和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

SM試薬はヒト精液中に多量存在する前立腺に由来する酸性ホスファターゼ検出試薬として、精液の証明に広く用いられています。本試薬は検体に直接滴下する直接呈色反応法、試薬を噴霧する噴霧法、さらに本試薬をクロマト用ろ紙に浸して作製したテストペーパーとして随時使用できる簡易、迅速な精液の検出法として利用できます。


リンク関係


キット内容

SM試薬 No.1 (α-Naphthylphosphoric acid ) 1g
SM試薬 No.2 (Diazonium o-dianisidine) 2g

使用方法

SM試液の調製

  1. 100mLの0.2mol/L くえん酸緩衝液(pH 5.0)にSM試薬No.1を0.2g、No.2を0.4g、室温で攪拌しながら溶解します。
  2. 30分間冷暗室に放置後、沈殿物をろ過して、得られた琥珀色の溶液を遮光瓶に入れ冷蔵庫内に保存します(SM試液)。

注) このSM試液は、沈殿が生じてもろ過すれば1週間使用できます。しかし、熱や光に不安定であるため、必要量を用時調製することをお薦めします。

検出方法

1.直接呈色反応法

検体(布地の斑痕などは繊維一本を使用)を硫酸パラフィン紙または白色磁製皿に載せ、SM試液を1滴滴下すると反応陽性の場合は直ちに鮮やかな紫色に呈色します。
検体が体液など液体の場合は小試験管に少量採り少量の0.2mol/Lくえん酸緩衝液(pH 5.0)で希釈し、本試液を滴下して呈色反応を観察します。
いずれの場合も対照試験と比較して判定します。

2.噴霧法
0.2mol/Lくえん酸緩衝液(pH 5.0)で5倍に希釈したSM試液をガラス噴霧瓶に入れ、検体(白布地の場合)に噴霧すると精液斑であれば付着部位全体が紫色を呈します。本試液は用時調製して使用します。
3.テストペーパー法
テストペーパーの作製法:
SM試液にろ紙を浸して直ちに過剰の試液を吸い取らせ、暗室内で風乾し、適当な大きさに切ります。これを着色瓶にいれて冷蔵庫内に保存すれば3週間は使用可能です。
精液の証明法:
検体が布地であれば繊維1本を採取し、テストペーパーに載せ、0.2mol/Lくえん酸緩衝液(pH 5.0)を1滴滴下して検体をはさみます。陽性の場合は検体付着箇所のテストペーパーは直ちに紫色を呈します。体液または体表面に付着した検体の場合はあらかじめ0.2mol/Lくえん酸緩衝液(pH 5.0)で湿らせたテストペーパーの使用をお薦めします。


コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格はこちら
297-58201 危険物 refrigerator SM Reagent 法医学研究用 500mL用

参考文献

  1. 須山弘文:ヒト精液に関する研究 特に法医学的検査法を中心として,日法医誌,18(3) ,166 (1964) .
  2. 澤田英夫、臼井弘行他:直接呈色反応による精液斑検査について,科学と捜査,12(1) ,55 (1959) .
  3. 須山弘文、澤田英夫他:噴霧法による精液の直接検出法について,科学警察研究所報告,12(4) ,473 (1959) .
  4. 須山弘文、澤田英夫他:テストペーパー法による精液の酸性ホスファターゼの証明について,科学警察研究所報告,12(4) ,473 (1959) .

関連製品

ルミノール反応用試薬セット

詳しい製品情報はこちら

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格はこちら
124-06511 劇物3 refrigerator Luminol Reaction Reagent Set 生化学用 3g×5包

1包あたり500mLのルミノール反応用溶液が調製できます。



ロイコマラカイトグリーン反応による血液判別用試薬

詳しい製品情報はこちら

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格はこちら
126-06711 危険物 Leucomalachite Green Reaction Reagent[S leuco] 法医学研究用 100本


指紋検出用試薬O-(3,5,5-トリメチル-1-ヘキシル)ニンヒドリン

本試薬は、感熱紙のバックグラウンドを上げることなくタンパク質に反応するため、感熱切符の潜在指紋検出に適した試薬です。


コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格はこちら
200-11971 refrigerator O-(3,5,5-Trimethyl-1-hexyl)ninhydrin 指紋検出用 1g

refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。
特定毒物・・・特定毒物   毒物1 毒物2・・・毒物   劇物1 劇物2 劇物3・・・劇物   毒薬・・・毒薬   劇薬・・・劇薬   危険物・・・危険物   向精神薬・・・向精神薬
特定麻薬向精神薬原料・・・特定麻薬向精神薬原料   化審法 第一種特定化学物質・・・化審法 第一種特定化学物質   化審法 第二種特定化学物質・・・化審法 第二種特定化学物質
化学兵器禁止法 第一種指定物質・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   化学兵器禁止法 第二種指定物質・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
カルタヘナ・・・カルタヘナ   覚せい剤取締法・・・覚せい剤取締法   国民保護法・・・国民保護法

*上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。


和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806