和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  StemSure® 凍結保存溶液

ヒトiPS細胞・マウスES細胞の凍結保存に ヒトiPS細胞の凍結保存にも使用できます!!
StemSure® 凍結保存溶液 Update!!

イメージ 本品はマウスES細胞をはじめとする種々の汎用動物細胞株の凍結保存に適した無血清タイプの細胞凍結保存溶液です。本品は10%DMSO, BSAを含んでいます。規格試験としてマウスES細胞D3株を用い凍結保存・融解し、細胞生存率の確認を行っています。本品は、プログラムフリーザーを用いず、緩慢凍結法で細胞を凍結保存できます。
 マウスES細胞D3株を-80℃で2年間保存したとき高い生存率を維持していること、汎用動物細胞株を-150℃で30ヶ月保存したとき高い生存率を維持していることを確認しました。
また、ヒトiPS細胞の凍結保存に使用できることも確認しました



特長

  • ヒトiPS細胞・マウスES細胞を未分化能を維持したまま凍結保存できる
  • -80℃で長期間凍結保存できる
  • 汎用動物細胞株の凍結保存後の細胞生存率が良い。
  • 血清を含まない無血清タイプ
  • 面倒な試薬の調製が不要。
  • プログラムフリーザーも不要。

試験項目

  • 細胞生存率試験(マウスES細胞D3株を使用)
  • 無菌試験
  • エンドトキシン
  • マイコプラズマ試験

使用方法

ヒトiPS細胞の凍結保存

1. 凍結保存

  1. ヒトiPS細胞を培養中のディッシュより培養液を除去し、PBSで洗浄後、Accutaseなどで細胞を剥がす。
  2. 10μmol/l Y-27632を含むヒトiPS細胞用培地(hPSC培地(+ROCKi))を加え、ピペッティングでシングルセルに分散する。
  3. 分散した細胞懸濁液をチューブに移し、遠心(1,000rpm, 3分, 室温)後、上清を除去する。
  4. hPSC培地(+ROCKi)を含む培地を加え、ピペッティングで懸濁する。
  5. 細胞数をカウントする。
  6. 1×106 cells/バイアルとなるよう細胞懸濁液を保存用バイアルに分注する。
  7. 遠心(1,000rpm, 3分, 室温)後、上清を除去する。
  8. 本品 500μl/バイアルで懸濁し、-80℃で凍結する。

2. 融解

  1. 凍結していたバイアルにhPSC培地(+ROCKi) を加え、凍結細胞を融解する(温浴は使用しない)。
  2. 遠心(1,000rpm, 3分, 室温)後、上清を除去し、再度hPSC培地(+ROCKi)を加え、懸濁する。
  3. 細胞数をカウントする。
  4. 2×105 cells/6cm dishで播種する 。

マウスES細胞・汎用動物細胞株の凍結保存

1. 凍結保存

  1. 細胞をチューブに収集する。
  2. 遠心し、上清を除去する。
  3. チューブに本品を添加し、懸濁する。
  4. 懸濁液を保存用チューブに分注する。
  5. 保存用チューブを-80℃で一晩凍結させる。
  6. -150℃、あるいは-80℃で保存する。

2. 融解

  1. 凍結保存しておいたチューブを37℃の温浴槽で融解させる。
  2. 培養に使用する培養用培地に懸濁する。
  3. 遠心し、上清を除去後、培養用培地で懸濁する。
  4. 培養容器に播種する。

ヒトiPS細胞201B7株の凍結保存 Update!!

ヒトiPS細胞201B7株をシングルセルに分散したあと、StemSure® 凍結保存溶液に懸濁して、-80℃で4日間凍結保存した。凍結融解を3回繰り返した後、細胞生存率および各種未分化マーカー(Oct3/4, Sox2, SSEA-4, Tra-1-81)の発現を確認した。

細胞生存率

イメージ

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

未分化マーカー発現の確認

イメージ

マウスES細胞D3株の凍結保存

StemSure® 凍結保存溶液を用いて、マウスES細胞D3株を凍結保存した。凍結した細胞を融解し、細胞生存率を測定した。また、融解した細胞を10日間培養し、コロニー形成率を測定した。

-150℃保存(30ヶ月)

イメージ

<凍結保存>
 @ 1〜2×106cellsを本品1mlに懸濁し、
   保存用チューブに分注する。
 A -80℃で1日間凍結保存後、-150℃に移し、
   凍結保存する。あるいは-80℃で凍結保存する。

<融解>
 B 37℃の温浴層で融解する。
 C 培養用培地で懸濁し、遠心する。
 D 上清を吸引し、培養用培地で懸濁する。

○コロニー形成の確認
 ≪播種細胞数≫
   500cells/well
   (コラーゲンコート6穴プレート)
 ≪培養期間≫
   10日間

-80℃保存(24ヶ月)

イメージ

 

 

 

 

 

 

細胞形態・未分化マーカーの確認

StemSure®凍結保存溶液を用いてマウスES細胞D3株の凍結融解を4回繰り返した後、細胞形態、ALP染色、各種未分化マーカー(Oct3/4, Sox2, Nanog, SSEA-1)の発現を確認した。

