富士フイルム試薬 [Laboratory Chemicals]試薬 [Laboratory Chemicals]
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求

効率的で新しい培養器材
G-Rex [Gas Permeable Rapid Cell Expansion]

G-Rexは新しい細胞培養器材です。底面のガス透過性膜を通したガス交換が出来ることにより、従来の培養フラスコ・プレートよりも
効率的に細胞増殖を行う事が出来ます。


リンク関係


製品概要

従来の培養フラスコ・プレートにない新しいタイプの培養器材です。
広く非接着性細胞の培養に適しています。(T細胞、NK、TIL、Treg、CIK、HeLa、CHO、SF9 など)
ポンプやミキサーの使用、および振動を与える必要はありません。


G-Rexは底面にガス透過性膜が使われていて底面から安定的にガスが供給される仕組みになっており、高密度な培養が可能です。また、従来タイプの培養フラスコのように空間をあけておく必要が無いため、大量の培地を貯める事により培地交換回数が少なくて済み、細胞増殖も速くなります。

価格一覧

商品コード
メーカーコード
品名
容量
希望納入価格はこちら
554-30201
80192M
 G-Rex 24Well Plate
1個
551-30211
80240M
 G-Rex 6Well Plate
1個
551-21921
80040S
 G-Rex 10                 
1個
551-30191
80110S
 G-Rex 10M
1個
558-21931
80500S
 G-Rex 100                 
1個
555-21941
81100S
 G-Rex 100M                
1個
85500S
 G-Rex 500M
1個

*G-Rex 500Mはメーカー受注生産品のため、納品までに数ヶ月が必要です。

特 長【1】 *参考文献よりFig.1を抜粋

高い細胞密度で培養出来る ⇒ 高い収量が期待出来る
従来の培養プレートとG-Rexを使用して培養を行った際のK562細胞密度の変化。
初期細胞密度はいずれも1×106個/cm2、毎日培地全量の半分を交換した。

a:従来型プレートによる培養に比べ、G-Rexでは高密度な培養状態を保った。
b:14日間培養した結果、G-Rex使用により10倍以上の細胞密度となった。

特 長【2】 *参考文献1よりFig.3を抜粋

培地交換が低頻度で済む ⇒ 短期間で回収出来る
G-Rexを使用した際の、K562細胞の細胞密度(個/cm2)と使用培地量(ml/cm2)の関係。

a
 使用培地量を変えた場合のそれぞれの最大細胞密度(個/cm2)。10ml/cm2までは使用量と最大細胞密度は相関関係にあった。

 尚、培養開始時は1.25×105個/cm2、培地の交換は行っていない。

b
 培地交換回数を変えた場合のそれぞれの細胞密度変化(個/cm2)。いずれも培養開始時は1.25×105個/cm2、培地使用全量は10ml/cm2で、

 培地交換を0回[@]、1回(5ml/cm2×2、day0とday12) [A] 、3回(2.5ml/cm2×4、day0・day6・12・18) [B]。

 培地交換を行う回数が少ないほど早く細胞密度が高くなった。

培養の目安

*サイトカインを添加する場合は、必要に応じて2〜3日おきに添加ください。
*培養環境により異なる場合があります。

品名
底面積
培地量
初期播種細胞数
回収可能細胞数
培養期間
培地交換回数
G-Rex 24Well Plate
2cm2
8mL
100万個
4,000〜8,000万個
12日
2回
G-Rex 6Well Plate
10cm2
40mL
500万個
2〜4億個
12日
2回
G-Rex10
10cm2
40mL
500万個
2〜4億個
12日
2回
G-Rex10M
10cm2
100mL
500万個
2〜4億個
10日
不要
G-Rex100
100cm2
450mL
5,000万個
20〜40億個
12日
2回
G-Rex100M
100cm2
1,000mL
5,000万個
20〜40億個
10日
不要
G-Rex500M
500cm2
5,000mL
2.5億個
100〜200億個
10日
不要

簡易チャート

                                          *G-Rex100M・使用培地量1000mLの場合

ラインナップ


     
G-Rex 24Well Plate
G-Rex 6Well Plate
G-Rex10
     
G-Rex 10M
G-Rex 100
G-Rex 100M
     
 
G-Rex 500M
 
 
 

参考文献

(文献の一部をここでご紹介します 詳細はこちらでご確認下さい)


