和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  遺伝子  >  SmartEnzymes™ Genovis AB
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  SmartEnzymes™ Genovis AB
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  SmartEnzymes™ Genovis AB

バイオ医薬研究用 酵素・試薬キット
SmartEnzymes™ Genovis AB

取扱い記念キャンペーン開催中!

30%off Genovis社は、抗体医薬研究用のバイオ医薬プロセス酵素SmartEnzymes™を開発・製造しているスウェーデン(ルンド)のメーカーです。
Genovis社は、モノクローナル抗体、ADCs(antibody drug conjugates)、Fc融合タンパク質、バイオシミラー等のバイオ医薬品の研究開発に使用できるユニークな酵素(プロテアーゼ、グリコシラーゼ)、試薬キットをラインアップしています。

 

キャンペーン期間:2017年8月1日〜10月31日  期間中、全製品を 30%OFF にてご提供!

イメージ


IgG Proteases

  • FabRICATOR® (IdeS)
    IgGヒンジ領域直下を切断するプロテアーゼ。F(ab')2とFcの調製に最適。
  • FragIT™
    FabRICATOR®(IdeS)固定化ビーズ充填スピンカラム。F(ab')2とFcを簡便に精製。
  • FabRICATOR® (IdeZ)
    FabRICATOR®(IdeS)のホモログプロテアーゼ。
    マウスIgG2aのヒンジ領域直下を認識する活性が向上。F(ab')2とFcを2時間で生成。
  • FabULOUS® (SpeB)
    多種IgGのヒンジ領域上部を認識するプロテアーゼ。
    1-5mM DTT、TCEP存在下の中性条件で反応。
  • GingisKHAN® (KGP)
    ヒトIgG1ヒンジ領域上部 K223-T224を認識するプロテアーゼ。
    2mM Cysteine存在下の中性条件で反応し、インタクトなFabとFcを調製可能。
  • FabALACTICA™
    ヒトIgG1のヒンジ領域上部(KSCDKT / HTCPPCP)を認識するプロテアーゼ。
    中性条件で還元剤およびコファクターなしで反応し、インタクトなFabとFcを調製可能。

IgG Glycosidases

Site-specific endopeptidase

  • GingisREX™
    アルギニンC末端側を特異的に認識・切断するプロテアーゼ。
  • Lysyl Endopeptidase®
    リジンC末端側を特異的に認識・切断するプロテアーゼ。
    抗体医薬品質管理のワールドスタンダード。

Site-specific Antibody conjugation

  • GlyCLICK™
    Fcグライカンリモデリング反応とクリックケミストリーにより、Fc領域の特定部位に目的分子(Alexa Fluor® 488, ビオチン, deferoxamine (DFO), Azide活性化)を修飾。

O-Glycan elimination

  • OglyZOR™
    糖タンパク質からコア1、コア3O結合型糖鎖を除去するエンドグリコシラーゼ。
  • OpeRATOR™
    糖タンパク質のO結合型糖鎖修飾部位のセリンまたはスレオニンのN末端を認識するプロテアーゼ。 N結合型糖鎖には作用しない。
  • SialEXO™
    O結合型、N結合型糖タンパク質からシアル酸を除去するシアリダーゼ。α2-3、α2-6またはα2-8結合を認識。

Bio-pharma research products


SmartEnzymes™を使用した抗体構造解析の詳細な技術情報(Genovis社ポスター)は下記をご参照下さい。

リンク関係


FabRICATOR® / FragIT™

  • 抗体のヒンジ領域直下を切断(過剰分解なし)
  • プロトコールを最適的化済み
  • 幅広い生物種のIgGに適用
  • IgG切断反応が約30分で完了
  • FabRICATOR® (IdeS) 固定化ビーズ、スピンカラムもラインアップ



製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
A0-FR1-020 FabRICATOR® (IdeS) FabRICATOR® (IdeS) Enzyme
8連チューブ、96ウェルタイプもラインアップ

freeze
SDS
取扱説明書

2000Units
A0-FR1-050 5000Units
A0-FR1-250 5×5000Units
A0-FR1-008 8×100Units
A0-FR1-096 96×100Units
A0-FR6-010 FragIT™ - Immobilized FabRICATOR®
FabRICATOR® (IdeS)固定化ビーズ充填スピンカラム

refrigerator
SDS
取扱説明書

2×0.5mg
A0-FR6-025 5×0.5mg
A0-FR6-050 10×0.5mg
A0-FR6-100 1-10mg
A0-FR6-1000 10-100mg
A2-FR2-005 FragIT™ Kit
FabRICATOR® (IdeS)固定化ビーズカラムと
消化抗体精製用試薬を含むキット
refrigerator

SDS
取扱説明書

0.5mg
A2-FR2-025 5×0.5mg
A2-FR2-100 10mg
A2-FR2-1000 100mg
A0-FR8-020 FabRICATOR® LE (Low Endotoxin) freeze

SDS
取扱説明書

2000Units
A0-FR8-050 5000Units
A0-FR4-060 FabRICATOR® Validation Kit freeze

SDS
取扱説明書

3×2000Units
A3-AF1-010 Anti-FabRICATOR® freeze

SDS
取扱説明書

0.1mL

FabRICATOR® (IdeS)はHisタグを含んでいますので、抗体消化反応後にニッケルキレートレジンで除去できます。
FabRICATOR® (IdeS)は凍結乾燥品です。アジ化ナトリウム 0.02 - 0.05% (w/v)を含む滅菌水に溶解してご使用下さい。
ユニット定義 : One unit cleaves ≥ 95% of 1μg human IgG when incubated in 10 mM sodium phosphate, 137 mM NaCl, 2.7mM KCl, pH 7.4 at 37℃ for 30min.
由来: FabRICATOR® (IdeS) is derived from Streptococcus pyogenes and expressed in E. coli.


