和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  Stemsure® hPSC凍結保存溶液,AF

ヒトiPS細胞の凍結保存に
StemSure® hPSC凍結保存溶液, AF

StemSure®hPSC凍結保存溶液, AFは、アニマルフリータイプのヒトiPS細胞用凍結保存溶液です。本品は、DMSOを含んでいます。


リンク関係


特長

    特長
  • ヒトiPS細胞高い細胞生存率で凍結保存可能

  • 動物由来成分不含

  • 緩慢凍結保存法により凍結保存可能

  • フィーダーフリー培養した細胞に使用可能

  • 面倒な試薬の調製が不要

  • プログラムフリーザー不要

StemSure® hPSC凍結保存溶液, AF

ヒトiPS細胞凍結保存プロトコール


 
  1. ヒトiPS細胞を培養中のディッシュより培養液を除去し、D-PBS(-)で洗浄後、Accutaseなどで細胞を剥がす
  2. 10µmol/l Y-27632を含むヒトiPS細胞用培地(hPSC培地(+ROCKi))を加え、ピペッティングでシングルセルに分散する
  3. 分散した細胞懸濁液をチューブに移し、遠心(1,000rpm、3分、室温)後、上清を除去する
  4. hPSC培地(+ROCKi)を加え、ピペッティングで懸濁する
  5. 細胞数をカウントし、チューブを遠心(1,000rpm、3分、室温)後、上清を除去する
  6. 2×106cells/mlとなるように本品で懸濁し、500µl/バイアルで分注する
  7. -80℃で凍結し、-150℃あるいは-80℃で保存する(長期保存時は-150℃保存を推奨します)

 
  1. 凍結していたバイアルにhPSC培地(+ROCKi)を加え、凍結細胞を融解する
    (温浴を用いて凍結細胞を融解する場合、完全に融解させず氷が残っている状態に留めること)
  2. 遠心(1,000rpm、3分、室温)後、上清を除去し、hPSC培地(+ROCKi)を加え、懸濁する
  3. 細胞数をカウントし、2×105cells/6cm dishで播種する

ヒトiPS細胞201B7株の凍結保存

細胞生存率・細胞増殖率の確認
培養中のヒトiPS細胞201B7株をシングルセルに分散した後、StemSure® hPSC凍結保存溶液, AFに懸濁し、-80℃で2〜4日間凍結保存した。
凍結融解後の細胞生存率と細胞増殖率を確認した。また、凍結融解を5回繰り返した後、細胞・コロニー形態と各種未分化マーカー(Oct3/4、Nanog、BC2LCN)の発現を確認した。

StemSure® hPSC凍結保存溶液, AFを用いて凍結保存したヒトiPS細胞は高い細胞生存率と細胞増殖率を示した。
また各種未分化マーカーの発現を確認した。

細胞・コロニー形態の確認

細胞・コロニー形態の確認

細胞生存率・細胞増殖率の確認


細胞生存率・細胞増殖率の確認

ヒトiPS細胞凍結保存プロトコール

StemSure® hPSC凍結保存溶液, AFで5回凍結再融解をしたヒトiPS細胞201B7株を用い、胚葉体を形成し、三胚葉に分化することをβV-Tubulin,α-SMA,AFPの発現で確認した。

(胚葉体形成、三胚葉分化誘導時の培地組成)
Stemsure D-MEM+SSR+2mol/L L-Glutamine+10mmol/L2-Mercaptoethanol +1×Non-essential Amino Acids Solution

ヒトiPS細胞凍結保存プロトコール


製品情報

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
197-17831 refrigerator StemSure® hPSC凍結保存溶液, AF 細胞培養用 100ml 16,000

試験項目:外観、実用試験(ヒトiPS細胞201B7株)、無菌試験、エンドトキシン、マイコプラズマ試験


StemSure® hPSC 凍結保存溶液, AFサンプル申し込みはこちらから(Googleサイトに移動します)



