和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  ヒトES/iPS細胞モニタリングキット

未分化細胞の残存確認・分化工程の品質管理に
ヒトES/iPS細胞モニタリングキット

イメージ

 rBC2LCN(AiLecS1) はBurkholderia cenocepacia 由来のレクチンであるBC2L-CのN末端ドメインを大腸菌で発現させた組換えタンパク質です。rBC2LCNはヒトES/iPS細胞表面に存在するポドカリキシン上のムチン様O型糖鎖であるH-type3(Fucα1-2Galβ1-3GalNAc)に高い親和性を持つため、ヒトES/iPS細胞の未分化マーカーとして報告されています。
 rBC2LCNにより認識される糖タンパク質(H-type3結合ポドカリキシン)はヒトES/iPS細胞表面から培養液中に放出されます。本キットでは、rBC2LCNと未分化マーカー抗体を用いたサンドイッチアッセイで、ヒトES/iPS細胞から培養液中に放出された糖タンパク質を定量的に測定することで、ヒトES/iPS細胞数を推測できます。


特長

  • 培養上清を分析することで、未分化細胞数の増減をモニタリング可能
  • 測定対象が培養上清であるため、細胞を検査に消費することなく、細胞はそのまま培養を継続可能
  • 少量の培養上清(50μL)で分析可能
  • ELISA法を用いるため、簡便に多検体を処理可能

キット構成

構成品名 容量×個数
rBC2LCN固相化プレート 96ウェル×1枚
HRP標識抗体溶液 400μL×1本
陰性コントロール 1mL×1本
陽性コントロール 100μL×1本
希釈液 15mL×1本
洗浄液(10×) 100mL×1本
TMB溶液 10mL×1本
発色停止液 10mL×1本
プレートシール 4枚

原理

イメージ

標準曲線の作成

 本キットには標準曲線作成用の標準品は添付されておりません。したがって、下記手順に従い標準品を調製いただいた後、標準曲線を作成頂きますようお願いいたします。

  1. 未分化維持培養条件下でヒトES/iPS細胞を培養し、培地交換した翌日(18〜24時間後)に培養上清を回収する。
  2. 細胞を剥がし、ヒトES/iPS細胞数を測定する。
  3. 回収した培養上清に含まれるヒトES/iPS細胞数を算出する。例えば、培地量が5mL、測定した細胞数が5×106cellsであった時、回収した培養上清に含まれるヒトES/iPS細胞数を1×106cells/mLとする。
  4. 回収した培養上清を未分化維持用培地もしくは分化用培地を用いて、既知細胞濃度の希釈系列を作成し、標準曲線を作成する。

分化誘導時の使用例

  1. 未分化維持培養時のヒトES/iPS細胞の培養上清をサンプリングし、ヒトES/iPS細胞数をカウントする。
  2. 1.の培養上清を分化用培地で希釈し、希釈系列を作成し、本キットを用いて標準曲線を作成する。
  3. 本キットを用いて、ヒトES/iPS細胞数を確認したい培養上清サンプルを測定する。
  4. 分化条件での残存ヒトES/iPS細胞数を推測する。


細胞株間及び培地間の比較

ヒトiPS細胞201B7株及び253G4株を各未分化維持用培地(培地A, B, C, D)で培養後、培地交換翌日に培養上清を回収した。細胞数をカウントし、各未分化維持用培地を用いて2,000cells/mLとなるように各培養上清を希釈し、本キットを用いて吸光度を測定した。その結果を下図に示す。この結果により、細胞株あるいは培地などの培養条件により細胞数(cells/mL)が一定であっても、シグナル強度が異なることが分かる。そのため、標準曲線は培養条件ごとに作成して頂く必要があります。

イメージ

 

ヒトiPS細胞培養上清の測定

ヒトiPS細胞201B7株をStemSure® hPSC培地Δを用いて培養を行い、培地交換翌日にその培養上清を回収した。同時に細胞数をカウントし、培養上清を段階的にStemSure® hPSC培地Δで希釈し、希釈した培養上清を本キットに供した。結果、高い相関係数をもつ近似式が得られた。この近似式より、この培養条件下でのヒトiPS細胞の検出下限値※を求めると、108 cells/mL であった、  
 ※検出下限値:培地のみのバックグラウンドの吸光度平均 + 3.3SDと近似式から算出した細胞数。

イメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分化細胞培養上清へのヒトiPS細胞培養上清のスパイク実験