MSによるFabRICATOR® (IdeS)を使用したハイスループット抗体構造解析の詳細な技術情報(Genovis社ポスター)はこちらをご参照下さい。

FabRICATOR®

  • FabRICATOR® (IdeS) の特性をそのまま保持
  • マウスIgG2aに対してはFabRICATOR® (IdeS) よりも高活性
  • 幅広い生物種のIgGに適用
  • IgG切断反応が約30分で完了
  • FabRICATOR® (IdeZ) 固定化ビーズ、スピンカラムもラインアップ



製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
A0-FRZ-020 FabRICATOR® Z (IdeZ) FabRICATOR® Z Enzyme freeze

SDS
取扱説明書

2000Units
A0-FZ6-010 FragIT™ Z - Immobilized FabRICATOR® Z
FabRICATOR® (IdeZ)
固定化ビーズ充填スピンカラム
refrigerator

SDS
取扱説明書

2×0.5mg
A0-FZ6-025 5×0.5mg
A0-FZ6-050 10×0.5mg
A2-FZ2-005 FragIT™ Z Kit
FabRICATOR® (IdeZ)固定化ビーズカラムと
消化抗体精製用試薬を含むキット
refrigerator

SDS
取扱説明書

0.5mg
A2-FZ2-025 5×0.5mg

FabRICATOR® Z (IdeZ)はHisタグを含んでいますので、抗体消化反応後にニッケルキレートレジンで除去できます。
FabRICATOR® Z (IdeZ)は凍結乾燥品です。アジ化ナトリウム 0.02 - 0.05% (w/v)を含む滅菌水に溶解してご使用下さい。
ユニット定義 : One unit digests ≥ 95% of 1μg human IgG when incubated in 10 mM sodium phosphate, 137 mM NaCl, 2.7 mM KCl, pH 7.4 at 37℃ for 2h.
由来: FabRICATOR® Z (IdeZ) is derived from Streptococcus equi ssp. zooepidemicusand expressed in E. coli.



Table 1. Buffers tested for compatibility with FabRICATOR® digestion at different pH.

Compatible buffers pH range Compatible buffers pH range
Phosphate buffer saline (PBS) 6.0 - 8.0 HEPES buffer 7.0 - 8.0
Tris buffer 7.0 - 8.0 Ammonium bicarbonate buffer 6.0 - 7.0
MES buffer 5.5 - 6.5 Sodium acetate buffer 6.0

Note! FabRICATOR® enzyme is irreversibly inactivated below pH 5.0. Digestion above pH 8.0 requires prolonged/optimized reaction conditions.

FabULOUS® (SpeB)

  • IgGヒンジ領域上部を特異的に切断
  • 幅広い生物種のIgGに適用
  • IgG切断反応が約60分で完了
  • Fabフラグメント精製用のマウスL鎖-Kappa特異的カラムを含むキットもラインアップ

Figure 1.
A) Intact monoclonal mouse IgG1 antibody.
B) Analysis of fragments after FabULOUS Fab kit digestion.
C) Eluted Fab fragments from the CaptureSelect™ LC-Kappa column. Digestion and purification were analyzed on RP-HPLC (Agilent 1290) using Waters Acquity UPLC® BEH300 C4.
Figure 2. Non-reducing SDS-PAGE analysis of purified Fab fragments from monoclonal mIgG1 using FabULOUS Fab kit.

Lane 1;intact mIgG1
Lane 2; digested mIgG1
Lane 3; flow through from CaptureSelect™ column
Lane 4; eluted Fab fragments
Lane 5; MW marker.


製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
A0-PU1-020 FabULUOS® (SpeB) FabULOUS® Enzyme freeze

SDS
取扱説明書

2000Units
A1-PFK-020 FabULOUS® Fab kit
FabULOUS® (SpeB)とFabフラグメント精製用のマウスL鎖-Kappa特異的カラムを含むキット
refrigerator

SDS
取扱説明書

2000Units

FabULUOS® (SpeB)はHisタグを含んでいますので、抗体消化反応後にニッケルキレートレジンで除去できます。
FabULUOS® (SpeB)は凍結乾燥品です。プロトコールに記載されている量の滅菌水に溶解してご使用下さい。
ユニット定義 : 1 unit FabULOUS® cleaves 1μg IgG when used as described in an instruction manual.
由来: FabULUOS® (SpeB) is derived from Streptococcus pyogenes expressed in E. coli.



