和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  抗マウスAGO2, モノクローナル抗体

Western Blot、Immunoprecipitation, Immunohistochemistry に使用できます。
抗マウスAGO2, モノクローナル抗体
Anti Mouse AGO2, Monoclonal Antibody

Argonaute2(AGO2)は、 RNAi 経路において、標的mRNAへのガイド分子となる siRNAやmicroRNAに結合し、標的mRNAの認識、切断を行なうRISC (RNA-induced silencing complex)の主要コンポーネントとして同定されたタンパク質です。本品は、ウェスタンブロットや免疫染色だけでなく、免疫沈降に使用できる高品質な抗体です。免疫沈降により回収したAGO2タンパク質は、RNAi 経路に存在するRNA(microRNA, siRNAなど)と結合しています。


特長

1) 免疫沈降、免疫染色、ウェスタンブロットに使用可能。
2) マウス、ラット、チャイニーズハムスターのAGO2に交差性を示す。
3) 免疫沈降によりAGO2に取込まれたmicroRNAを精製可能。

性状

●濃度:ラベルに記載
●組成:0.05% Sodium Azide, 10% Glycerol TBS溶液, pH7.4
●クローンNo.:2D4
●サブクラス:IgG1
●抗原:マウスAGO2 N末端領域の合成ペプチド
●保存条件:2〜10℃(遮光), 凍結融解の繰り返しは避けて下さい。


交差性
Organisms Mouse Hamster Rat Human
Cell Strain P388D1, NIH-3T3 CHO SCC-131 NCI-H460
Western Blot ×
Immunoprecipitation ×
microRNA Purification ×
Immunohistochemistry ○(NIH-3T3) NT NT ×

NT: Non Tested

使用例

推奨使用濃度
Application Working Dilution
Western Blot 1:200〜1:1,000
Immunoprecipitation 5〜10μg / IP
Immunohistochemistry 1:100〜1:500


マウス細胞株P388D1 からのマウスAGO2の免疫沈降

img

図1. マウス細胞株P388D1の細胞溶解液に、本品10μgを固相化した5% Protein G slurryを20μL添加し免疫沈降を行った。得られた免疫沈降画分をSDS-PAGEに供し、銀染色及び本品を用いたウェスタンブロットを行った。その結果、ともに100kDa付近に内在性のmAGO2のバンドが確認された。使用細胞数は5×106。ウェスタンブロットの抗体希釈倍率は1/1,000。

げっ歯類細胞株からのAGO2の免疫沈降

img

図2. NIH-3T3(マウス)、SCC-131(ラット)、CHO(ハムスター) の細胞溶解液に、本品5μgを固相化した10% Protein G slurryを20μL添加し免疫沈降を行った。得られた免疫沈降画分をSDS-PAGEに供し、銀染色及び本品を用いたウェスタンブロットを行った。その結果、マウスだけでなく、ラットとハムスターにおいても100kDa付近に内在性のAGO2のバンドが確認された。使用細胞数は5×106。ウェスタンブロットの抗体希釈倍率は1/1,000。

抗マウスAGO2, モノクローナル抗体(2D4)を用いたP388D1細胞からのmicroRNAの精製

img

図3. マウス細胞株P388D1の細胞溶解液に、本品10μgを固相化した5% Protein G slurryを20μL添加し免疫沈降を行った。その後、免疫沈降により取得した内在性のAGO2からRNA精製を行ない、RNA画分をUrea-PAGEにより分離し、銀染色を行った。その結果、マウス細胞株P388D1からmicroRNAが精製できることを確認した。使用細胞数は5×106

マウス細胞株NIH-3T3におけるマウスAGO2の局在

img

図4. 本品を用いてマウス細胞株NIH-3T3の免疫染色を行った。
その結果、内在性マウスAGO2は細胞質において均一に染色され、P-bodyマーカーのDCP1と共局在していることも観察された。抗体希釈倍率は1/300。

自製品価格表

コードNo. 品 名 容 量 希望納入価格(円)
014-22023 Anti Mouse AGO2, Monoclonal Antibody  (NEW !!)
50μL
30,000
018-22021
100μL
50,000
011-22033 Anti Human AGO2, Monoclonal Antibody  (NEW !!)
50μL
30,000
015-22031
100μL
50,000
292-66701 microRNA Isolation kit, Human Ago2
10回用
45,000
290-66501 microRNA Cloning kit Wako
8回用
63,000
298-65103 Single Strand DNA Ligase, thermostable, recombinant, Solution
200units
43,000
292-65101
500units
87,000

*Anti Human AGO2, Monoclonal AntibodyはコードNo.を変更いたしました。 旧コードNo. 016-20861(50μL) → 新コードNo. 011-22033(50μL)。
*表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
*表示している希望納入価格は2012年12月の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  免疫  >  抗マウスAGO2, モノクローナル抗体

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806