Wako LALシステム

リムルス ES-Ⅲ

  • 比濁法
  • エンドトキシン特異的
  • 日本薬局方
  • 生物学的製剤基準
特長
  • 生物学的製剤、特にアルブミン製剤やアルブミンを含有した製剤に最適な試薬。
  • アルブミン含有量6%以下の検体の測定可能。
  • 生物学的製剤基準の「エンドトキシン試験法」で要求される「平行線定量法」に適用可能な試薬。
  • 日本薬局方収載「エンドトキシン試験法」に適合したキットおよび試薬。
  • 測定試料のpHの影響を受けにくいため、安定したエンドトキシン測定が可能。
マルチテスト
コードNo. 品名 検量範囲(EU/mL) 内容量 希望納入価格(円)
295-51801 カブトガニ血球抽出物 ES-Ⅲ 凍結乾燥品 0.0156-0.25 100回用
(2.0mL × 5本)
58,000
limulus_es3_main
【実験例】

アルブミン製剤(25%)にエンドトキシンを添加後、注射用水で希釈し、
アルブミン濃度0.1~6.25%までの測定結果を平行線定量。
(平行線定量法ソフト LS-MAXMASTER BP1.0使用)※現在販売終了

リムルス ES-Ⅲ 実験例
平行線定量法とは
専用ソフトウェアの設定画面

専用ソフトウェア「トキシマスター® QC7」では、生物学的製剤基準のエンドトキシン試験法に記載された平行線定量法によるデータ処理機能をサポートし、ヒト血清アルブミンやインターフェロンのほか、様々な生物学的製剤のエンドトキシン試験に利用できるように設計されています。分散分析の結果と製剤内在エンドトキシンの定量値および生データを、画面およびプリンタに出力できます。

  • 専用ソフトウェアの設定画面1
    検体の濃度点数や繰り返し数など、検体設定内容をチェックするテンプレート。チェック機能で各種試験項目に準拠した試験をサポートします。
  • 専用ソフトウェアの設定画面2
    測定終了後に、必要な試験結果を表示・プリントアウト。
    平行線定量法に準拠したレポートを作成できます。
測定レポート
リムルス ES-Ⅲ 測定レポート
お問い合わせ・見積もり依頼は