Table 1. Buffers tested for compatibility with FabULOUS®
digestion at different pH.
Compatible buffers pH range
Phosphate buffered saline (PBS) 6.5 - 8.0
Tris buffer 7.0 - 8.0
Sodium acetate buffer 6.5*
Table 2. Reducing agents tested with FabULOUS®
Reducing agent Concentration (mM) pH Reducing agent Concentration (mM) pH
DTT 1-5 6.5 - 8.0 Cysteamine 50-100 6.5 - 8.0
TCEP 1-5 6.5 - 8.0 Mercaptoethanol 50-100 6.5 - 8.0
Cysteine 50-100 6.5 - 8.0  

詳細な技術情報(Genovis社ポスター)はこちらをご参照下さい。

GingisKHAN® (KGP)

  • ヒトIgG1のヒンジ領域上部を特異的に切断
  • 反応試薬がオールインワン
  • IgG切断反応が約60分で完了
  • Fabフラグメント精製用のCH1特異的カラムを含むキットもラインアップ

Digestion and purification of Fab fragments using GingisKHAN FabKit. (A) Intact monoclonal IgG1 antibody. (B) Analysis of antibody fragments after GingisKHAN digestion. (C) The digestion mixture was added to the CH1 specific CaptureSelect column and the flow-through Fc fragment is shown. (D) Elution of the purified Fab fragments. Digestion and purification were analyzed on RP-UHPLC (Agilent 1260) using Supelco C4 bioshell A4. SDS-PAGE analysis of purified Fab fragments from monoclonal hIgG1 Herceptin using GingisKHAN Fab kit. Lane 1 and 6; MW marker, Lane 2; intact human IgG1, lane 3: Fab and Fc fragments after GingisKHAN digestion, lane 4: flow-through Fc fragments and GingisKHAN, lane 5: eluted Fab fragments.


製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
B0-GKH-020 GingisKHAN® (KGP) GingisKHAN® Enzyme freeze

SDS
取扱説明書

2000Units
B0-GFK-020 GingisKHAN® Fab kit
GingisKHAN® (KGP)とFabフラグメント精製用の
CH1特異的カラムを含むキット
refrigerator

SDS
取扱説明書

2000Units

ユニット定義 : One unit cleaves ≥ 95% of 1μg human IgG1 when incubated in 0.1 M Tris, pH 8.0 at 37℃ for 1 hour.
由来: Purified from Porphyromonas gingivalis.


詳細な技術情報(Genovis社ポスター)はこちらをご参照下さい。

FabALACTICA™

  • ヒトIgG1のヒンジ領域上部を特異的に切断
  • 中性条件下での反応(還元剤不要)によりインタクトなFabとFcを調製可能

Optimal digestion conditions were obtained in 150 mM NaP at 37℃, pH 6.5-8 in 0-150 mM NaCl. The monoclonal hIgG1 antibodies Adalimumab, Trastuzumab and Cetuximab were digested with a purified IgdE protease preparation with an E:S ratio of 1:10 at 37℃ overnight in 150 mM NaP, pH 7.0. The digestions were analyzed by non-reduced SDS-PAGE (Fig. 1c) and RP-HPLC (Fig. 1d). HPLC was performed on Agilent 1260 using Waters Acquity UPLC® BEH300 C4, 1.7 μm, 2.1x100 mm column in an acetonitrile/isopropanol gradient at 60℃.


製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
A0-AG1-020 FabALACTICA™ freeze

SDS
取扱説明書

2000Units

FabALACTICA™ (IgdE)はHisタグを含んでいますので、抗体消化反応後にニッケルキレートレジンで除去できます。
FabALACTICA™ (IgdE)は凍結乾燥品です。プロトコールに記載されている量の滅菌水に溶解してご使用下さい。
ユニット定義 : One unit digests ≥ 90% of 1 μg human IgG1, when incubated in 150 mM sodium phosphate, pH 7.0 at 37℃ overnight (16-18h).
由来:FabALACTICA™ is derived from Streptococcus agalactiae and expressed in E. coli.


詳細な技術情報(Genovis社ポスター)はこちらをご参照下さい。

GlycINATOR® (EndoS2) / Immobilized GlycINATOR®

  • IgG特異的エンドグリコシラーゼ
  • Fc領域に付加されている糖鎖を加水分解
  • ネイティブIgGの糖鎖除去にも使用可能
  • コアGlcNAcはFc領域に残存
  • ヒトIgG サブクラスおよびその他生物種由来 IgG (mouse, rat, monkey, sheep, goat, cow, horse) に使用可能
  • GlycINATOR®固定化ビーズを充填したスピンカラムとGlycINATOR ® LE (低エンドトキシン)もラインアップ


Immobilized GlycINATOR® MidiSpin Deglycosylates 1-10 mg

Immobilized GlycINATOR® Deglycosylates 0.5 mg

Immobilized GlycINATOR® Maxispin Deglycosylates 10-100 mg



製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
A0-GL1-020 GlyclNATOR® (EndoS2) GlycINATOR® (EndoS2) freeze

SDS
取扱説明書

2000Units
A0-GL6-010 Immobilized GlycINATOR®
GlycINATOR®固定化ビーズを充填した
スピンカラム
refrigerator

SDS
取扱説明書

2×0.5mg
A0-GL6-025 5×0.5mg
A0-GL6-050 10×0.5mg
A0-GL6-100 1-10mg
A0-GL6-1000 10-100mg
A0-GL8-020 GlycINATOR® LE freeze

SDS
取扱説明書

2000Units

GlyclNATOR® (EndoS2)はHisタグを含んでいますので、酵素反応後にニッケルキレートレジンで除去できます。
GlyclNATOR® (EndoS2)は凍結乾燥品です。プロトコールに記載されている量の滅菌水に溶解してご使用下さい。
ユニット定義 : One unit cleaves ≥ 95% of 1μg IgG when incubated in 10m M sodium phosphate, 150mM NaCl, pH 7.4 at 37℃ for 30min.
由来: GlyclNATOR® (EndoS2) is derived from Streptococcus pyogenes and expressed in E. coli.
GlycINATOR® LE: GlycINATOR® enzyme lyophilized for endotoxin-sensitive assays.
This product formulation has low levels of endotoxins per vial (< 0.2 EU). Available in 2000 unit vials.

