和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

Case12は細胞内カルシウム濃度変化を高感度かつ特異的に検出可能な蛍光タンパク質センサーです。細胞内カルシウム濃度はホルモンや神経伝達物質によって厳密にコントロールされ、細胞間の様々な機能を制御します。Case12は生細胞中のカルシウム濃度の変化をリアルタイムに解析可能です。


特長

  1. 高感度かつ高特異性
  2. 直接細胞内で発現可能
  3. 蛍光検出のためのコファクター、他の基質、化学染色が不要
  4. 高輝度
  5. 37℃でフォールディングが速い
  6. 長時間培養してもタンパク質凝集体が形成しにくい
  7. pH変化に対して安定
  8. 各生理条件でカルシウム濃度変化を検出可能
  9. コドンユーセージは哺乳動物細胞に最適化
タンパク質 蛍光色 励起波長(nm) 蛍光波長(nm) 構造 分子量(kDa) pKa 輝度*1 検出時間 (h)
Case12 491 516 モノマー 46.4 7.2 11.8*2 10〜14

*1:輝度=分子吸光係数×蛍光収量/1000 *2:測定条件 Ca2+濃度=1mM, pH=7.4


励起/蛍光スペクトル

img

励起波長:491nm(青)
蛍光波長:516nm(緑)


Case12のHeLa細胞での発現

img

【カルシウム濃度によるCase12の蛍光強度の経時変化】
A:HeLa細胞にpCase12-Cytoベクターを導入。
  a.20μM カルシウムイオンフォアA23187を添加。
  b. 3分後、20nM カルシウムイオンキレート剤EGTAを添加。
  蛍光強度をモニタリング。

【HeLa細胞におけるpCase12-Cyto発現】
HeLa細胞にpCase12-Cytoベクターを導入し、491nm青色光で照射。Case12の光変換を共焦点レーザー顕微鏡で検出。
B:HeLa細胞質でCase12発現(A2317添加前)。
C:HeLa細胞に20μM A23187を添加することによって、高輝度蛍光を検出。


pH変化におけるCase12の発現

img

【各pH環境でCase12の蛍光励起スペクトルの変化】
ー: Ca2+濃度 0.2mM       
‥: Ca2+ なし

従来のカルシウムセンサー(例:Pericams)はpH7.2-7.5(生理条件下)の環境で不安定ですが、Case12はこの環境でpKaが7.2であり、生細胞中のカルシウム検出解析に最適です。


製品内容

pCase12-Cytoベクター

img

コードNo. メーカーコード 品名 容量 希望納入価格(円)
518-32601 FP911 pCase12-Cyto 20μg 126,000

*表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
*表示している希望納入価格は2012年12月の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。
※詳細なベクター配列はEvrogen社HP(http://www.evrogen.com/index.shtml)をご参照ください。


参考文献

Single fluorescent protein-based Ca2+ sensors with increased dynamic range.
BMC Biotechnology 2007, 7:37?


Evrogen社製品のライセンスについて

Notice to Purchaser: Evrogen Fluorescent Protein Products (the Products) are available to Purchasers for non-commercial non-for-profit research use. With purchase of the Products, Purchaser is granted a worldwide, non-exclusive, royalty-free, limited license to use the Products for non-commercial life science research only. Such license specifically excludes the right to sell or otherwise transfer? the Products, its components or derivatives to third parties and any uses or activities (or the results therefrom) that themselves generate revenue for the Purchase.
For commercial use of the Products please contact Evrogen at license@evrogen.com for license information
Evrogen Fluorescent Proteins Licensing Program: Evrogen offers fluorescent proteins (TurboGFP, Phi-Yellow, and JRed, patent applications pending) for commercial use under a license. Our Licensing Program is a cost-effective and flexible way for customers to obtain a variety of licensing options for internal use, providing services to third parties, manufacturing of novel products or other applications. Quick and convenient evaluation of Evrogen fluorescent protein-based technologies is easily available by purchase of fluorescent protein vectors of interest.
For license information please contact Evrogen by e-mail at license@evrogen.com.?

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。


和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806