和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  StemSure® Serum Replacement

ES細胞・iPS細胞培養用血清代替品
StemSure® Serum Replacement Update!!

イメージ 本品はES細胞やiPS細胞の培養に使用される血清代替品です。血清には分化誘導因子が含まれています。ES細胞やiPS細胞の未分化能を維持しながら培養するために、血清を使用せずに本品のような血清代替品が使用されます。本品を使用することでES細胞やiPS細胞を安定して培養することができます。
 また、本品は毒劇物に該当しないため、普通物として取り扱うことができます。
 本品を用いて調製した培地で培養したマウスES細胞を用いてキメラマウスを作製できること、及びジャームライントランスミッションを確認しました。



特長

  • キメラマウス作製ジャームライントランスミッション確認。
  • マウスES細胞・ヒトiPS細胞培養時に血清の代替品として使用できることを確認。
  • 毒劇物非該当品

試験項目

  • コロニー形成試験(マウスES細胞D3株を使用)
  • アルカリホスファターゼ試験(マウスES細胞D3株を使用)
  • 無菌試験
  • pH
  • 浸透圧
  • エンドトキシン
  • マイコプラズマ試験

キメラマウス作製とジャームライントランスミッション確認 Update!!

HaloTag® cDNAを組み込んだターゲッティングベクターをマウスES細胞に導入し、StemSure® 血清代替品(SSR)を含む培地で培養した。ベクターが導入されていることを確認したマウスES細胞をホストとなるICRマウスの胚盤胞に注入し、ICRマウスの子宮に移植した。得られたキメラマウスとC57BL/6Jマウスを交配させ、F1マウスを得た。

《 キメラマウス 》

キメラマウスより血球を回収し、テトラメチルローダミンによりHaloTag® タンパク質を染色した。マウスES細胞由来のHaloTag® が発現した血球が染色され、キメラ化していることを確認できた。

イメージイメージ

 


《 F1マウス 》

F1マウスでは、すべての血球でHaloTag® が発現した個体が出現したことから、SSRを含む培地で培養したES細胞由来の個体が正常に生まれていることが確認できた。

イメージイメージ

 

<データご提供  筑波大学 生命科学動物資源センター 三輪 佳宏 先生>

HaloTag® は、Promega社の登録商標です。

ヒトiPS細胞201B7株の培養

《 コロニー形態とALP染色 》

StemSure® 血清代替品(SSR)を用いて、ヒトiPS細胞201B7株を培養できることを確認した。また、ALP染色が陽性であることを確認した。

イメージ

 

<培地組成>
 D-MEM/Ham's F-12 + 20% SSR + 2mmol/l L-Glutamine +1×MEM Non-essential Amino
 Acids + 0.1mmol/l StemSure® 2-Mercaptoethanol + 1×Penicillin-Streptomycin + 5ng/ml  
 bFGF

 

 

 

《 未分化マーカー発現の確認 》

SSRを用いてヒトiPS細胞201B7株を培養し、各種未分化マーカー(Sox2, Oct3/4, SSEA-3, SSEA-4, Tra-1-81)が陽性であることを確認した。

イメージ

 


マウスES細胞D3株の培養

《 細胞形態とALP染色 》

StemSure® シリーズを用いてマウスES細胞D3株を培養し、マウスES細胞特有の光沢のあるコロニーを観察できた。また、ALP染色が陽性であることも確認した。

イメージ

《 細胞増殖曲線 》

各培地でマウスES細胞D3株を14継代培養した後、細胞増殖について比較した。下図のようにStemSure® シリーズはA社製品と同等の性能を示した。

イメージ

 

< StemSure® シリーズ培地組成 >
 StemSure® D-MEM + 15% SSR + 2mmol/l L-Glutamine + 1×MEM Non-essential
 Amino Acids + 0.1mmol/l StemSure® 2-Mercaptoethanol +
 1×Penicillin-Streptomycin + 1,000units/ml StemSure® LIF

 (コラーゲンコート12穴プレートを使用)



《 細胞集団倍加数 》

各培地でマウスES細胞D3株を用いて継代培養し、培養日数と細胞集団倍加数との関係を調べた。下図よりStemSure® シリーズはA社製品と同等の細胞集団倍加数であることを確認した。