IgGZERO® (EndoS) / deGlycIT™ (Immobilized IgGZERO®)

  • IgG特異的エンドグリコシラーゼ
  • Fc領域に付加されている糖鎖を加水分解
  • ネイティブIgGの糖鎖除去にも使用可能
  • 血清存在下で使用可能
  • コアGlcNAcはFc領域に残存
  • ヒトIgGサブクラスおよびその他生物種由来IgG(mouse, rat, monkey, sheep, goat, cow, horse)に使用可能
  • IgGZERO® 固定化ビーズを充填したスピンカラムとIgGZERO® LE(低エンドトキシン)もラインアップ
Note: IgGZERO®(EndoS)は、ハイマンノース型およびハイブリッド型糖鎖の除去活性が低いため、その際にはGlyclNATOR®(EndoS2)の使用を推奨します。


deGlycIT™ MicroSpin, Deglycosylates 0.5 mg

deGlycIT™ MidiSpin Deglycosylates 1-10 mg

deGlycIT™ Maxispin Deglycosylates 10-100 mg



製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
A0-IZ1-010 IgGZERO® (EndoS) IgGZERO® Enzyme freeze

SDS
取扱説明書

1000Units
A0-IZ1-050 5000Units
A0-IZ6-010 deGlycIT™ - Immobilized IgGZERO® IgGZERO® (EndoS)固定化ビーズを充填したスピンカラム refrigerator

SDS
取扱説明書

2×0.5mg
A0-IZ6-025 5×0.5mg
A0-IZ6-050 10×0.5mg
A0-IZ6-100 1-10mg
A0-IZ6-1000 10-100mg
A0-IZ8-020 IgGZERO® LE freeze

SDS
取扱説明書

2000units

IgGZERO® (EndoS)はHisタグを含んでいますので、反応後にニッケルキレートレジンで除去できます。
IgGZERO® (EndoS)は凍結乾燥品です。プロトコールに記載されている量の滅菌水に溶解してご使用下さい。
ユニット定義 : One unit deglycosylates ≥ 95% of 1μg human IgG when incubated in 10 mM sodium phosphate, 150 mM NaCl, pH 7.4 at 37℃ for 30 min.
由来: IgGZERO® (EndoS) is derived from Streptococcus pyogenes and expressed in E. coli.
IgGZERO® LE: IgGZERO® enzyme was lyophilized for endotoxin-sensitive assays.
This product formulation has low levels of endotoxins per vial (< 0.2 EU). Available in 2000 unit vials.

GingisREX™

  • Arg(R)のC末端を特異的に認識するアルギニンエンドペプチダーゼ
  • Lys (K)のC末端は認識しない
  • 従来のArg-Cでは認識できなかったArg-Proに反応可能
  • 最適pH 5.0-9.0、6M 尿素および0.1% SDS存在下も使用可能

Figure 1. Digestion of oxidized β-chain of insulin with GingisREX and Arg-C was performed O/N at 37℃, enzyme to substrate ratio 1:20 (w/w), 20mM cysteine in buffers at pH 7.4 (GingisREX) and pH 7.6 (Arg-C). The peptides were separated on RP-HPLC. Peak masses are presented in Table 1.

Table 1. Peak masses of oxidized β-chain of insulin digested by GingisREX or Arg-C, as indicated in Figure 1. Peptide number 6 refers to the intact oxidized β-chain of insulin.

■GingisREX™ applied in peptide mapping of RNaseA and trastuzumab (Herceptin®).
The digested peptides of RNaseA using GingisREX or Arg-C were analyzed using LC-MS and are compared in Table 2.
Table 2. Peptides from RNaseA digested with GingisREXTM or Arg-C. RNaseA was incubated with GingisREX™ and Arg-C at 1:50 (w/w) enzyme:protein ratio O/N at 37℃. The reactions were quenched, the peptides alkylated, separated on RP-HPLC and analyzed using MS. Detected peptide sequences are presented with arginines (R) highlighted in green and lysines (K) in red.

Figure 2. Peptide map of trastuzumab (Herceptin®) after digestion with GingisREX or Arg-C. Trastuzumab was incubated with GingisREX or Arg-C at 1:50 (w/w) enzyme:protein ratio O/N at 37℃ at pH . The reactions were quenched, the peptides alkylated and separated on RP-HPLC.

Table 3. GingisREX™ activity in chaotropic agents and detergents. The GingisREX™ activity was determined by enzymatic hydrolysis of a synthetic peptide substrate, 1mM L-BAPNA (Sigma) in the presence of the detergent or chaotrope in 100mM Tris-HCl, 5mM cysteine, 75mM NaCl, 2.5mM CaCl2, pH 7.6.



