和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  同仁化学研究所 Ab-10 Rapid Labeling Kit

10μgの少量抗体を30分で標識可能
同仁化学研究所 Ab-10 Rapid Labeling Kit

Ab-10 Rapid Labeling Kit シリーズは、10μgの抗体を30分以内に標識するためのキットです。本キットに含まれる標識剤は、活性エステル基を導入しており、抗体と混合するだけで安定な共有結合を形成します。本キットには標識に必要なすべての試薬が含まれています。


【特長】

30分以内に抗体を標識可能。

少量の抗体(10μg)でも標識可能。抗体のロスを抑制。

操作は簡単。抗体と標識剤を混ぜるだけ。


標識物一覧

目的 対応標識物 励起/蛍光波長 対応キット メーカーコード
緑色蛍光色素を標識したい Fluorescein Ex:500nm/Em:525nm Ab-10 Rapid Fluorescein Labeling Kit LK32
橙色蛍光色素を標識したい HiLyte Fluor™ 555 Ex:555nm/Em:570nm Ab-10 Rapid HiLyte Fluor™ 555 Labeling Kit LK35
赤色蛍光色素を標識したい HiLyte Fluor™ 647 Ex:655nm/Em:670nm Ab-10 Rapid HiLyte Fluor™ 647 Labeling Kit LK36
蛍光タンパク質を標識したい R-Phycoerythrin Ex:564nm/Em:575nm Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit LK34
ペルオキシダーゼを標識したい Peroxidase - Ab-10 Rapid Peroxidase Labeling Kit LK33
ビオチンを標識したい Biotin - Ab-10 Rapid Biotin Labeling Kit LK37


[ポイント] 光退色を抑えた蛍光色素HiLyte Fluor™を採用

本キットで採用している蛍光色素HiLyte Fluor™は、励起光への高い光安定性を示します。 そのため高解像度の蛍光イメージング像の取得にも活用頂けます。









HiLyte Fluor™とAlexa Fluor®に蛍光顕微鏡でG励起光を照射した場合の蛍光強度の変化





操作方法

お手持ちの抗体(IgG)を標識剤の入ったチューブに添加し、10分間の反応と反応停止操作により簡便に標識抗体を得ることができます。
* 抗体サンプル中の添加剤によっては標識に影響を与えることがあります。


■ 標準プロトコル ■


Step 1. 10μgの抗体とReaction Bufferを標識試薬の入ったチューブに添加

Step 2. 10分の標識反応で抗体中のアミノ基に蛍光色素または酵素を標識

Step 3. Stop Solution添加後、10分間のインキュベーションで反応を停止




■ Ab-10 Rapid Biotin Labeling Kitの場合 ■


Step 1. Reaction BufferとDMSOを混合し(Working buffer)、抗体溶液に添加

Step 2. 混合した抗体溶液を標識試薬の入ったチューブに添加

Step 3. 10分の標識反応により、抗体中のアミノ基にBiotinを標識

Step 4. Stop Solution 添加後、10分間のインキュベーションで反応を停止



アプリケーション


■ 免疫組織染色

Fluorescein標識抗ミトコンドリア抗体およびHiLyte Fluor™ 555標識抗アクチン抗体の共染色。


■ 使用キット

Ab-10 Rapid Fluorescein Labeling Kit

Ab-10 Rapid HiLyte Fluor™ 555 Labeling Kit








HiLyte Fluor™ 647標識抗ミトコンドリア抗体およびHiLyte Fluor™ 555標識抗アクチン抗体の共染色。


■ 使用キット

Ab-10 Rapid HiLyte Fluor™ 555 Labeling Kit

Ab-10 Rapid HiLyte Fluor™ 647 Labeling Kit








Biotin 標識抗ミトコンドリア抗体を固定化後の細胞に添加し免疫反応後、
Peroxidase標識ストレプトアビジン及びDAB[製品コード:349-00903]添加によりミトコンドリアを染色。


■ 使用キット

Ab-10 Rapid Biotin Labeling Kit







■ フローサイトメトリー


Biotin 標識抗CD44抗体及びFluorescein標識ストレプトアビジンでHL60細胞を免疫染色。


■ 使用キット

Ab-10 Rapid Biotin Labeling Kit











R-Phycoerythrin標識抗CD13抗体でHL60細胞を免疫染色。
コントロールはR-Phycoerythrin標識アイソタイプ抗体を加えたHL60細胞。


■ 使用キット

Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit









製品リスト


和光コード メーカーコード 品名 保管 容量 希望納入価格(円)
343-91851 LK32 Ab-10 Rapid Fluorescein Labeling Kit 3 Samples 24,000
340-91861 LK33 Ab-10 Rapid Peroxidase Labeling Kit 3 Samples 19,000
347-91871 LK34 Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit 3 Samples 28,000
347-91991 LK35 Ab-10 Rapid HiLyte Fluor™ 555 Labeling Kit 3 Samples 24,000
344-92001 LK36 Ab-10 Rapid HiLyte Fluor™ 647 Labeling Kit 3 Samples 24,000
348-92021 LK37 Ab-10 Rapid Biotin Labeling Kit 3 Samples 18,000

関連リンク

DOJINDO Labeling Kit

 DOJINDO Labeling Kitは50~200μgの抗体標識に最適なキットです。前処理-反応-精製まで全て一つのフィルトレーションチューブ上で行うことができ、 3時間以内に標識体が得られます。ゲルろ過や透析などに比べ標識体の回収率が高く、貴重なサンプルの標識に適しています。さらにキットには保存溶液が付属しており、標識体を安定に保存することが可能です。


ICG Labeling Kit-NH2

 本キットはアミノ基を有するタンパク質(特に抗体)へICG(Indocyanin green)を標識するためのキットです。ICGはヘモグロビンなどによる妨害を受けにくいという蛍光特性があり、近赤外蛍光を利用した蛍光内視鏡やin vivoイメージングへの応用が期待できます。


はじめての抗体標識プロトコル (メーカーHP)

「はじめての抗体標識プロトコル」はこれから抗体標識を始めるユーザーにピッタリな入門書です。抗体標識の原理を詳しく解説しているのはもちろん、標識酵素の特性や酵素標識抗体の検出基質の表も掲載。DOJINDO Labeling Kitの実験例も載っており、初心者からベテランまで必読です。




refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。

tokuteidoku・・・特定毒物   doku1 doku2・・・毒物   geki1 geki2 geki3・・・劇物   kashin1・・・化審法 第一種特定化学物質   kashin2・・・化審法 第二種特定化学物質
dokuyaku・・・毒薬   gekiyaku・・・劇薬   kahei1・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   kahei2・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
kouseishinnyaku・・・向精神薬   tokumagenn・・・特定麻薬向精神薬原料   cartagena・・・カルタヘナ

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  同仁化学研究所 Ab-10 Rapid Labeling Kit

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806