線維芽細胞及びヒト膝関節軟骨(NHAC-kn)細胞の血清含有の培養上清に添加したヒトiPS細胞の培養上清が測定可能か確認した。ヒトiPS細胞の混合割合を0〜20%(0〜2×104 cells/mL:総細胞数 1×105 cells/mL)となるように、線維芽細胞及びヒト膝関節軟骨細胞の培養上清へヒトiPS細胞の培養上清を混合し、本キットに供した。血清および線維芽細胞存在条件で作成した培養上清中においてもヒトiPS細胞の培養上清を測定可能であった。

また、線維芽細胞またはヒト膝関節軟骨細胞とiPS細胞の混合試料から得られた近似式よりこの条件下でのヒトiPS細胞の検出下限値※を求めると、それぞれ170 cells/mL、96 cells/mL であった。

イメージ

 

 

使用上の注意

  • 細胞株、あるいは培地の種類などの培養条件により、シグナル強度と細胞数(cells/mL)の関係が異なるため、標準曲線は細胞株ごとおよび未分化維持培養条件ごと、分化誘導培地ごとに作成する必要があります。
  • 異なる培養条件ではシグナル強度の高低で未分化性を評価することはできません。同じ培養条件で評価してください。
  • このキットを用いて、算出されるヒトES/iPS細胞数と実際の細胞数とは必ずしも一致いたしません。未分化維持状態および細胞分化の進行をモニタリングする一つの指標とお考えください。

Q&A

Q1. ポドカリキシンは培養上清中に残存しますか?
A1. ポドカリキシンは培養上清中に放出されます。培養上清を37℃で8日間保管しても、シグナルの低減が認められていないため、本キットの測定対象であるポドカリキシン上の糖鎖は安定であることを確認しています。また、冷凍保管した場合は、4ヶ月安定であることを確認しています(ただし、凍結融解の繰り返しは避けてください)。

Q2. ポドカリキシンを標準品として使用できますか?
A2. 本キットは、ポドカリキシン上の糖鎖を検出します。糖鎖を付加したタンパク質を合成することは困難なため、本キットに使用できるスタンダードを作ることは難しいと考えられます。糖鎖を付加していないポドカリキシンを作ることは可能と思われますが、標準品として適切なものになるかは不明です。

Q3. 放出されるポドカリキシンの長さは一定でしょうか?
A3. ポドカリキシンは55kDaのタンパク質でアミノ酸配列は一定ですが、実際は型糖鎖、N型糖鎖、グリコサミノグリカンが付加されており、240kDa以上の分子量を示す巨大なムチン様分子となっています。糖鎖修飾の程度や性質が異なる分子群が混在しているヘテロな糖タンパク質群であるため、分子量は一定ではありません。電気泳動では>240kDaのスメアのバンドを示します。

Q4. 3次元培養でもポドカリキシンは放出されますか?
A4. 3次元培養でも放出されることを確認しています。

Q5. ポドカリキシンの役割は何でしょうか?
A5. ヒトiPS細胞における機能は不明ですが、未分化細胞の形態、増殖性、分化能などに密接に関係していると考えられます。腎臓では糸球体足細胞に発現する主要な糖タンパク質であり、足細胞の形態形成や機能に必須の役割を担っています。ポドカリキシン欠損マウスでは腎臓に異常がでて致死となります。

Q6. 培養上清を回収するとき、混ぜる必要はありますか?
A6. ディッシュ/プレートを揺らすなどして、軽く混ぜた後、培養上清を回収してください。

Q7. 陽性コントロールと陰性コントロールは何に使用しますか?
A7. キットの反応系が正常に働いているか確認いただくためにご使用ください。

参考文献

  • Tateno, H., Onuma, Y., Ito, Y., Hiemori, K., Aiki, Y., Shimizu, M., Higuchi, K., Fukuda, M., Warashina, M., Honda, S., Asashima, M. and Hirabayashi, J.: Sci. Rep., 4, 4069 (2014).