製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
B0-GRX-005 GingisREX® (Rgp) GingisREX™ - Arginine Specific Protease freeze

SDS
取扱説明書

5μg

GingisREX® (Rgp)は凍結乾燥品です。プロトコールに記載されている量の滅菌水に溶解してご使用下さい。
GingisREX® (Rgp)はシステインプロテアーゼです。反応にはTCEP (中性pH)、Cysteine (中性pH)、DTTが必要です。詳細は本品添付の説明書をご参照下さい。
由来: GingisREX® (Rgp) is derived from Porphyromonas gingivalis.


詳細な技術情報(Genovis社ポスター)はこちらをご参照下さい。

GlyCLICK™

  • Fcグライカンリモデリング反応とクリックケミストリーによりFc領域CH2ドメインのN結合型糖鎖部位に特異的修飾が可能
  • Alexa Fluor® 488, ビオチン, deferoxamine (DFO), Azide活性化用のキットをラインアップ
  • ADC(antibody drug conjugates)の研究開発に最適



標識反応概要

Genovis社ウェブサイトにて本技術の詳細データをダウンロードできます。
GlyCLICK™は、Fcグライカンリモデリング反応とクリックケミストリーにより目的分子(Alexa Fluor® 488, ビオチン, deferoxamine (DFO), Azide活性化)の部位特異的修飾が可能です。

GlyclNATOR® (EndoS2)による脱糖鎖反応後、 galactosyl transferase, GalT(Y289L)により、 GlcNAcをGalNAz残基に変換し、このazide基をリガンドとしてdibenzocyclooctyne (DIBO)によるクリック反応でFc領域特異的に目的分子で修飾します。


製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
L1-F01-025 GlyCLICK conjugation of Alexa Fluor® 488 to 250μg IgG refrigerator freeze

SDS
取扱説明書

1kit
L1-C01-025 GlyCLICK™ DFO, labeling of up to 250μg IgG refrigerator freeze

SDS
取扱説明書

1kit
L1-A01-025 GlyCLICK™ Biotin, labeling of up to 250μg IgG refrigerator freeze

SDS
取扱説明書

1kit
L1-AZ1-025 GlyCLICK™ Azide Activation of 250μg IgG refrigerator freeze

SDS
取扱説明書

1kit

詳細な技術情報(Genovis社ポスター)はこちらをご参照下さい。



Application ① Site-Specific Conjugation

Figure 1. RP-HPLC analysis of Trastuzumab (Herceptin®) was performed on Agilent 1290 using Waters Acquity UPLC® BEH300 C4, 1.7 μm, 2.1x100 mm column in an acetonitrile/isopropanol gradient at 65 ℃.

A. Digested with FabRICATOR® into F(ab')2 and Fc/2 fragments.
B. Conjugated with Alexa Fluor®488 and digested with FabRICATOR® into F(ab')2 and Fc/2 fragments.
C. Fluorescence signal of B.
GlyCLICK™ は、GlyclNATOR® (EndoS2) でFc領域の糖鎖をトリミングし、SiteClick™法でFc特異的に標識分子および活性基を導入するキットです。

GlyclNATOR® (EndoS2)がFc領域のN結合型糖鎖を除去し、GlcNAcをインタクトな状態で残します。

このGlcNAcにdibenzocyclooctyne (DIBO) を結合させ、クリックケミストリーにより任意の標識分子を結合させることができます。 (Figure 1).



Application ② LC/MS解析

モデルケースとしてGlyCLICK™ で、 trastuzumabのFc領域にMMAE(Monomethyl auristatin E)を標識し、各標識工程におけるフラクションをLC/MSにより解析しました。 (Figure 2)

脱糖鎖Fc/2(B)とGlyCLICK™ によってMMAE修飾されたFc/2との分子量差2026 Da(GalNAz 残基245 Daと MMAE分子1781 Da)が検出できました。
Figure 2. All samples were digested with FabRICATOR prior to LC/MS analysis. Antibody subunit samples were separated by reversed phase on a BEH300 C4 column from Waters and analyzed on an Agilent 1290 UPLC system coupled to a Bruker Impact II ESI Q-TOF. Mass spectrum was deconvoluted using the MaxEnt algorithm.

A. Intact trastuzumab, Fc/2, Fd and LC
B. Trastuzumab deglycosylated with Immobilized GlycINATOR®
C. GlyCLICK™ conjugation at the Fc/2 fragment with azide activation (245 Da) and a DIBO linker with MMAE cytotoxic drug (1781 Da), together 2026 Da.


Application ③ Fluorescent Imaging

Figure 3. Cells with high (b) or low (a) HER2 expression were incubated with Hoechst 33342 for staining of the nuclei and subsequently incubated with trastuzumab-AlexaFluor®488. The cells were analyzed by fluorescence microscopy using DAPI and FITC filters. High and specific signal was observed on HER2-positive cells (b) and no signal was observed on the HER2-negative cells (a).
GlyCLICK™ による抗体蛍光標識のメリットは、部位特異的であるという点です。従来のSH基やNH2基を標的にした蛍光標識技術では、抗体分子の不特定領域に複数標識されますが、 GlyCLICK™ は、Fc領域の特定部位にのみ標識されるため、抗体が持つ本来の抗原結合活性をインタクトな状態で保持でき、かつ実験再現性を確保できます。

Degree of Labeling (DOL)を追求した高精度の実験系(抗体濃度に依存した抗原への結合活性測定など)に最適です。



Application ④ Modular Technology

Figure 4. RP-HPLC analysis of Panitumumab (Vectibix®) was performed on Agilent 1290 using Waters Acquity UPLC® BEH300 C4, 1.7 μm, 2.1×100 mm column in an acetonitrile/isopropanol gradient at 65 ℃, for unmodified and conjugated with DFO chelator or MMAE toxin (Monomethyl aurostatine E) digested with FabRICATOR® into F(ab')2 and Fc/2 fragments.
GlyCLICK™ は、様々な分子を抗体の特定領域に標識できるため、実験用途に応じた標識抗体を作製できます。 (Table 1).