関連製品(凍結保存溶液シリーズ

StemSure® 凍結保存溶液

マウスES細胞・ヒトiPS細胞の凍結保存に使用できる無血清の細胞凍結保存溶液です。プログラムフリーザーを用いず、緩慢凍結法で細胞を凍結保存できます。本品は、DMSO および BSAを含んでいます。

マウスES細胞凍結保存プロトコール


 
  1. 細胞をチューブに収集する
  2. 遠心し、上清を除去する
  3. チューブに本品を添加し、懸濁する
  4. 懸濁液を保存用チューブに分注する
  5. 保存用チューブを-80℃で一晩凍結させる
  6. -150℃、あるいは-80℃で保存する

 
  1. 凍結保存しておいたチューブを37℃の温浴槽で融解させる
  2. 培養に使用する培養用培地に懸濁する
  3. 遠心し、上清を除去後、培養用培地で懸濁する
  4. 培養容器に播種する

※ヒトiPS細胞の凍結保存プロトコールはStemSure® hPSC凍結保存溶液, AFと同様です。
ただし、解凍時に温浴は使用できません。


マウスES細胞D3株の凍結保存

細胞生存率・コロニー形成率の確認

<凍結保存>
① 1〜2×106cells を本品1mlに懸濁し、
保存用チューブに分注。
② -80℃で1日間凍結保存後、-150℃で
30ヶ月間あるいは-80℃で24ヶ月間凍結保存。
<融解>
③ 37℃の温浴槽で融解後、培養用培地で懸濁、
遠心後、上清を除去。
④ 培養用培地で懸濁後、
培養容器に播種し、培養。
<細胞播種数>
500cells/well(コラーゲンコート6穴プレート)
<培養期間>
10日間

コロニー形態・未分化マーカーの確認
本品を用いてマウスES細胞D3株の凍結融解を4回繰り返した後、細胞形態、ALP染色、各種未分化マーカーの発現を確認した。

StemSure®凍結保存溶液を用いて凍結したマウスES細胞 は長期間高い細胞生存率を示した。
また各種未分化マーカーの発現を確認した。

製品情報

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
195-16031 freeze StemSure® 凍結保存溶液 細胞培養用 100ml 12,000

試験項目:外観、実用試験(マウスES細胞D3株)、無菌試験、エンドトキシン、マイコプラズマ試験



関連製品(凍結保存溶液シリーズ)

CultureSure® 凍結保存溶液

汎用動物細胞の凍結保存に適した無血清の細胞凍結保存溶液です。緩慢凍結法を用いて高い生存率で細胞を凍結保存できます。本品は、DMSO および BSAを含んでいます。

汎用動物細胞凍結保存プロトコール


 
  1. 細胞をチューブに収集する
  2. 遠心し、上清を除去する
  3. チューブに本品を添加し、懸濁後、保存用チューブに分注する
  4. 保存用チューブを-80℃で一晩凍結させる
  5. -150℃、あるいは-80℃で保存する

 
  1. 凍結保存しておいたチューブを37℃の温浴槽で融解させる
  2. 培養に使用する培養用培地で懸濁する
  3. 遠心し、上清を除去後、培養用培地で懸濁する
  4. 培養容器に播種する

汎用動物細胞の凍結保存

細胞生存率の確認

製品情報

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
039-23511 refrigerator CultureSure® 凍結保存溶液 細胞培養用 100ml 8,000

試験項目:外観、無菌試験、エンドトキシン、マイコプラズマ試験




refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。
tokuteidoku・・・特定毒物   doku1 doku2・・・毒物   geki1 geki2 geki3・・・劇物   dokuyaku・・・毒薬   gekiyaku・・・劇薬   kiken・・・危険物   kouseishinnyaku・・・向精神薬
kashin1・・・化審法 第一種特定化学物質   kashin2・・・化審法 第二種特定化学物質
kahei1・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   kahei2・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
tokumagenn・・・特定麻薬向精神薬原料   dokuso・・・国民保護法   kakuseizai・・・覚せい剤取締法   cartagena・・・カルタヘナ   dai・・・・ダイオキシン類

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  Stemsure® hPSC凍結保存溶液,AF

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806