イメージ

 

 

< 培地組成 >
 StemSure® D-MEM + 15% SSR + 2mmol/l L-Glutamine + 1×MEM Non-essential
 Amino Acids + 0.1mmol/l StemSure® 2-Mercaptoethanol +
 1×Penicillin-Streptomycin + 1,000units/ml StemSure® LIF

 (コラーゲンコート12穴プレートを使用)



《 未分化マーカー発現の確認 》

StemSure® シリーズを用いてマウスES細胞D3株を8継代培養し、各種未分化マーカー(Nanog, Oct3/4, Sox2, SSEA-1)が陽性であることを確認した。

イメージ

 

 

 

 

 

 

 

< 培地組成 >
 StemSure® D-MEM + 15% SSR + 2mmol/l L-Glutamine + 1×MEM Non-essential Amino Acids + 0.1mmol/l StemSure® 2-Mercaptoethanol
 + 1×Penicillin-Streptomycin + 1,000units/ml StemSure® LIF

《 テラトーマ形成の確認 》

StemSure® シリーズを用いてマウスES細胞D3株を継代培養した。その細胞を免疫不全マウスの皮下にインジェクションした。皮下にテラトーマが形成され、その内部に神経組織(外胚葉由来)、軟骨組織(中胚葉由来)、繊毛上皮を伴う管腔構造(内胚葉由来)などを確認した。

イメージ

 

 

 

 

 

 

 

< 培地組成 >
 StemSure® D-MEM + 15% SSR + 2mmol/l L-Glutamine + 1×MEM Non-essential Amino Acids + 0.1mmol/l StemSure® 2-Mercaptoethanol
 + 1×Penicillin-Streptomycin + 1,000units/ml StemSure® LIF

価格表

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
197-16775
 StemSure® Serum Replacement
細胞培養用 500ml 40,000 イメージ


★StemSure® シリーズ★

  StemSure® シリーズは、ES細胞やiPS細胞の培養に使用できる製品です。マウスES細胞D3株を用いて毎ロット品質試験を行っています。


コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
197-16275
 StemSure® D-MEM(High Glucose)with Phenol
 Red and Sodium Pyruvate
細胞培養用 500ml 3,500 イメージ
198-15781
 StemSure® 10mmol/l 2-Mercaptoethanol Solution
 (×100)
細胞培養用 100ml 7,000 イメージ イメージ
195-15791
 StemSure® 50mmol/l Monothioglycerol Solution
 (×100)

  2MEと同等に使用できる還元剤。毒物非該当
細胞培養用 100ml 8,000 イメージ
190-15805
 StemSure® 0.1w/v% Gelatin Solution
細胞培養用 500ml 7,000  
199-16051
195-16053
 StemSure® LIF, Mouse, recombinant, Solution
細胞培養用 106units
106units×10
30,000
150,000
イメージ
195-16031
 StemSure® Freezing Medium
細胞培養用 100ml 12,000 イメージ

*希望納入価格には消費税等が含まれておりません。

関連製品


★液体培地・細胞培養用試薬★

  液体培地をはじめとして平衡塩溶液、細胞剥離・分散用溶液、抗生物質溶液、細胞外基質などの製品の品揃えを充実させております。<リンク>


★ES・iPS細胞研究用試薬★

  2007年のiPS細胞樹立の発表後、iPS細胞に関わる文献が数多く発表されています。様々な文献内で、ES細胞・iPS細胞の未分化能維持や分化誘導に関わる と報告されている低分子化合物をラインアップしています。<リンク>


★LIF, ヒト, 組換え体, 培養上清★

  LIFはマウスES細胞の分化抑制作用があるため、ES細胞の未分化状態を維持するために細胞培養時に用いられます。<リンク>


★rBC2LCN-FITC★

  rBC2LCNは未分化なヒトES・iPS細胞を特異的に認識します。ヒトES・iPS細胞を含む培養液に添加することで、未分化細胞を生きたまま染色することが できます。<リンク>


イメージ

 





掲載内容は2014年8月時点での情報です。
製品コードをクリックするとSiyaku.comにリンクしますので、上記以外の法律および最新情報はそちらをご参照ください。
掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。


試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  StemSure® Serum Replacement

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806