01:Optimizing the production of suspension cells using the G-Rex "M" seriesA uthors: Pradip Bajgain, et al
  Publication: Molecular Therapy - Methods & Clinical Development
  Published Date: 11/1/2014
CAR-T & TCR
02:Go-CART: an animal-free system for the assessment of CAR T cell function
  Authors: Pradip Bajgain, et al
  Publication: Journal of Immunotherapy of Cancer
  Published Date: 11/4/2015
03:Manufacture of tumor- and virus-specific T lymphocytes for adoptive cell therapies
  Authors: X Wang, et al
  Publication: Cancer Gene Therapy
  Published Date: 2/27/2015
04:Early transduction produces highly functional chimeric antigen receptor-modified virus-specific T-cells with central memory markers: a Production Assistant for Cell Therapy (PACT) translational application
  Authors: Jiali Sun, et al
  Publication: Journal of Immunotherapy of Cancer
  Published Date : 1/1/2015
05:T lymphocytes targeting native receptors
  Authors: Cliona M. Rooney, et al
  Publication: Immunological Reviews
  Published Date : 1/4/2014
06:PiggyBac-mediated Cancer Immunotherapy Using EBV-specific Cytotoxic T-cells Expressing HER2- specific Chimeric Antigen Receptor
  Authors: Yozo Nakazawa, et al
  Publication: Molecular Therapy
  Published Date : 12/1/2011
07:Immunotherapy of Human Cancers Using Gene Modified T Lymphocytes
  Authors: Juan F. Vera, et al
  Publication: Current Gene Therapy
  Published Date : 10/1/2009
CTL & VST
08:Manufacture of GMP-compliant functional adenovirus-specificT-cell therapy for treatment of post-transplant infectious complications
  Authors: CLAIRE HORLOCK, et al
  Publication: Cytotherapy
  Published Date : 6/1/2016
09:Early transduction produces highly functional chimeric antigen
receptor-modified virus-specific T-cells with central memory markers: a Production Assistant for Cell Therapy (PACT) translational application
  Authors: Jiali Sun, et al
  Publication: Journal of Immunotherapy of Cancer
  Published Date : 1/4/2015
NK, Treg, HSC & Others
10:Large-Scale Culture and Genetic Modification of Human Natural
Killer Cells for Cellular Therapy
  Authors: Natalia Lapteva, et al
  Publication: Methods in Molecular Biology
  Published Date : 1/1/2016
11:Expansion of Human and Murine Hematopoietic Stem and Progenitor Cells Ex Vivo without Genetic Modification Using MYC and Bcl-2 Fusion Proteins
  Authors: Gregory A. Bird, et al
  Publication: PLOS One
  Published Date : 8/1/2014
12:Clinical Grade Purification and Expansion of Natural Killer Cells
  Authors: Natalia Lapteva, et al
  Publication: Critical Reviews in Oncogenesis
  Published Date : 1/1/2014
13:Robust and cost effective expansion of human regulatory T cells highly functional in a xenograft model of graft-versus-host disease
  Authors: Rikhia Chakraborty, et al
  Publication: Haematologica
  Published Date : 1/1/2013
14:Cellular therapy of cancer with natural killer cells-where do we stand?
  Authors: HANS G. KLINGEMANN
  Publication: Cytotherapy
  Published Date : 1/1/2013
15:Will T-cell therapy for cancer ever be a standard of care?
  Authors: MK Brenner
  Publication: Cancer Gene Therapy
  Published Date : 9/1/2012
TIL
16:The beneficial effects of a gas-permeable flask for expansion of Tumor-Infiltrating lymphocytes as reflected in their mitochondrial function and respiration capacity
  Authors: Marie-Andree Forget, et al
  Publication: OncoImmunology
  Published Date : 3/2/2016
17:Activation and Propagation of Tumor-infiltrating Lymphocytes on Clinical-grade Designer Artificial Antigen-presenting Cells for Adoptive Immunotherapy of Melanoma
  Authors: Marie-Andree Forget, et al
  Publication: Journal of Immunotherapy
  Published Date : 11/1/2014
18:Simplified Method of the Growth of Human Tumor Infiltrating Lymphocytes in Gas-permeable Flasks to Numbers Needed for Patient Treatment
  Authors: Jianjian Jin, et al
  Publication: Journal of Immunotherapy
  Published Date : 4/1/2012


 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格はリンク先のSiyaku.comでご確認ください。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。


富士フイルム和光純薬工業

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: ffwk-labchem-tec@fujifilm.com URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806