イメージ


<凍結保存>
 @ 1〜2×106cellsを本品1mlに懸濁し、保存チューブに分注する。
 A -80℃で1日間凍結保存後、-150℃に移し、1日間保存する。

<解凍>
 B 37℃の温浴槽で融解後、培養用培地で懸濁し、遠心後、上清を除去する。
 C 培養用培地で再懸濁後、培養容器に播種し、培養する。
 D @〜Cを4回繰り返す。
 その後、位相差顕微鏡(Phase)で撮影、ALP染色、
 免疫染色(各種未分化マーカー、DAPI)を行った。





 

テラトーマ形成の確認

StemSure®凍結保存溶液を用いてマウスES細胞D3株を-150℃で11ヶ月間凍結保存した。その細胞を融解後、培養し、免疫不全マウスの皮下にインジェクションした。皮下にテラトーマが形成され、その内部に神経組織(外胚葉由来)、軟骨組織(中胚葉由来)、繊毛上皮を伴う管腔構造(内胚葉由来)などを確認した。

イメージ

 

 

 

汎用動物細胞株の凍結保存後の細胞生存率

StemSure®凍結保存溶液を用いて、各種動物細胞株を凍結保存した。30ヶ月後も高い生存率を維持していること、融解した細胞が生着することを確認した。

イメージ


<凍結保存>
 @ 1〜2×106cellsを本品1mlに懸濁し、保存チューブに分注す
  る。
 A -80℃で1日間凍結保存後、-150℃に移し、2ヶ月、4ヶ月、
  30ヶ月間凍結保存する。

<融解>
 B 37℃の温浴層で融解後、培養用培地で懸濁し、遠心する。
 C 上清を除去し、培養用培地で懸濁する。


価格表

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
195-16031
 StemSure® Freezing Medium
細胞培養用 100ml 12,000 イメージ

 

★そのほか凍結保存溶液★

     
コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
031-24051 細胞培養用 10ml×10 23,000
039-23511
 CultureSure® Freezing Medium
  汎用動物細胞用凍結保存溶液
細胞培養用 100ml 8,000 イメージ

*希望納入価格には消費税等が含まれておりません。

関連製品

★StemSure® hPSC培地Δ★

  フィーダーフリー条件下でヒト多能性幹細胞の維持培養に使用できる無血清の液体培地です。ヒトiPS細胞201B7株を用いて毎ロット品質試験を行ってい
 ます。<リンク>

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
197-17571
193-17573
 StemSure® hPSC MediumΔ
細胞培養用 100ml
100ml×4
6,000
20,000
イメージ

★StemSure® シリーズ★

  ES細胞やiPS細胞の培養に使用できる製品です。マウスES細胞D3株を用いて毎ロット品質試験を行っています。


コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円) 保存温度・法規情報
197-16275
 StemSure® D-MEM(High Glucose)with Phenol
 Red and Sodium Pyruvate
細胞培養用 500ml 3,500 イメージ
197-16775
 StemSure® Serum Replacement
細胞培養用 500ml 40,000 イメージ
198-15781
 StemSure® 10mmol/l 2-Mercaptoethanol Solution
 (×100)
細胞培養用 100ml 7,000 イメージ イメージ
195-15791
 StemSure® 50mmol/l Monothioglycerol Solution
 (×100)

  2MEと同等に使用できる還元剤。毒物非該当
細胞培養用 100ml 8,000 イメージ
190-15805
 StemSure® 0.1w/v% Gelatin Solution
細胞培養用 500ml 7,000  
199-16051
195-16053
 StemSure® LIF, Mouse, recombinant, Solution
細胞培養用 106units
106units×10
30,000
150,000
イメージ

*希望納入価格には消費税等が含まれておりません。


★rBC2LCN-FITC★

  rBC2LCNは未分化なヒトES・iPS細胞を特異的に認識します。ヒトES・iPS細胞を含む培養液に添加することで、未分化細胞を生きたまま染色することが できます。<リンク>


★液体培地・細胞培養用試薬★

  液体培地をはじめとして平衡塩溶液、細胞剥離・分散用溶液、抗生物質溶液、細胞外基質などの製品の品揃えを充実させております。<リンク>


★ES・iPS細胞研究用試薬★

  2007年のiPS細胞樹立の発表後、iPS細胞に関わる文献が数多く発表されています。様々な文献内で、ES細胞・iPS細胞の未分化能維持や分化誘導に関わる と報告されている低分子化合物をラインアップしています。<リンク>


★LIF, ヒト, 組換え体, 培養上清★

  LIFはマウスES細胞の分化抑制作用があるため、ES細胞の未分化状態を維持するために細胞培養時に用いられます。<リンク>


イメージ

 





※掲載内容は2014年10月時点での情報です。上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com をご参照ください。

 

製品コードをクリックするとSiyaku.comにリンクしますので、上記以外の法律および最新情報はそちらをご参照ください。
掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。


試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  StemSure® 凍結保存溶液

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806