和光純薬工業株式会社試薬 [Laboratory Chemicals] 試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービス
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  遺伝子  >  簡単RNA採取・保存キット Oragene® RNA

簡単RNA採取・保存キット
Oragene® RNA

Oragene® RNA(オラジーン RNA)は、唾液中に含まれる細胞由来のRNAを採取・保存するキットです。一般的には血液や生体組織検査、手術による摘出組織などが主なヒトRNAサンプル源ですが、これら従来の採取方法は容易ではなく、採取・保存・輸送など様々な段階において課題を抱えています。一方、Oragene® RNAでは唾液中に含まれる細胞をサンプル源としているためドナーにやさしい採取方法であり、かつ保存・輸送にも適しています。


特長

  • 唾液2mLより高品質トータルRNAが採取可能。
  • 最大60日間室温で精製前のRNA保存が可能。
  • キット化されているので、検体の自己採取・輸送も安易。遠方の検体採取にもおすすめ。

イメージ

 

 

 

  

 

 

Oragene®RNA    RE-100
(精製には市販精製溶液をご使用ください)

Oragene® RNA 使用方法

RNA 採取方法

イメージ

 

 

イメージ

 

 

イメージ

2mlの唾液を容器の中へ

付属のキャップを閉めると、
保存溶液と唾液が混ざります。

RNAは安定状態にあり、そのまま
60日間室温で保存することができます。


RNA採取方法の比較

Oragene® RNA

血液採取

室温でのRNA安定性

60日間

3日間

サンプルの自己採取

×

サンプル輸送が容易

×

低感染リスク

×

トータルRNA量

>320 RT-PCR/mL唾液  (※1)

>600 RT-PCR/mL血液 (※2)

A260/A280

>1.8

1.8-2.2

準備所要時間

50分

90分

RT-リアルタイムPCR

※1 Invitrogen M-MLV逆転写酵素プロトコルに従い5ng RNAをcDNA反応に利用したと仮定し、2ul cDNAを一回のRT-PCRに使用した場合
※2 Invitrogen M-MLV逆転写酵素プロトコルに従い抽出物6ulをcDNA反応に利用したと仮定し、2ul cDNAを一回のRT-PCRに使用した場合

 

コードNo.

品 名

容 量

希望納入価格(円)

636-35871

Oragene® RNA (オラジーンRNA)
RE-100-25

25回用

125,000

*希望納入価格には消費税等が含まれておりません。

Oragene® RNAの室温保存実験


Oragene® RNAを使用し採取した唾液RNAサンプルを8週間まで室温保存したときのRNAの質・量・安定性について

■実験材料および方法
唾液サンプルはOragene® RNA キットのプロトコルに沿って採取、精製。採取後(Protocol PD-PR-020)のサンプルを激しく混合し、
1 日〜8週間、決められた時点で250μlずつ取り出し、残りのサンプルは室温(〜22-24℃)で保存。各時点における250μl のサンプルを
プロトコルPD-PR-021に従い精製。精製したRNA 断片を1%アガロースゲルにて電気泳動しRNAバンドの強さを確かめた。また、
少量のサンプルよりトータルRNA量を測量し、純度は260nm、280nm、230nm吸光度にて評価。吸光度値はサンプルの濁度による
訂正をA260、A280値からA320値を差し引き測定。さらに、6μlの精製したサンプルを用意しInvitrogen Random Primers
(Cat. No. 48190-011) を使用しInvitrogen M-MLV Reverse Transcriptase (Cat. No. 28025-013) のプロトコールに沿ってcDNA を調整。
リアルタイムPCRはCorbett Rotorgene RG-3000A装置にて行い、1回の25μl PCR反応あたり1/100 cDNAを使用。

■実験結果

○採取実験

唾液2ml からのトータルRNA 採取量は
平均23.4μg で、
A260/A280 は1.9となりました。

表1: Oragene® RNA を使用したRNA の量と純度


○保存実験


Oragene・RNA を使用し採取したRNA を室温で8週間保存。これらより精製したRNAの安定性をアガロースゲル電気泳動のrRNA バンドの強さ、またヒトmRNA プローブ(ribosomal 18S、β-actin、β-actin、β-2-microglobulin、Interleukin-8 及びHistatin-3)によるリアルタイムPCR により評価。アガロースゲルの結果よりrRNA は室温で8週間保存しても影響がないことが分かった。(図1)


図1: Oragene® RNAを使用し採取し室温で3日間、8週間保存したrRNAをアガロースゲル電気泳動した結果



○安定性実験
室温で保存したOragene® RNAサンプルのヒトRNAの安定性を示す為、リアルタイムPCRを実施。(図2、表2)
データではCt 値がわずかにしか変動していないことから、Oragene® RNAによって8週間RNA メッセージがは安定的に保存されたことを示す。

図2: Oragene® RNA/唾液 5サンプルを精製前に室温で1週間(実線)、8週間(点線)保存したものをヒト18S rRNA プライマーを用いて
リアルタイムPCRした。培養HCT116細胞由来のRNA をポジティブコントロールとして使用。

 

 

表2: ヒト18S rRNAとβ-actin mRNAのリアルタイムPCR Ct値


表2: ヒト18S rRNAとβ-actin mRNAのリアルタイムPCR Ct値

 

 

表:遺伝子解析用RNA採取キットOragene・RNA(オラジーン)によるリアルタイムPCRまたリアルタイムPCR シグナルで測定した5 種類(ヒト18S rRNA, β-actin、β-2 microglobulin、Interleukin-8、及びHistatin-3)のRNAメッセージに関して、±2以内の変動だった。(図3)
RNAは60日間室温保存しても安定した状態で保たれている。



図3:  5 種類の遺伝子のCt 値の結果。8 検体の唾液RNA サンプルを最大8週間まで保存し、各段階で精製。
リアルタイムPCRを用い5種類の遺伝子について解析。各段階におけるCt値とサンプル採取後すぐに精製したときのCt値と比較したグラフ。
赤線は全検体の平均Ct値。


○実験結果
Oragene® RNA は高品質RNA を採取する上で特別な手段を必要としない容易なRNA 採取方法です。
Oragene® RNA で採取、精製されたRNA はA260/A280 1.9 と高純度でした。
アガロースゲル電気泳動結果により、Oragene® RNA のRNA は室温で最大8 週間保存可能と確認しました。
特定のヒト5 遺伝子ではリアルタイムPCR の結果より、室温で8 週間保存できることが証明されました。

 

Oragene® RNAで得られた参考データ集

ビチオン標識された分子量マーカーをPVDF膜にウェスタンブロット。ブロッキングは5%スキムミルク/PBS-0.1%Tween20、洗浄はPBS-0.1%Tween20、ABC(Streptavidin-biotin-HRP)溶液を介して検出。その結果、医務のスターLDは高感度にマーカーを検出できた。

 


掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は2016年10月時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  遺伝子  >  簡単RNA採取・保存キット Oragene® RNA

和光純薬工業株式会社

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: labchem-tec@wako-chem.co.jp URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806