例えば、MMAEなどの薬剤を結合させた抗体分子(Antibody Drug Conjugate: ADC)の研究開発に最適です。
Table 1. Characteristics and examples of applications for available labels
Label Name Characteristics Examples of Applications
Fluorophore AlexaFluor® 488 Ex 496 nm/Em 519 nm FACS, IHC, in vitro cell imaging
Affinity Biotin   Immuno assays, ELISA, western blot
Chelator Deferoxamine (DFO) Suitable for 89Zr Immuno imaging in vivo
No Label Azide Activation Custom conjugation of any alkyne label Various



Application ⑤ Reliable Performance

Figure 5. RP-HPLC analysis of mouse IgG2a was performed on Agilent 1290 using Waters Acquity UPLC® BEH300 C4, 1.7 μm, 2.1x100 mm column in an acetonitrile/isopropanol gradient at 65℃, for unmodified and conjugated with Biotin or AlexaFluor®488 digested with FabRICATOR® Z into F(ab')2 and Fc/2 fragments.
GlyCLICK™ は、すべてのヒトIgGサブクラスおよびその他生物種(マウス、ラット、ヤギ、ウサギなど)由来のIgGに活性を示すグリコシラーゼGlyclNATOR® (EndoS2) を採用しているので、様々な抗体に対して部位特異的修飾が可能です。



Application⑥ Intact Immunoreactivity

従来のSH基やNH2基を標的にした蛍光標識技術では、抗体分子の不特定領域に複数標識されますが、 GlyCLICK™は、Fc領域の特定部位にのみ標識されるため、抗体が持つ本来の抗原結合活性をインタクトな状態で保持でき、かつ高い実験再現性を得ることができます。

モデルケースとして、GlyCLICK™ により作製したtrastuzumab-AlexaFluor®488(DOL=2)と、ランダムにDylight488で標識したtrastuzumab-Dylight488(DOL=10)を用いてHER2 ダイレクトELISA系を構築したところ、GlyCLICK™ により作製したtrastuzumab-AlexaFluor®488(DOL=2)の検出感度は、trastuzumab-Dylight488(DOL=10)と同等でした。

このことは、GlyCLICK™ により作製した標識分子数が少ないtrastuzumab-AlexaFluor®488がインタクトな活性を保持していることを示唆しています。

Note: DOL, Degree of Labeling (標識力価)

Figure 6. Left: Comparison of binding of GlyCLICK™ trastuzumab-AF488 (AF488, DOL = 2) and Dylight trastuzumab-Dy488 (Dy488, DOL = 10) conjugates to HER2 on ELISA plate in dilutions from 0.5 mg/ml, 100 μl/well. Plotted as mean values.
Right: Correlation between fluorescence and concentration between GlyCLICK™ trastuzumab-AF488 (AF488, DOL = 2) and Dylight trastuzumab-Dy488 (Dy488, DOL = 10).

OglyZOR™

  • 糖タンパク質からコア1およびコア3O結合型糖鎖を除去 (endo-α-N-acetylgalactosaminidase)
  • シアリダーゼSialEXO™ (G1-SM1-020) が添付済み
  • MS(質量分析)によるO結合型糖鎖の残存分析に最適
  • 抗体分子の糖鎖ヘテロジェネティを軽減
  • 最適pH6.5−7.5



製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
G2-OG1-020 OglyZOR™ OglyZOR™
(OglyZOR™ Enzyme + SialEXO™)
freeze

SDS
取扱説明書

2000Units

OglyZOR™およびSialEXO™はHisタグを含んでいますので、反応後にニッケルキレートレジンで除去できます。
OglyZOR™およびSialEXO™は凍結乾燥品です。プロトコールに記載されている量の滅菌水に溶解してご使用下さい。
ユニット定義 : One unit of OglyZOR™ removes ≥ 90% of O-glycans of 1 μg glycoprotein (TNFαR) when incubated together with one unit of SialEXO™ in 20 mM Tris pH 6.8 at 37 ℃ for 2h.
由来:OglyZOR™ is derived from Streptococcus oralis and expressed in E. coli. SialEXO™ is derived from Akkermansia muciniphila and expressed in E. coli.

