和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  東洋ビーネット『細胞の』ATP 測定試薬

2次元培養による細胞増殖/毒性試験用
『細胞の』ATP 測定試薬

概要

『細胞の』ATP測定試薬は、細胞生存性と相関がある細胞中のATP量をホタルルシフェラーゼ発光法によって測定する試薬です。細胞数の少ない培養初期から生細胞数の変化をみることができます。発色法では困難な浮遊細胞も、接着細胞と同様に測定できます。

『細胞の』ATP測定試薬は、可溶化試薬やATPaseブロッキング試薬を含んだ1液型の発光試薬です。試薬を添加・混和するだけの1ステップで測定が開始できます。試薬の調製や培地の除去、細胞の洗浄は不要であり、試薬の添加により細胞中からATPが抽出され、ATP量に比例した発光を生じます。発光半減期は3時間以上の長時間タイプで、検体との混和性に優れているため、他社試薬で問題となっている384ウェルプレート使用時の混和不足により生じる時間経過に伴う発光量のずり上がり現象もなく安定しています。
HTSなどの96/384ウェルプレートを用いた多検体測定に適した仕様です。

【特長】
高感度  :少ない細胞数から測定可能(384ウェルプレートで10個の細胞から検出)
安 定  :発光が長時間安定(発光半減期3時間以上)
簡 便  :可溶化試薬を含んだ1 液型。操作は1ステップ(試薬添加・混和→測定)。試薬の調製や培地除去、細胞洗浄は不要
迅 速  :試薬添加10分後から測定可能
広適性  :各種培地(RPMI1640, DMEM, MEM, F12など)で発光半減期3時間以上
安 心  :低濃度のDMSO、エタノールによる最大発光量への影響なし

 

【使用方法】
培地と等量の発光試薬を添加 → 10分静置(シェーキング) → 測定

 

参考データ

(←)細胞毒性試験での比較 Hep G2細胞に対するタモキシフェンの毒性を、タモキシフェン無添加培養での 発光量と相対比較した。

他社C製品に比べ『細胞の』ATP測定試薬はきれいな毒性カーブ得られた。

Hep G2細胞を2,500または10,000cell/wellになるように96ウェルプレートに100µlずつ播種し、一晩培養。各最終濃度になるように調製したタモキシフェンの DMSO溶液を培地に添加(DMSOの最終濃度は1%)。さらに6時間培養後、検体100µlに対し、『細胞の』ATP測定試薬または他社C製品を100µl添加後、ル ミノメーターで測定(n=3)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(←)384ウエルプレートでの発光カイネティクス比較

『細胞の』ATP測定試薬は安定した長時間発光を示しているが、他社C製品では試薬添加直後から発光カイネティクスのずり上がり傾向を示し、測定時間による測定値のバラツキが懸念される。

 

各細胞2,000cell/wellを384ウェルプレートに播種し、一晩培養後、検体25μl対し、『細胞の』ATP測定試薬、または他社C製品を25µ添加後、ルミノメーターで測定(n-4).なお、発光試薬の分注はすべてルミノメーターの自動分注システムを使用。攪拌はルミノメーター上で60秒間行った。

参考文献

Atsuko Kasahara,Kaori Ishikawa,Makiko Yamaoka,Masahito Ito,Naoki Watanabe,Miho Akimoto,Akitsugu Sato,Kazuto Nakada, Hitoshi Endo,Yoko Suda,Shinichi Aizawa and Jun-Ichi Hayashi Generation of trans-mitochondrial mice carrying homoplasmic mtDNAs with a missense mutation in a structural gene using ES cells. Human Molecular Genetics, 2006, Vol.15, No.6 871-881

価格表

コードNo. メーカーコード 品名 構成内容 容量 希望納入価格(円) 保管/法規
304-15361 CA10 『細胞の』ATP測定試薬 発光試薬10ml ×1本 100回用/96well 9,500  
300-15363 CA50 発光試薬50ml ×1本 500回用/96well 20,000
308-15364 CA100 発光試薬50ml ×2本 1,000回用/96well 37,000
304-15366 CA1000 発光試薬50ml ×20本 10,000回用/96well 照会

 

【関連製品】セルスフェロイドの測定用

コードNo. メーカーコード 品   名   容量 希望納入価格(円) 保管/法規
386-04591 KA10 『塊の』ATP測定試薬® 発光試薬10ml ×1本 100回用/96well 14,000
384-04592 KA50 発光試薬50ml ×1本 500回用/96well 35,500
382-04593 KA100 発光試薬50ml ×2本 1,000回用/96well 49,500
380-04594 KA1000 発光試薬50ml ×20本 10,000回用/96well 照会

*希望納入価格はH27.9時点の価格です。製品コードをクリックするとSiyaku.comにリンクしますので、現在の価格、在庫はそちらからご確認下さい。<

 

 

refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。

tokuteidoku・・・特定毒物   doku1 doku2・・・毒物   geki1 geki2 geki3・・・劇物   kashin1・・・化審法 第一種特定化学物質   kashin2・・・化審法 第二種特定化学物質
dokuyaku・・・毒薬   gekiyaku・・・劇薬   kahei1・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   kahei2・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
kouseishinnyaku・・・向精神薬   tokumagenn・・・特定麻薬向精神薬原料   cartagena・・・カルタヘナ

ページトップへ

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  東洋ビーネット『細胞の』ATP 測定試薬

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806