価格表

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
299-78301
 Human ES/iPS Cell Monitoring Kit
再生医療研究用 96回用 96,000 イメージ
 

関連製品

★蛍光標識rBC2LCN★

 ヒトES/iPS細胞の培養液に添加するだけで、ヒトES/iPS細胞を生きたまま細胞染色することができます。<リンク>

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
180-02991
186-02993
 rBC2LCN-FITC 【AiLecS1-FITC】
  Ex. 495nm, Em. 520nm
細胞染色用 100μl
100μl×5
20,000
80,000
イメージ
186-03211
182-03213
 rBC2LCN-547 【AiLecS1-547】
  Ex. 551nm, Em. 565nm
細胞染色用 100μl
100μl×5
30,000
120,000
イメージ
185-03161
181-03163
 rBC2LCN-635 【AiLecS1-635】
  Ex. 634nm, Em. 654nm
細胞染色用 100μl
100μl×5
30,000
120,000
イメージ

★rBC2LCN-PE23★
 
 ヒトES/iPS細胞を含む培養液に添加するのみで、ヒトES/iPS細胞を選択的に殺傷できます。<リンク>

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
180-03231
186-03233
 rBC2LCN-PE23
細胞培養用 100μl
100μl×5
30,000
120,000
イメージ

★rBC2LCNストリッピング溶液★
 
 ヒトES/iPS細胞の細胞表面に存在する糖鎖と結合したrBC2LCNレクチンを細胞から剥離させることができます。rBC2LCN剥離後、細胞を他の抗体で染色することや、培養を継続することが可能です。<リンク>

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
182-03171
 rBC2LCN Stripping Solution 【AiWashS1】
細胞培養用 10ml 15,000 イメージ

★BC2LCNレクチン, 組換え体、溶液★
 
 未標識のrBC2LCNもラインアップしています。

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
029-18061
025-18063
 BC2LCN 【AiLecS1】 Lectin, recombinant, Solution
糖鎖研究用 1mg
1mg×5
30,000
照会
イメージ

★StemSure®hPSC培地Δ★
 
 フィーダーフリー条件下でヒトES/iPS細胞の維持培養に使用できる無血清の液体培地です。原料に動物由来物を含む成分を使用しておりません。

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
197-17571
193-17573
StemSure®hPSC Medium Δ
細胞培養用 100ml
100ml×4
6,000
20,000
イメージ
064-05381
068-05384
060-05383
Fibloblast Growth Factor (basic), Human, recombinant, Animal-derived-free 【bFGF/FGF2】
細胞生物学用 50μg
100μg
1mg
39,500
67,000
照会
イメージ
160-27051
hPSC Dissociation Solution
 ヒトiPS細胞用シングルセル細胞分散剤。酵素・動物由来物不含。
細胞培養用 100ml 3,000 イメージ

★StemSure®シリーズ★

 マウスES細胞D3株もしくはヒトiPS細胞201B7株を用いて品質試験を行っています。

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
197-16275
StemSure® D-MEM with Phenol Red and Sodium Pyruvate
細胞培養用 500ml 4,600 イメージ
197-16775
StemSure® Serum Replacement
細胞培養用 500ml 40,000 イメージ
198-15781
StemSure® 10mmol/l 2-Mercaptoethanol Solution(×100)
細胞培養用 100ml 7,000 イメージ
195-15791
StemSure® 50mmol/l Monothioglycerol Solution(×100)
 2MEと同等に使用できる還元剤。
細胞培養用 100ml 8,000 イメージ
190-15805
StemSure® 0.1w/v% Gelatin Solution
細胞培養用 500ml 7,000  
195-16031
StemSure® Freezing Medium
 BSAを含むES細胞・iPS細胞用凍結保存溶液
細胞培養用 100ml 12,000 イメージ
197-17831
StemSure® hPSC Freezing Medium, AF
 アニマルフリーのヒトES細胞・ヒトiPS細胞用凍結保存溶液
細胞培養用 100ml 16,000 イメージ
199-16051
195-16053
StemSure® LIF, Mouse, recombinant, Solution
細胞培養用 106units
106units×10
30,000
150,000
イメージ

*希望納入価格には消費税等が含まれておりません。


★Y-27632, MF★

 培地添加物として2015年9月に原薬等登録原簿(マスターファイル)に登録されました。 自主規格に基づき、原料を管理し、製造工程や分析試験のバリデーションを実施し、恒常的に安定した品質の製品を得られる体制で製造しています。<リンク>



★ES・iPS細胞研究用試薬★

 2007年のiPS細胞樹立の発表後、iPS細胞に関わる文献が数多く発表されています。様々な文献内で、ES細胞・iPS細胞の未分化能維持や分化誘導に関わると報告されている低分子化合物をラインアップしています。<リンク>


★液体培地・細胞培養用試薬★

 液体培地をはじめとして平衡塩溶液、細胞剥離・分散用溶液、抗生物質溶液、細胞外基質などの製品の品揃えを充実させております。<リンク>

イメージ

 





※掲載内容は2016年8月時点での情報です。上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com をご参照ください。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  ヒトES/iPS細胞モニタリングキット

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806