和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  Tamavidin®2-REV Magnetic Beads
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  タンパク質検出  >  Tamavidin®2-REV Magnetic Beads

アビジン磁気ビーズの決定版!!
Tamavidin®2-REV Magnetic Beads

<Tamavidin®2-REV 〜ビオチンとの可逆的結合性能〜>
Takakura, Y. et al.: "Tamavidin2-REV : an engineered tamavidin with reversible biotin-binding capability.", J. Biotechnol., 164(1), 19-25(2013).


Tamavidin®2-REVは、新規アビジン様タンパク質「Tamavidin®2」の改変体です。ビオチンとの結合力を低減することにより、可逆的なビオチン結合複合体を形成することができます。これにより、過剰ビオチンの添加により、ビオチン化分子の競合溶出が可能です。
(従来のアビジン/ストレプトアビジンとビオチンとの結合力は非常に強固で、不可逆的に結合します。)


リンク関係

alt here...

MagCapture™ Tamavidin®2-REV 概要

概要

MagCapture™ Tamavidin®2-REV 試薬組成 : 磁気ビーズ懸濁液,TBS,pH 7.4,0.05w/v% アジ化ナトリウム,50w/v% グリセロール


MagCapture™ Tamavidin®2-REV 使用例

ビオチン化 DYKDDDDK-BAP 回収性能

回収性能

Point in Check!!
  競合溶出に使用するビオチン溶液組成

2mmol/L ビオチン, PBS溶液


ビオチン化DYKDDDDK-BAP 10ngを細胞ライセート(1x106細胞相当)に添加したInputから、従来品Streptavidin磁気ビーズを用いた添加回収性能を比較した。
MagCapture™ Tamavidin®2-REVは、従来品と比較して、低バックグラウンドで目的のビオチン化DYKDDDDK-BAPを回収することができた。




ビオチン化抗体による免疫沈降

免疫沈降

ビオチン化Anti-hAgo2 Mabをもちいて、K562細胞から内在性ヒトAgo2タンパク質を回収した。

従来品Streptavidin磁気ビーズと比較したところ、MagCapture™ Tamavidin®2-REVは、低バックグラウンドで内在性ヒトAgo2タンパク質を回収することができた。


RNAプルダウンアッセイへの応用(HOTAIR RNA)

RNAプルダウンにおける従来品ストレプトアビジン磁気ビーズと MagCapture™ Tamavidin®2-REVの性能比較。


Point in Check!!
  RNAプルダウン後のビオチン競合溶出も可能です。(データ非掲載)

HOTAIR RNA

(A) ビオチン標識したHOTAIR RNAのセンス鎖とアンチセンス鎖を用いてRNA プルダウンを行い、SDSサンプルバッファー溶出により調製したタンパク質サンプルを銀染色によって検出した。各RNAプローブとの反応には、5×106細胞相当のK562細胞由来のトータルセルライセートを使用した。

(B) RNAプルダウンで得られたサンプルのウェスタンブロットを行った。1次抗体には抗Ezh2抗体(D2C9)および抗LSD1抗体(C69G12)を用いて検出を行った。
MagCapture™ Tamavidin®2-REVは、従来品と比較して、低バックグラウンドかつ、効率よくRNA結合タンパク質を回収することができた。


Tamavidin®2 シリーズ 製品概要

Magnetic Beads

本品は新規アビジン様タンパク質であるTamavidin®2-REVを固相化させた磁気ビーズです。
Tamavidin®2-REVは新規のアビジン様タンパク質で、アミノ酸改変により可逆的なビオチンとの結合性能を持っているため、 ビオチン化分子と結合した後、過剰ビオチンの添加によりマイルドな条件でターゲット分子を回収できます。


【Reference】
Ukekawa, R. et al., "A useful new tool for isolation of long non-coding RNA-binding proteins.", Medical Science Digest, 40(7), 355(2014).


コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
136-18341 freezeMagCapture™ Tamavidin®2-REV 遺伝子研究用 2ml 40,000


Tamavidin®2 組換え体

品 名 等電点(pl)※1 耐熱性 ※2 有機溶媒耐性 ビオチン結合速度定数(ka(M-1S-1)) ビオチン解離速度定数(kd(S-1)) 分子量(4量体)
Tamavidin®2 7.4 Tm=85℃ あり (1.0±0.5)×106 検出限界値以下 ※4 約60kDa
Tamavidin®2-REV 8 Tm=75℃ - (1.3±0.5)×106 (1.5±0.4)×10-5 約60kDa
Tamavidin®2-LPI 6 Tm=65℃ - (1.2±0.5)×106 検出限界値以下 約60kDa
Tamavidin®2-HOT 7.23 高耐熱性 高耐性 ※3 (3.0±1.7)×105 検出限界値以下 約60kDa

※1 等電点:Tamavidin®2-LPIのみ実測値。他はアミノ酸配列より算出した値。
※2 耐熱性(Tm値):ビオチン結合活性が加熱前の50%となる20分加熱温度。Tamavidin®2-HOTについては、99.9℃、30分間加熱後も結合活性90%以上を保持するのでTm値の算出不可。
※3 高耐性:40-50% DMSO中。
※4 検出限界値:5×10-6(kd(S-1))


【Reference】
<Tamavidin®2>
1) Takakura, Y. et al., "Tamavidins - novel avidin-like biotin-binding proteins from the Tamogitake mushroom.", FEBS Journal, 276, 1383(2009).
2) Takakura, Y. et al., "Tamavidin, a versatile affinity tag for protein purification and immobilization.", J. Biotechnol., 145, 317(2010).
<Tamavidin®2-REV>
・Takakura, Y. et al., "Tamavidin2-REV: An engineered tamavidin with reversible biotin-binding capability.", J. Biotechnol., 164(1), 19(2013).
<Tamavidin®2-LPI>
・Takakura, Y. et al., "Engineering of novel tamavidin 2 muteins with lowered isoelectric points and lowered non-specific binding properties.", J. Biosci. Bioeng., 114(5), 485(2012).
<Tamavidin®2-HOT>
・Takakura, Y. et al., "Tamavidin-HOT, a highly thermostable biotin-binding protein.", J. Biotechnol., 169, 1(2014).


コードNo. 品 名 特 長 規 格 容 量 希望納入価格(円)
209-18261 freezeTamavidin®2, recombinant - 免疫化学用 1mg 8,500
205-18263 5mg 25,000
203-18264 25mg 120,000
203-19401 freezeTamavidin®2-REV, recombinant ビオチンと可逆的結合性 1mg 18,000
209-19403 5mg 70,000
202-19351 freezeTamavidin®2-LPI, recombinant 非特異的結合低減性 1mg 12,000
208-19353 5mg 48,000
209-19361 freezeTamavidin®2-HOT, recombinant 超耐熱・有機溶媒耐性 1mg 18,000
205-19363 5mg 70,000

ライセンスについて・・・Tamavidin®は日本たばこ産業株式会社の登録商標です。Tamavidin®2は日本たばこ産業株式会社からライセンスを受けて販売しております。




refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。
tokuteidoku・・・特定毒物   doku1 doku2・・・毒物   geki1 geki2 geki3・・・劇物   dokuyaku・・・毒薬   gekiyaku・・・劇薬   kiken・・・危険物   kouseishinnyaku・・・向精神薬
kashin1・・・化審法 第一種特定化学物質   kashin2・・・化審法 第二種特定化学物質
kahei1・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   kahei2・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
tokumagenn・・・特定麻薬向精神薬原料   dokuso・・・国民保護法   kakuseizai・・・覚せい剤取締法   cartagena・・・カルタヘナ   dai・・・・ダイオキシン類

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  Tamavidin®2-REV Magnetic Beads
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  タンパク質検出  >  Tamavidin®2-REV Magnetic Beads

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806