富士フイルム試薬 [Laboratory Chemicals]試薬 [Laboratory Chemicals]
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  ヤマサ醤油 ラット/マウス SP-D キット「ヤマサ」EIA


ヤマサ醤油 ラット/マウス SP-D キット「ヤマサ」EIA

本製品はラット・マウス SP-D を高感度に測定できるキットです。96穴マイクロプレートを用いた EIA 法を原理としており、血清および気管支肺胞洗浄液中の SP-D を容易に測定できます。
本製品を用いた、ブレオマイシン投与ラットでの検討では、肺障害の病理所見と血清 SP-D 値変動が一致していました。


リンク関係


はじめに

サーファクタントプロテインD (SP-D) は肺胞U型上皮細胞で産生されるC型レクチンのコレクチンサブグループに属する分子量43kDaのコラーゲン様構造を持つ糖蛋白質です。ヒト血清SP-D が間質性肺炎患者で高値を示し、間質性肺炎の診断用マーカーとして有用であることが明らかになっています。

ヤマサ醤油ではヒト SP-D 測定キットである SP-Dキット「ヤマサ」EIAUを開発、製造販売しており、臨床検査の場で広く利用されています。

ヤマサ醤油では更に、ラットSP-D測定系についても研究を行い、モノクローナル抗ラットSP-D抗体によるラットSP-D測定ELISAを開発いたしました1)。本ELISAによりラット血清中SP-Dを高感度で測定が可能となりました。
また、ELISAに用いている抗体はマウス SP-D にも反応するためマウス SP-D の測定も可能でした。本 ELISA を用いてブレオマイシン誘導肺線維症ラットおよびマウスの血清 SP-D 濃度変動について検討した結果、肺傷害をおこした場合血清 SP-D 値が高値となることが明らかとなりました2)
本ELISAをキット化して製品としたのが、ラット/マウスSP-Dキット「ヤマサ」EIAです。

SP-D の生体内での機能を解明するためには、動物実験が不可欠です。高感度にラット/マウス SP-D を測定できる本製品は、SP-D 研究に有用です。また、ブレオマイシン誘導肺線維症ラット/マウスで検討結果から、SP-D が肺の障害をモニタリングできる血清マーカーとして利用できる可能性が示唆されており、本製品が各種動物実験での肺傷害検出に有用となる可能性があります。

特長

  • ラットSP-Dを0.47〜30ng/mLの範囲で測定可能です。
  • 測定に必要な反応時間は一次反応2時間、二次反応1時間、発色反応20分です。
  • ラットSP-DおよびマウスSP-Dが測定可能です。※1
  • ラット、マウスの血清および気管支肺胞洗浄液中のSP-D測定が可能です。※2

※1:マウスSP-D濃度についてはラットSP-D当量での表示となります。詳しくは「測定上の注意」の(1)をご参照下さい。

※2:試料によって希釈率が異なります。詳しくは「測定上の注意」の(2)をご参照下さい。

製品内容

●構成品
@ 抗体固相プレート 96穴マイクロプレート 1枚
A SP-D 標準液1(SP-D 濃度 0.47ng/mL) 0.5mL 1バイアル
B SP-D 標準液2(SP-D 濃度 1.88ng/mL) 0.5mL 1バイアル
C SP-D 標準液3(SP-D 濃度 7.5ng/mL) 0.5mL 1バイアル
D SP-D 標準液4(SP-D濃度 30ng/mL) 0.5mL 1バイアル
E 希釈液 50mL 1バイアル
F 洗浄原液 50mL 1バイアル
G 酵素標識抗体 0.15mL 1バイアル
H 酵素標識抗体希釈液 15mL 1バイアル
I 発色液 A 0.5mL 1バイアル
J 発色液 B 11mL 1バイアル
K 反応停止液 11mL 1バイアル

●貯蔵方法 2〜8度

●使用期限 製造日から24ヶ月

測定方法

【概要】

【標準曲線例】


【測定上の注意】

(1) 本製品に添付されている標準液はラット SP-D です。そのため、マウス検体を測定した場合、結果はラット SP-D 当量として算出されます。
(2) 試料は添付の希釈液にて希釈してから測定して下さい。ラット血清は 50 倍、マウス血清は 10 倍希釈、気管支肺胞洗浄液は 100 倍希釈が目安です。
  測定範囲以上の濃度を示す試料ついては、適宜希釈して下さい。

ブレオマイシン投与ラットを用いた検討結果

【血清・気管支肺胞洗浄液中SP-D 濃度の変動】

Wister Rat (8 齢週、♂) にブレオマイシン塩酸塩を 1mg/kg 気管内投与し、1、3、5、7、10、14、21、28 日後の血清および気管支肺胞洗浄液(BALF) を採取しました。本製品を用いて試料中 SP-D 濃度を測定したところ*、BALF SP-D は 1 日後から上昇し、3 日後にピーク(2815ng/mL) となりました。

血清 SP-D 値は、5 日後から上昇し、10 日後にピーク(326ng/mL) となりました。コントロール群では、BALF、血清 SP-D ともほとんど変動は見られませんでした。同時に測定を行った血清アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST) および血清 C 反応性タンパク(CRP) では、コントロールとブレオマイシン投与群との間に差は認められませんでした。

【肺組織病理所見とSP-D 値変動の比較】

ブレオマイシン投与、1、3、5、7、10、14、21、28 日後に採取した肺組織切片で HE 染色を行いました。BALF SP-D 値が上昇した 3 日後から広範に炎症細胞浸潤と肺胞壁の浮腫・肥厚が認められました。血清 SP-D がピークとなった 10 日後では、炎症細胞浸潤が最も高度となり、肺胞虚脱を伴っていました。血清 SP-D および BALF SP-D が低下した 28 日後では、炎症細胞浸潤と肺胞虚脱は改善していましたが、肺胞壁が僅かに線維性肥厚を示していました。

以上のように、血清および BALF 中の SP-D 値の変動は, 数日のタイムラグを伴って病理所見上の炎症性変化と一致していることが確認されました。

<注意>
本データは、すべてヤマサ醤油にて行われた検討で得られたものです。
記載しております方法・測定結果がラットでの検討方法・結果の基準を示すものではありません。
あくまでも検討結果の一例としてご参照ください。

参考文献

1) Murata M et al. (2010). Exp Lung Res. 36(8). 463-468.
2) 村田 誠 他 : J Toxicol Sci. Vol. 35:Supplement P.S 208
3) Murata M et al. (2016). Exp Lung Res. 42(6). 314-321.

価格表

コードNo. メーカーコード 品 名 容 量 希望納入価格(円)
633-41491 80072 ラット/マウス SP-D キット「ヤマサ」EIA 96テスト 120,000

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  ラット/マウス SP-D キット「ヤマサ」EIA

富士フイルム和光純薬工業

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: ffwk-labchem-tec@fujifilm.com URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806