富士フイルム試薬 [Laboratory Chemicals]試薬 [Laboratory Chemicals]
製品カタログ 試験研究用試薬・抗体 請求
試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  タンパク質検出  >  Phos-tag® シリーズ  >  Phos-tag® Acrylamide

りん酸基アフィニティー電気泳動用試薬
Phos-tag® Acrylamide

イメージ Phos-tag® Acrylamideをアクリルアミド溶液に混ぜて重合させるだけで、りん酸化タンパク質と非りん酸化タンパク質を分離するPhos-tag®SDS-PAGEができます。

Phos-tag® 入りプレキャストゲル「スーパーセップ Phos-tag® 」のご紹介はこちら



リンク関係


特長

  • アミノ酸残基の種類/位置に関わらず使用できる。
    →未知のりん酸化解析に使用できる。
    →抗りん酸化抗体が市販されていないりん酸化部位の検出に使用できる。


  • りん酸化部位の数/位置の異なるりん酸化フォームも分離できる。
    →どのくらいりん酸化するか、りん酸化フォームがどのくらいあるかわかる。


  • りん酸化/非りん酸化フォームを同時に検出できる。
    →各りん酸化フォームの定量ができる。
    →りん酸化の有無が簡単にわかる。


  • RI 不要、特別な機器も不要
    →手軽 & 低コストで実験ができる。(SDS-PAGE の試薬→装置があればすぐに使える)


  • 泳動後は WB, MS による解析が可能、2次元電気泳動に使用することも可能
    →WB:内在性タンパク質の解析が可能
    →MS:各りん酸化フォームごとのりん酸化部位の組み合わせがわかる。
    →2次元電気泳動:同じ等電点・同じ分子量のりん酸化フォームを分離できる。


Phos-tag®SDS-PAGEの原理

イメージ

通常のSDS-PAGE(上図:Phos-tag® 非存在下)では、基質がりん酸化されていることは全く確認できない。

使用例:α-caseinの脱りん酸化反応の経時変化

イメージ

Phos-tag® ウェビナー

Ser / Thr / Tyrなどすべてのリン酸化を捕捉する機能分子であるPhos-tag® 。多くの研究者が、この試薬を応用し、リン酸化タンパク質の分離・検出・解析・精製に使用され、ご好評をいただいております。  この度、応用例の1つとして、香川大学農学部 杉山康憲 先生にPhos-tag試薬を用いた、 「DNAメチルトランスフェラーゼ1をリン酸化するプロテインキナーゼの同定」 についてご講演いただいております。

 

価格表

コードNo. メーカーコード 品名 容量 希望納入価格(円) 備考
304-93526 AAL-107S1 Phos-tag®Acrylamide AAL-107 5mM
水溶液
0.3mL
(0.9mg相当)
15,000 5mM 水溶液に調製済み
300-93523 AAL-107M Phos-tag®Acrylamide AAL-107 2mg 25,000 メタノールと水で調製して使用
304-93521 AAL-107 10mg 60,000

*本キットは体外診断用ではありません。
*希望納入価格には消費税等が含まれておりません。

作製できるPhos-tag® SDS-PAGE ゲルの枚数

ゲルのPhos-tag®Acrylamide濃度によって異なります。下記の表をご参照ください。 (9cm×7.7cm×1mmのミニゲルの場合 )

コードNo. 容量 Phos-tag®Acrylamide濃度
20µm 50µm 100µm
304-93526 0.3mL (0.9mg相当) 9枚 4枚 2枚
300-93523 2mg 20枚 8枚 4枚
304-93521 10mg 100枚 40枚 20枚

Phos-tag®PAGEガイドブック

〜改良版プロトコル「 Zn2+-Phos-tag® SDS-PAGE」新登場 !〜 第4版を発行しました! (2016年3月)

イメージ

Phos-tag® SDS-PAGE作製時ゲル条件検討、トラブルシューティング、Q&A、
アプリケーションデータなどを記載。
最新の知見・データに加え、改良版プロトコルが加わりました。
分離能が従来のプロトコル(Mn2+-Phos-tag® SDS-PAGE)よりも向上します。
ぜひお試しください。




目次

イメージ
  1. Phos-tag®とは?  
  2. Phos-tag® SDS-PAGE
  3. プロトコル
  4. トラブルシューティング
  5. Phos-tag® SDS-PAGE の条件検討 
  6. アプリケーションデータと参考文献
  7. Q&A
  8. プレキャストゲル:スーパーセップ Phos-tag®
  9. その他の Phos-tag®シリーズ
  10. 関連製品・受託サービス

参考文献

イメージ

文献数の推移

イメージ

 

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は「製品検索」からコードNo.で検索してご確認ください。

試薬ホーム  >  製品情報  >  ライフサイエンス  >  タンパク質検出  >  Phos-tag® シリーズ  >  Phos-tag® Acrylamide

富士フイルム和光純薬工業

本社〒540-8605大阪市中央区道修町三丁目1番2号       TEL 06-6203-3741(代表)
東京本店〒103-0023東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号 TEL 03-3270-8571(代表)
●九州営業所 092-622-1005(代) ●中国営業所 082-285-6381(代) ●東海営業所 052-772-0788(代)
●藤沢営業所 0466-29-0351(代) ●筑波営業所 0298-58-2278(代) ●東北営業所 022-222-3072(代)
●北海道営業所 011-271-0285(代)
E-mail: ffwk-labchem-tec@fujifilm.com URL: http://www.wako-chem.co.jp
フリーダイヤル: 0120-052-099 フリーファックス: 0120-052-806