OpeRATOR™

  • 糖タンパク質のO結合型糖鎖修飾部位のセリンまたはスレオニンのN末端を認識
  • シアリダーゼSialEXO™ (G1-SM1-020) が添付済み
  • N結合型糖鎖には作用しない
  • O結合型糖鎖修飾部位の同定に最適



製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
G2-OP1-020 OpeRATOR™ OpeRATOR™
(OpeRATOR™ Enzyme + SialEXO™)
freeze

SDS
取扱説明書

2000Units

OpeRATOR™ およびSialEXO™ はHisタグを含んでいますので、反応後にニッケルキレートレジンで除去できます。
OpeRATOR™ およびSialEXO™ は凍結乾燥品です。プロトコールに記載されている量の滅菌水に溶解してご使用下さい。
ユニット定義 : One unit OpeRATOR™ digests ≥ 90% of 1 μg glycoprotein (TNFaR) when incubated together with one unit of SialEXO™ in 20 mM Tris pH 6.8 at 37 ℃ for 2h.
由来: OpeRATOR™ is derived from Akkermansia muciniphila and expressed in E. coli. SialEXO™ is derived from Akkermansia muciniphila and expressed in E. coli.

SialEXO™

  • O結合型およびN結合型糖タンパク質からシアル酸を除去
  • 2種類のシアリダーゼ混合品
  • α2-3、α2-6またはα2-8結合を認識
  • 酵素反応は30−120分で完了
  • 最適pH6.5−9.0
  • O結合型糖鎖認識酵素 OglyZOR™およびOpeRATOR™と併用可能
Note: OglyZOR™およびOpeRATOR™には本酵素が添付されています。



製 品 概 要

メーカーカタログNo. 製 品 容 量 希望納入価格はこちら
G1-SM1-020 SialEXO™ SialEXO™ freeze

SDS
取扱説明書

2000Units

SialEXO™はHisタグを含んでいますので、抗体消化反応後にニッケルキレートレジンで除去できます。
SialEXO™は凍結乾燥品です。プロトコールに記載されている量の滅菌水に溶解してご使用下さい。
ユニット定義 : One unit of SialEXO hydrolyzes sialic acids from ≥ 90% of 1 μg glycoprotein (fetuin) when incubated in 20 mM Tris pH 6.8 at 37 ℃ for 2h.
由来: SialEXO™ is derived from Akkermansia muciniphila and expressed in E. coli.

Bio-pharma research products
KANEKA KanCapA™

KANEKA KanCapA™は、生体試料や細胞培養上清から免疫グロブリン、およびそのFc領域を含む組換え抗体などを精製できるプロテインAアフィニティークロマトグラフィーレジンです。
本品は高架橋セルロースビーズと新規のアルカリ耐性プロテインAリガンドから構成され、IgGのアフィニティー精製に使用できます。


特 長

  • アルカリ耐性
  • 溶出条件を最適化
  • 高い抗体結合能
  • リサイクル可能
  • 容易にスケールアップ可能

改変型プロテインA


本品に採用しているプロテインA



製 品 概 要

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格はこちら
114-01071 refrigeratorKANEKA KanCapA™ 2mL(net1mL)
110-01073 10mL(net5mL)
118-01074 50mL(net25mL)
111-01081 refrigeratorKANEKA KanCapA™ Prepacked Column 1mL
117-01083 5mL
115-01084 5×5mL
098-07141 freeze IgG1 Fc, ヒト, 組換え体 100μg
095-07151 freezeIgG1 Fc(non-lytic), ヒト, 組換え体 100μg
092-07161 freezeIgG2a Fc, マウス, 組換え体 100μg
099-07171 freezeIgG2a Fc(non-lytic), マウス, 組換え体 100μg

Ni-NTAカートリッジ、Ni-アガロース

Ni-アガロースは、6×ヒスチジン融合タンパク質のアフィニティー精製に使用されます。
Ni-NTA カートリッジ(146-09731 )は、Ni-NTAアガロース(147-09761 )をカラムに詰めたプレパック品です。液体クロマトグラフィーを用いたタンパク質精製にご使用いただけます。




① 超音波破砕法により、 6×ヒスチジン融合GFPを 大腸菌から回収し、精製前サンプルとする。
② 本品を液体クロマトグラフィーシステムへ接続する。
③ Running Buffer 150mLでカラムを平衡化する。
④ 精製前サンプルを供す。
⑤ Running Buffer 100mLで洗浄する。
⑥ Elution Buffer 150mLで溶出する。
⑦ Running Buffer 100mLで洗浄する。
⑧ SDS-PAGE、CBB染色を行う。


製 品 概 要

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格はこちら
146-09731 refrigeratorNi-NTA Cartridge 遺伝子研究用 1本(5mL)
142-09733 1本(5mL)×5
147-09761 refrigeratorNi-NTA Agarose 遺伝子研究用 2mL(Net1mL)
143-09763 10mL(Net5mL)
141-09764 100mL(Net50mL)


関 連 製 品

●高性能タイプのNi-NTAアガロースレジン

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格はこちら
149-09684 refrigeratorNi-NTA Agarose HP 遺伝子研究用 2mL(NET1mL)
145-09681 10mL(NET5mL)
141-09683 100mL(NET50mL)

