和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

Enhanced Bisulfite Reaction DNAの分解を抑制し、長鎖長を一度に増幅!
エピサイト™ バイサルファイトコンバージョンキット Ver.2
エピサイト™ BisulTaq™ DNAポリメラーゼ, 組換え体, 溶液 Ver.2

独自開発したバイサルファイト溶液および反応エンハンサーの添加により鋳型ゲノムDNAの分解を抑制し、かつシトシンのウラシルへの変換効率を向上させた製品です。スピンカラムにより簡便にDNAを精製できます。
また、専用のTaq DNA Polymeraseとの併用により、バイサルファイト反応後のPCR増幅が困難な塩基配列においても、安定的かつ高効率に増幅可能になりました。



特 長

  • スピンカラムによる簡便な操作
  • 独自開発のエンハンサーによりDNAの分解を抑制
  • CpGリッチな配列を効率よく増幅
  • 非特異増幅を防ぐホットスタートDNAポリメラーゼ

問題解決

下記でお悩みの方は是非一度お試しください。
  • 長い鎖長を一度に増幅して解析を効率的にしたい
  • 非メチル化シトシンがウラシルへ変換されないことがある
  • メチル化シトシンがウラシルへ変換されることがある
  • PCRの増幅効率を上げたい

使用方法概要

使用方法概要

*バイサルファイト反応
スタンダード:90℃, 1分間 → 60℃, 70分間を5サイクル
クイック:90℃, 2時間


オーバーナイトでバイサルファイト反応を行う場合、
反応後は12℃になるようサーマルサイクラーを設定し、
翌日取り出して次の操作へ進んでください。

キット構成

エピサイト™ バイサルファイト コンバージョンキット Ver.2

キット構成(20回用) 容 量
バイサルファイト溶液 1×1.8mL
エンハンサー 1×100μL
吸着バッファー 1×10mL
洗浄バッファー 1×4.8mL
脱スルホン化バッファー 1×1mL
溶出バッファー 1×500μL
スピンカラム 20本

エピサイト™ BisulTaq™ DNAポリメラーゼ, 組換え体, 溶液 Ver.2

キット構成(20回用) 容 量
BisulTaq™ DNAポリメラーゼ, 組換え体, 溶液 Ver.2 1×10μL
10×反応バッファー 1×100μL
dNTPs溶液(各2mmol/l) 1×100μL

使用例1

Lambda DNAを鋳型として、本キットによりバイサルファイト反応後、910bpのターゲット領域を増幅し、塩基配列を解読した。Lambda DNAのシトシンはすべて非メチル化のため、バイサルファイト反応後はすべてウラシルに変換され、得られるPCR増幅産物にシトシンは存在しないと予想される。


サ ン プ ル:Lambda DNA
非メチル化シトシン:150ヶ所
PCR増幅鎖長 : 910bp
PCR増幅領域 : GenBank Accession
No. NC_001416 : 26062-26971

結果
下図のチャートにシトシンは存在せず、150ヶ所あるシトシンはすべてチミンに変換されていた。
従来のバイサルファイト法ではDNAの分解が激しく条件設定できなかった900bp以上のPCR産物の増幅に成功した。

使用例1

使用例2

マウスES細胞(胚性幹細胞)およびM1細胞(白血病由来細胞)のゲノムDNAを鋳型としてバイサルファイト反応後、幹細胞未分化マーカーであるFgf4プロモーター領域のPCR増幅を行った。PCR増幅鎖長は521bp、CpGジヌクレオチド数は61箇所というバイサルファイトPCRとしては長い増幅鎖長であり、GC含量も高いことから立体構造の影響も大きいと予想される領域を選択した。

ES細胞およびM1細胞の幹細胞未分化マーカーの発現解析を下図に示す。ES細胞は幹細胞のため幹細胞未分化マーカーであるFgf4のmRNAが発現しており、プロモーター領域は非メチル化状態にあると予想される。一方、M1細胞は分化した体細胞のためFgf4のmRNAは発現しておらず、プロモーター領域はメチル化されていると予想される。

使用例2


サ ン プ ル:マウスES細胞およびマウスM1細胞由来ゲノムDNA
PCR増幅鎖長:521bp(マウス Fgf4 プロモーター領域)
CpG:61箇所
PCR:増幅領域 GenBank Accession
No. AC_149593 : 230224-230744

結果
ES細胞およびM1細胞のPCR増幅産物をクローニング後、11サンプルの塩基配列を解読した結果を下図に示す。
マウスES細胞のFgf4プロモーター領域は非メチル化状態であり、マウスM1細胞のFgf4プロモーター領域はメチル化状態にあることがわかった。

塩基配列

使用例3

本キットのDNA分解抑制能を他社品と比較した。本キットと他社品を用いてバイサルファイト反応を行い、得られたバイサルファイト処理DNAをPCR増幅後、電気泳動を行った。

サ ン プ ル:マウスES細胞由来ゲノムDNA
PCR増幅鎖長:521bp(マウス Fgf4 プロモーター領域)
CpG:61箇所
PCR:増幅領域 GenBank Accession
No. AC_149593 : 230224-230744

結果
本キットでは521bpのバンドが確認できたが、他社品ではほぼバンドを確認できなかった。
本キットはバイサルファイト反応によるDNA分解を抑制していることがわかった。

使用例3

EpiSight™製品一覧

コードNo. 品 名 規 格 容 量
291-78501 refrigerator EpiSight™ Bisulfite Conversion Kit Ver.2 遺伝子研究用 20回用
293-78701 freeze EpiSight™ BisulTaq™ DNA Polymerase, recombinant, Solution Ver.2 遺伝子研究用 20回用

*製品コードをクリックするとSiyaku.comにリンクしますので、現在の価格、在庫はそちらからご確認下さい。

refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。
特定毒物・・・特定毒物   毒物1 毒物2・・・毒物   劇物1 劇物2 劇物3・・・劇物   毒薬・・・毒薬   劇薬・・・劇薬   危険物・・・危険物   向精神薬・・・向精神薬
特定麻薬向精神薬原料・・・特定麻薬向精神薬原料   化審法 第一種特定化学物質・・・化審法 第一種特定化学物質   化審法 第二種特定化学物質・・・化審法 第二種特定化学物質
化学兵器禁止法 第一種指定物質・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   化学兵器禁止法 第二種指定物質・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
カルタヘナ・・・カルタヘナ   覚せい剤取締法・・・覚せい剤取締法   国民保護法・・・国民保護法

*上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。


和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806