26711 freezePA-IILレクチン、組換え体、溶液 1mg 24,000
166-26713 1mg×5 照会

rPALa ダイオウウラボシcDNA由来

製品概要

PALa Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 164-26731(1mg),160-26733(1mg×5)
結合糖鎖 High-mannose 組 成 PBS(pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Phlebodium aureum タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Phlebodium aureum lectin (PALa)

分子量(理論値)

14,985
製 法 マンノースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 PALa(Phlebodium aureum lectin)はダイオウウラボシ由来のレクチンの一つです。

rPALa References

1) Tateno, H. et al., J. Biol. Chem., 278, 10891(2003).

 

rPALa 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
164-26731 freezePALaレクチン、組換え体、溶液 1mg 30,000
160-26733 1mg×5 照会

rPPL スギヒラタケcDNA由来

製品概要

PPL Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 168-26751(0.5mg)
結合糖鎖 α/βGalNAc 組 成 PBS(pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Pleurocybella porrigens タンパク質濃度 0.6〜0.9mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Pleurocybella porrigens lectin (PPL)

分子量(理論値)

14,334
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 PPL(Pleurocybella porrigens lectin)はスギヒラタケ由来のレクチンの一つです。 4量体を形成し、様々な形のGalNAcに結合活性を示し、またムチン型糖鎖によって結合阻害されます。

rPPL References

1) Suzuki, T. et al., Biosci. Biotechnol. Biochem., 73(3), 702(2009).

 

rPPL 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
168-26751 freezePPLレクチン、組換え体、溶液 0.5mg 62,000

rPSL1a アミヒラタケcDNA由来

製品概要

PSL1a Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 161-26741(0.5mg), 167-26743(0.5mg×5)
結合糖鎖 α2-6 Sialic Acid 組 成 PBS溶液
cDNA由来生物 Polyporus squamosus タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Polyporus squamosus lectin (PSL1a)

分子量(理論値)

31,191
製 法 ラクトースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 PSL1a(Polyporus squamosus lectin)はアミヒラタケ由来のレクチンの一つです。

rPSL1a References

1) Tateno, H. et al., Biochem. J., 382, 667(2004).
2) Mo, H. et al., J. Biol. Chem., 275, 10623(2000).
3) Zhang, B. et al., Glycobiology, 11, 141(2001).
4) Kadirvelraj, R. et al., Glycobiology, 21, 973(2011).
5) Harry, H. M. et al., J. Biol. Chem., 275, 10623(2000).

 

rPSL1a 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
161-26741 freezePSL1aレクチン、組換え体、溶液 0.5mg 近日発売
167-26743 1mg×5 照会

rRS-Fuc 青枯病菌cDNA由来

製品概要

RS-Fuc Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 183-03101(1mg),189-03103(1mg×5)
結合糖鎖 Fucose 組 成 PBS溶液
cDNA由来生物 Ralstonia solanacearum タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Ralstonia solanacearum lectin (RS-Fuc)

分子量(理論値)

9,874
製 法 フコースアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 RS-Fuc(Ralstonia solanacearum lectin)は青枯病菌由来のレクチンの一つです。 青枯病菌(Ralstonia solanacearum)はRS-FucとRS-Man[RS-IIL, RSLなどとも呼ばれる]の2つのタイプのレクチンを産生します。RS-Fucはフコース認識性があり、金属(Ca)要求性はなく、RS-Manはマンノースとフコース認識性があり、金属(Ca)要求性があります。

rRS-Fuc References

1) Kostlanove, N. et al., J. Biol. Chem., 280, 27839(2005).
2) Sudakevitz, D. et al., J. Biochem., 132, 353(2002).
3) Sudakevitz, D. et al., Mol. Microbiol., 52, 691(2004).

 

rRS-Fuc 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
183-03101 freezeRS-Fucレクチン、組換え体、溶液 1mg 24,000
189-03103 1mg×5 照会

rSRL 白絹病菌cDNA由来

製品概要

SRL Lectin, recombinant, Solution

コードNo. 199-17271(1mg),195-17273(1mg×5)
結合糖鎖 Galβ1-3GalNAc (T antigen)、Galβ1-3GlcNAc (Lacto-N-biose) 組 成 PBS (pH 7.4)溶液
cDNA由来生物 Sclerotium rolfsii タンパク質濃度 1.2〜1.8mg/ml (BCA Assay)
※ タンパク質濃度はロットによって変わる場合があります。
起 源 E. coli expressed Sclerotium rolfsii lectin (SRL) 分子量(理論値) 16,176
製 法 N-アセチルグルコサミンアガロースによるアフィニティー精製。 保 存 -20℃。
融解後は2〜10℃で保存し、凍結融解は避けてください。

 SRL(Sclerotium rolfsii lectin)は白絹病菌(Sclerotium rolfsii)が産生するレクチンです。特に悪性腫瘍マーカーであるThomsen-Friedenreich抗原(Galβ1-3GalNAcα-O-Ser/Thr,TF抗原)検出レクチンとして知られており、またヒトのがん由来細胞株においてアポトーシスを誘導して細胞増殖を阻害する生理作用が報告されています。

rSRL SDS-PAGE

rSRL SDS-PAGE

 

rSRL 容量・価格

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
199-17271 freezeSRLレクチン、組換え体、溶液 1mg 30,000
195-17273 1mg×5 照会

【関連製品】  

FITC標識済みrBC2LCN(AiLecS1)

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)

180-02991

186-02993

freeze rBC2LCN-FITC 【AiLecS1-FITC】

100μL

100μL×5

20,000

80,000

天然型レクチン

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)

037-08771

033-08773

031-08774

freeze Concanavalin A 【Con A】

100mg

250mg

1g

9,200

18,000

62,000

047-23231 freezeDatura Lectin, Lyophilized 【DSA】 5mg 17,800
047-23731 freezeDolichos Biflorus Lectin, Peroxidase Labeled 【DBA】 1mg 21,000
139-10891 freezeMaakia Amurensis Lectin, Lyophilized 【MAM】 2mg 10,500
165-15031 freezePeanut Lectin, Lyophilized 【PNA】 5mg 6,900
164-15241 freezePhytohemagglutinin-E4, Lyophilized 【PHA-E4】 5mg 13,000
168-15261 freezePhytohemagglutinin-L4 【PHA-L4】 5mg 15,700
161-15251 freezePhytohemagglutinin-P 【PHA-P】 50mg 9,400
197-10371 freezeSambucus Sieboldiana Lectin, Lyophilized 【SSA】 5mg 18,900
198-09931 freezeSoybean Lectin, Lyophilized 5mg 8,800
126-02811 refWheat Germ Lectin 【WGA】 10mg 13,000
382-02491 refFuji anti-H Lectin [富士化学株式会社] 5ml 8,100

和光純薬工業(株)では、レクチンの安定供給を目指し、組換え体レクチンの開発に取り組んでおります。現在、50種類程度の組換えレクチンをラインアップ予定です。
商品化に関するご要望などございましたら弊社までお問い合わせください。

 

refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。
tokuteidoku・・・特定毒物   doku1 doku2・・・毒物   geki1 geki2 geki3・・・劇物   kashin1・・・化審法 第一種特定化学物質   kashin2・・・化審法 第二種特定化学物質
dokuyaku・・・毒薬   gekiyaku・・・劇薬   kahei1・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   kahei2・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
kouseishinnyaku・・・向精神薬   tokumagenn・・・特定麻薬向精神薬原料   cartagena・・・カルタヘナ

*掲載内容は、2014年11月時点での情報です。上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  Recombinant Lectins
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  タンパク質検出  >  Recombinant Lectins

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806