●6×ヒスチジン抗体

コードNo. 品 名 認識末端 規 格 容 量 希望納入価格はこちら
019-23391 refrigerator Anti 6×Histidine Antibody Beads N-C末端 免疫化学用 2mL(NET1mL)
015-23393 10mL(NET5mL)
011-23091 freeze Anti 6×Histidine, Monoclonal Antibody(9C11) N-C末端 免疫化学用 200μg
015-23094 1mg
011-23096 5mg
017-23211 refrigerator Anti 6×Histidine, Monoclonal Antibody(21-48) N-C末端 免疫化学用 200μg
011-23214 1mg
014-23221 refrigerator Anti 6×Histidine, Monoclonal Antibody(28-75) N-C末端 免疫化学用 200μg
018-23224 1mg
010-21861 freeze Anti 6×Histidine, Monoclonal Antibody(9F2) C末端 免疫化学用 200μg
014-21864 1mg
010-21866 5mg
010-23181 freeze Anti 6×Histidine, Monoclonal Antibody(9C11),
Peroxidase Conjugated
N-C末端 免疫化学用 100μL
014-23184 500μL
013-23171 freeze Anti 6×Histidine, Monoclonal Antibody(9F2),
Peroxidase Conjugated
C末端 免疫化学用 100μL
017-23174 500μL

ハイブリドーマ用無血清培地

本製品はハイブリドーマ培養用の無血清培地です。抗体産生にご使用いただけます。

  • ロット間差なし(無血清培地)
  • 血清成分含有培地と同等の細胞増殖能
  • 血清成分含有培地と同等の抗体産生能



製 品 概 要

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格はこちら
081-10381 refrigerator Hybridoma Serum-Free Medium 1L
297-73101 Protein Assay BCA Kit 250tests
637-25715 freeze ギット培地 500mL
635-25711 500mL×10
553-29921 refrigerator HEK GM 増殖・生産用の基礎培地(HEK系細胞用) 1L
550-29931 refrigerator HEK TF 遺伝子導入用培地 ポリエチレンイミン(PEI)用(HEK系細胞用) 1L
557-29941 refrigerator HEK FS 培養時の栄養飢餓状態を回避するフィード培地(HEK系細胞用) 1L
552-30001 refrigerator HYB GM 増殖・生産用の基礎培地(ハイブリドーマ用, 無血清) 1L
559-30011 refrigerator HYB FS 培養時の栄養飢餓状態を回避するフィード培地(ハイブリドーマ用, 無血清) 1L

抗体医薬 品質管理および研究用試薬 Lysyl Endopeptidase® & DNA Extractor® Kit

Lysyl Endopeptidase®は、リジンのカルボキシル基側のペプチド結合を極めて特異的に切断するセリンプロテアーゼです。
TLCK, PMSF及びDFPで阻害され、TACKでは阻害されません。優れた特異性を利用して、タンパク質の一次構造解析のための、ペプチド鎖の断片化や、ペプチドマッピングなどに利用されています。

DNA Extractor® Kitは、血清中のウイルスDNAや、生物製剤中に微量存在するDNAをフェノール・クロロホルムを使用せず、よう化ナトリウム法により高回収率に抽出するキットです。
短時間にかつ簡単に操作できるため、スレッシュホールド※1による総DNA定量の前処理に最適です。

※1:Molecular Devices社の登録商標。バイオセンサーを使用した高感度分析装置。



<キット内容>
1) よう化ナトリウム溶液          26mL×1本
2) N-ラウリルサルコシン酸ナトリウム溶液  1.2mL×1本
3) 洗浄液 (A)               42mL×1本
4) 洗浄液 (B)               40mL×2本
5) グリコーゲン溶液            0.1mL×1本

<キット以外に用意するもの>
1) 2-プロパノール(和光特級) 45mL
2) 滅菌蒸留水        6mL

<参考文献>
Ishikawa, M. et al: Simple procedure of DNA isolation from human serum, Nucleic Acids, Res., 19, 5792 (1991)



製 品 概 要

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格はこちら
125-05061 freeze Lysyl Endopeptidase®, Mass Spectrometry Grade, 凍結乾燥品 20μg×5
125-02543 freeze Lysyl Endopeptidase®, 凍結乾燥品 2AU
129-02541 10AU
127-06621 refrigerator Lysyl Endopeptidase®, Solution 5AU
295-50201 refrigerator危険物 DNA Extractor® Kit 50回用
202-15951 freeze Trypsin, from Porcine Pancreas, 20μg×5
299-58901 refrigeratorSilver Stain MS Kit 20tests
293-57701 Negative Gel Stain MS Kit 20tests

refrigerator・・・2〜10℃保存   freeze・・・-20℃保存   -80 degree C・・・-80℃保存   表示がない場合は室温保存です。
特定毒物・・・特定毒物   毒物1 毒物2・・・毒物   劇物1 劇物2 劇物3・・・劇物   毒薬・・・毒薬   劇薬・・・劇薬   危険物・・・危険物   向精神薬・・・向精神薬
特定麻薬向精神薬原料・・・特定麻薬向精神薬原料   化審法 第一種特定化学物質・・・化審法 第一種特定化学物質   化審法 第二種特定化学物質・・・化審法 第二種特定化学物質
化学兵器禁止法 第一種指定物質・・・化学兵器禁止法 第一種指定物質   化学兵器禁止法 第二種指定物質・・・化学兵器禁止法 第二種指定物質
カルタヘナ・・・カルタヘナ   覚せい剤取締法・・・覚せい剤取締法   国民保護法・・・国民保護法

*上記以外の法律および最新情報は、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  遺伝子  >  SmartEnzymes™ Genovis AB
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  SmartEnzymes™ Genovis AB
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  培養  >  SmartEnzymes™ Genovis AB

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806